【WinUp個別】Win10(1903/1909)不具合予防情報【2020/3/16】

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。


後ほど詳細記事をあげますが不具合発生の可能性があるため、様子見をしていて「2月末のKB4537818とKB4535996、3月第一定例日のKB4540673、翌日に配布されたKB4551762」、これらを導入していない方はそのまま非導入をお勧めします。

企業などで非導入というわけにはいかない場合には少なくとも明示的に復元ポイントを作成したうえでの導入をお勧めします。

なお、システムの復元は不都合の発生も意外に高いので、万が一のために「できる限りシステムのイメージバックアップを取得」しておくことをお勧めします。

 

今のところ一部のPCでエクスプローラーやハイパーV、音声やネットワーク、ストレージの使用率100%、動作が重い、BSoD、シャットダウンや再起動に時間がかかるまたは終わらないなどの発生となっているのですが、どの様なPC環境で不具合が発生するのかは不明です。

MSが悪いのか、個々の環境のためなのかは判然としていませんが、このようなケースではセキュリティソフト由来ということも多いです。私の環境ではマカフィーリブセーフを使用していますのでお使いの方は特に留意してください。

なお、KB導入時は「msconfigでMSのサービスを隠すにチェックをいれ、MS以外のサービスは無効にした状態」にしたうえでの操作を押すすまします。

後ほどの記事で詳細を書きますが、どうも原因はWinUpの適用失敗・・・適用されているように見えるのだが実は失敗している・・・ということのように見えます。

今のところ不具合発生の報告が比較的少ないのですが、実際には「気が付いていないだけの人が多いだけ」という可能性も少なくないと思います。

十分、細心の注意を払ってくださいね。

コメントを残す

CAPTCHA