お知らせ

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
2017/年12月29日より当分の間、旧サイトから新館に記事を移動した際に「記事更新お知らせメール」が発信されてしまうと思います。350記事程度あり、移転完了までの間「お知らせメールを受信設定されている方」にはご迷惑をおかけしますがご寛容ください。

お知らせ2
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

239人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】3/23以降にWin10(1709、1703、1607)にKB配信があったもよう…【2018/3/25】

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分42秒です。


3/23以降にWin10(1709、1703、1607)にKB配信があったようです。MSの文句は俺に言え【@MSコミュニティー】コメントでelfさんが教えてくれました…、面目ない。

 

手元の実機1709-Prox64が2台とVM上のProx64が1台の計3台に全く配信されず気が付いていませんでした。

 

最近Win7/8.1を含めてけっこう多いのですが、KBが配信されてすぐに落ちてこないPC(はなはだしい場合はずーっと落ちてこない)がけっこうあるんですよね…。

 

自分の手元の3台もそうなのですが、elfさんに教えてもらい、慌ててぼくんちのTV別館さんとニッチなPCゲーマーの環境構築さんのサイトを見てみたのですが、ニッチなPCゲーマーの環境構築さんのサイトの方には更新の記事がありませんのでたぶん落ちてきていないのかなという感じです。

追記:実機の内1台だけ3/25の18:30分ごろにKB4089848が落ちてきました。

 

今回のKBは、落ちてこない人がけっこう多いのかも…。

 

前置き、言い訳はこのぐらいにして本編に行きます。

重要
1703-KB4088891と1607-KB4088889について以下のような文言があります。

この文言の意味は、最近問題になっている強制的な1709へのアップデートが行われることを修正したということなのか、もっと強制的にアップデートされるPCが増える結果になるのかということなのか定かではありません。(参考:【WinUp個別】3月よりみられるWin10(1607と1703)の強制アップデートについて【2018/3/9】

実際のところ注意のしようが無いのですが、記憶にはとどめておいてください。このブログとしては「1703-KB4088891と1607-KB4088889の更新は適用せずに矯正アップグレードが増えないかどうかを見極めてから適用する」ことを強くお勧めします。

また、WinUpクライアントの更新となりますので関連の設定がデフォルトに戻される可能性も高いため、導入後は必ず設定を確認してください。

 

Windows Updateの強化
Microsoftは信頼性を向上させるため、Windows Updateクライアントに直接更新プログラムをリリースしました。EnterpriseおよびProエディションを含む、Windows Updateから自動的にアップデートを受信するように構成されたWindows 10を実行するすべてのデバイスには、デバイスの互換性に基づいた最新のWindows 10機能アップデートと、ビジネス延期ポリシーに関するWindows Updateが提供されます。これは、長期のサービス版には適用されません。

 

Win10
1709-KB4089848

1703-KB4088891

1607-KB4088889

===============

1709-KB4089848ダウンロードページ
2018-03 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1709 の累積更新プログラム (KB4089848)
印刷ができなくなる、スタートメニューなどが動作しなくなるなどの障害が一部で発生している模様です。対策はKBのアンインストールとなるようです。

なお、更新に長時間(1時間程度?)かかったPCで発生することが多いとのことです。

2018年3月22日-KB4089848(OSビルド16299.334)

改善と修正
このアップデートには品質改善が含まれています。このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。主な変更点は次のとおりです。

WindowsリボンコントロールのGDIハンドルリークの問題を解決しました。

Windows Serverバージョン1709のコマンドラインで資格情報を入力した後、ユーザーが[ OK]を選択できない問題が解決されました。

Bluetoothデバイスが再起動後にデータの受信に失敗する問題を解決します。

BitLockerの復号化またはドライブの暗号化中に、暗号化ファイルシステム(EFS)で保護されたファイルが破損する可能性のある問題が解決されます。

ファイル転送中にサーバが時々エラーに遭遇するかもしれない問題を解決します。エラーは、 “Stop D1 in Stop tcpip!TcpSegmentTcbSend”です。

iSCSI RESETがクラスタフェールオーバーを引き起こす可能性がある問題を解決します。

ディスクが保留中の場合、パススルーSCSI要求によって停止エラーが発生する可能性のあるMPIOでの問題が解決されます。

グループポリシーの処理が失敗する可能性のある問題に対処し、結果としてポリシーが削除される可能性があります。これは、Windows Defenderのファイアウォールポリシールールの長さが260文字を超える場合に発生します。

これらのコンピュータにグループポリシーを適用した場合、gpresult / hは、Windows Server 2016およびWindows Server 2008のいずれかのレポートデータの生成に失敗します。グループポリシー管理コンソールは、設定が構成されているGPOの[設定]タブに権限を表示できません(セキュリティ設定エンジン(SCE)拡張で設定された設定)。 。

ファイルまたはフォルダ名にマルチバイト文字が含まれている場合、SharePointサイト上のWebDAVファイルまたはフォルダにアクセスするときにエラーが発生する可能性がある問題を解決します。

リモートデスクトップライセンスレポートが4 KBのサイズ制限を超えたときに破損する問題を解決しました。
ユーザーのデバイスに多数の信頼されたルート証明書が含まれていると、IKEv2を使用するAzureポイントツーサイトVPN接続が失敗する可能性がある問題が解決されています。

さまざまなサードパーティのパブリッシングツールを使用して作成された背景を持つPDFドキュメントのMicrosoft Edgeでのレンダリングの問題を解決します。

デバイス上でカメラをすばやく変更すると、メディアプラットフォームが応答しなくなる問題が解決されます。

メディアプラットフォームが応答を停止し、Microsoft Edge、Internet Explorer、およびMicrosoft PowerPointのメディア再生に影響を与える問題を解決します。

ヘッドフォン用Dolby Atmosに接続して使用すると、空間オーディオに問題があります。

アドレスは、標準ユーザーアカウントがWindowsオートパイロットを使用して展開されたWindows 10デバイスへの最初のログオンを実行するときに、管理者特権を必要とする資格情報プロンプトが表示される場所で発生します。

Windows 10バージョン1607からWindows 10バージョン1709にアップグレードするときに、[スタート ]メニューのタイルが保存されない問題が解決されました。

スペルチェックとカスタム辞書の問題を解決しました。

タブレットモードでペンを使用しているときは、押し続ける機能で問題が解決されます。

タッチキーボードを使用してWebパスワードフィールドを編集する際に問題があります。

再起動後、一部のBluetoothカードリーダーが動作しない場所で問題が発生する。

ユニバーサルCRTの_gcvtおよび_gcvt_s機能のパフォーマンスが低下する問題を解決しました。
ファイルまたはパイプへの出力が、標準エラー(STDERR)ストリームのUniversal CRTで完全にバッファされていた問題を解決します。
fopen()関数をサポートするために “x”アクセスモードフラグを追加することにより、Universal CRTでの問題を解決します。
コンピュータがスリープから復帰した後にモニタを切断させる問題を解決します。

以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージの新しいフィックスのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。

 

このアップデートの既知の問題

症状
Windows Updateの履歴によれば、エラー0x80070643のため、KB4054517のインストールに失敗しました。

回避策
更新プログラムが正常にインストールされたにもかかわらず、Windows Updateは更新プログラムのインストールに失敗したと誤って報告します。インストールを確認するには、Check for Updatesを選択して、利用可能な追加のアップデートがないことを確認します。

また、タスクバーの[検索]ボックスに「About About PC」と入力 して、デバイスが予想されるOSビルドを使用していることを確認することもできます。

マイクロソフトは決議に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

 

1703-KB4088891ダウンロードページ
2018-03 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 の累積更新プログラム (KB4088891)
KB4088825を先にインストールした環境にKB4088891を導入しないと問題が発生するようです。KB4088891を導入する場合は、KB4088825が導入済みであることを確認してくださいね。

2018年3月22日-KB4088891(OSビルド15063.994)

改善と修正
このアップデートには品質改善が含まれています。このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。主な変更点は次のとおりです。

WindowsリボンコントロールのGDIハンドルリークの問題を解決しました。

BitLockerの復号化またはドライブの暗号化中に、暗号化ファイルシステム(EFS)で保護されたファイルが破損する可能性のある問題が解決されます。

iSCSI要求に最初のパケットに不完全なヘッダーが含まれている場合、要求が送信されたときにiSCSIが認識しないことがある問題を解決します。

追加のSSDのためにstornvmeのサポートを追加します。

リモートアシスタンスセッション中に日本語のキーボードレイアウトが正しく機能していなかった場所で問題が発生しました。
さまざまなサードパーティのパブリッシングツールを使用して作成された背景を持つPDFドキュメントのMicrosoft Edgeでのレンダリングの問題を解決します。
ユニバーサルCRTの_gcvtおよび_gcvt_s機能のパフォーマンスが低下する問題を解決しました。
ファイルまたはパイプへの出力が、標準エラー(STDERR)ストリームのUniversal CRTで完全にバッファされていた問題を解決します。
fopen()関数をサポートするために “x”アクセスモードフラグを追加することにより、Universal CRTでの問題を解決します。
グローバルロケールを更新するときに発生するユニバーサルCランタイム(CRT)の競合状態で問題が発生します。この問題により、現在のロケール参照カウントが破損し、2回の空き状態が発生します。
以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージに含まれている新しいフィックスのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。

Windows Updateの強化

Microsoftは信頼性を向上させるため、Windows Updateクライアントに直接更新プログラムをリリースしました。EnterpriseおよびProエディションを含む、Windows Updateから自動的にアップデートを受信するように構成されたWindows 10を実行するすべてのデバイスには、デバイスの互換性に基づいた最新のWindows 10機能アップデートと、ビジネス延期ポリシーに関するWindows Updateが提供されます。これは、長期のサービス版には適用されません。

 

このアップデートの既知の問題
マイクロソフトでは、現在この更新プログラムの問題を認識していません。

 

1607-KB4088889ダウンロードページ
2018-03 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積更新プログラム (KB4088889)
このKBに関しては特に問題情報はありません。

2018年3月22日-KB4088889(OSビルド14393.2155)

改善と修正
このアップデートには品質改善が含まれています。このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。主な変更点は次のとおりです。

256 MBのWMIアービトレータのメモリ制限を超えた後、WMIがクエリへの応答を停止し、WMI依存の操作が失敗する問題を解決しました。高いWMIメモリ使用率を経験するか、エラーWBEM_E_INVALID_CLASSまたはWBEM_E_NOT_FOUNDを返すコンピュータでこの更新プログラムをインストールする必要があります。詳細については、KB4096063を参照してください。

WindowsリボンコントロールのGDIハンドルリークの問題を解決しました。

顧客が設定アプリからロック画面イメージを変更できない問題が解決されました。これは、「特定の既定のロック画面とログオンイメージを強制する」グループポリシーがオンで、「ロック画面とログオンイメージの変更を禁止する」グループポリシーがオフの場合に発生します。

BitLockerの復号化またはドライブの暗号化中に、暗号化ファイルシステム(EFS)で保護されたファイルが破損する可能性のある問題が解決されます。

追加の高速eMMCデバイスのサポートが追加されました。

追加のSSDのためにstornvmeのサポートを追加します。

ディレクトリ名にASCII以外の文字が使用された場合、UWFファイルの除外に失敗した場所で問題が発生します。

アドレスは、UWFをDISKモードで使用するとID:55とID:130が記録されることがあり、最終的に再起動が必要になります。

VSS API ResyncLunがハードウェアプロバイダを見つけることができなかった場所で問題が発生します。

プライマリサーバーが再起動し、Azure Site Recovery(ASR)を使用してHyper-V仮想マシンをレプリケートすると、Hyper-Vレプリケーションが中断される問題が解決されます。

プロセスが終了したときにメモリマネージャが削除されていないページテーブルスペースを見つけたときに、エラーが発生する可能性のあるアドレスを発行します。

LSASS(Local Security Authority Subsystem Service)モジュールが例外コード0xc0000005で障害を起こした後、Windows Server 2016ドメインコントローラ(DC)が定期的に再起動する可能性がある問題を解決しました。これにより、その時点でDCにバインドされているアプリケーションとサービスが中断されます。DCは次のイベントを記録することがあります:

アプリケーションエラーイベントID 1000。障害のあるモジュールは例外コード0xc0000005のNTDSATQ.dllです。

User32イベントID 1074およびlsass.exeがステータスコード255で失敗したことを示すMicrosoft-Windows-WininitイベントID 1015 。

保護グループに、削除されたオブジェクトを指すメンバー属性が含まれている場合、AdminSDHolderタスクの実行に失敗する問題が解決されます。さらに、イベント1126は、 “Active Directoryドメインサービスがグローバルカタログとの接続を確立できませんでした。エラー値:8430.ディレクトリサービスで内部エラーが発生しました。内部ID:320130e。 ”

推移的な信頼(フォレストの信頼関係の子ドメインまたは子ドメインのAD FSで、ユーザーはフォレストの信頼関係にあります)を持つ信頼できるドメイン内にユーザーが存在する可能性のある問題が解決されます。ただし、エクストラネットロックアウト機能のPDCまたはDCを特定することはできません。次の例外が発生します。 “Microsoft.IdentityServer.Service.AccountPolicy.ADAccountLookupException:MSIS6080:ドメイン ‘globalivewireless.local’へのバインドの試行がエラーコード ‘1722’で失敗しました。”というメッセージがIDPページに表示されます。正しいユーザーIDとパスワードを入力して、もう一度やり直してください。

クレームプロバイダーの信頼がHRDを実行した後であってもOrganizationalAccountSuffixで設定されている場合、AD FSはHRD情報を保存しません。ユーザーは常に新しいリクエストのHRDページを表示します。これにより、ユーザごとにユーザ名または電子メールとパスワードを入力する必要があるため、SSO要求が破棄されます。

強力な認証サービス(SAS)呼び出しの使用率を向上させることにより、AD FS MFA認証応答時間のパフォーマンスを向上させます。

「同じセッション内の別のユーザーの偽装トークンを取得する」という名前のWindows Server 2016およびWindows 10バージョン1607の新しい特権によって発生した問題を解決するグループポリシーを使用してこれらのコンピュータに適用すると、gpresult / hは、グループポリシー管理コンソールは、設定が構成されているGPOの[設定]タブに権限を表示できません(セキュリティ設定エンジン(SCE)拡張で設定された設定)。 。

読み込み中にWinRMサービスが動作を停止する原因となるスレッドの問題を解決します。これはクライアント側のソリューションであるため、WinRMを使用して影響を受けるコンピュータおよびそのコンピュータと通信するコンピュータに適用する必要があります。

WinRMサービスのデッドロックのために、 “リモートデスクトップ構成を待ってください”というメッセージでログオンが応答しなくなるシステムパフォーマンスに問題があります。

リモートデスクトップライセンスレポートが4 KBのサイズ制限を超えたときに破損する問題を解決しました。

アクティブなRemoteAppウィンドウが前のフォアグラウンドウィンドウの後ろに開いたときに発生する競合状態を解決します。
さまざまなサードパーティのパブリッシングツールを使用して作成された背景を持つPDFドキュメントのMicrosoft Edgeでのレンダリングの問題を解決します。

エラーコード0x18のwin32kbase.sysフォルト後にWindows Server 2016が再起動する可能性のある競合状態によって発生した問題を解決します。

ユニバーサルCRTの_gcvtおよび_gcvt_s機能のパフォーマンスが低下する問題を解決しました。
ファイルまたはパイプへの出力が、標準エラー(STDERR)ストリームのUniversal CRTで完全にバッファされていた問題を解決します。
fopen()関数をサポートするために “x”アクセスモードフラグを追加することにより、Universal CRTでの問題を解決します。
グローバルロケールを更新するときに発生するユニバーサルCランタイム(CRT)の競合状態で問題が発生します。この問題により、現在のロケール参照カウントが破損し、2回の空き状態が発生します。
PowerShellコマンドレットを実行すると、アダプタに関連付けられているクラスタネットワークが、パーティション化された到達不能な状態に変更される可能性のある問題が解決されます。Restart -NetAdapter。

以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージの新しいフィックスのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。

Windows Updateの強化

Microsoftは信頼性を向上させるため、Windows Updateクライアントに直接更新プログラムをリリースしました。EnterpriseおよびProエディションを含む、Windows Updateから自動的にアップデートを受信するように構成されたWindows 10を実行するすべてのデバイスには、デバイスの互換性に基づいた最新のWindows 10機能アップデートと、ビジネス延期ポリシーに関するWindows Updateが提供されます。これは、長期のサービス版には適用されません。

 

このアップデートの既知の問題
マイクロソフトでは、現在この更新プログラムの問題を認識していません。

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング

コメントを残す