【WinUp個別】2021年11月第2週のKB配信【2021/11/10】

この記事を読むのに必要な時間は約 22 分です。

2021年11月第2週の配信(B配信)情報です。

なお、Win10の21H2の提供が迫っていますので、こちらにも留意してくださいね。

 

Win10(各Ver.)とWin11の累積の既知の不具合や解決方法は以下のページの左側のメニューから自分が確認したいVer.を選択して見てくださいね。

Windows 10 バージョン 21H1

Windows 11 更新履歴

Windows のリリースの正常性

Windows 11 の既知の問題と通知

 

対象 内容
キーワード Windows、KB、定例配信、不具合、障害、Update、アップデート

アップグレード

OS/ソフト Windows、8.1、10、11
対象読者 Windows Update関連情報を求める方

 

今回の注意点

今のところ特にありません。

既知の問題にだけ注意を払ってくださいね。

なお、.netなどに関しては手元PCに配信されたものだけを掲載しています。

 

【WinUp個別】WinUpの確認で落ちてこないKBがある?【2021/1/15】

 

OS・Ver.毎のKB配信

現在、Win11・Win10(21H1・20H2・2004)・Win8.1のKB配信情報をお届けしています。

 

記事に載っていないWin 10各Ver.の重要な更新は以下で確認してくださいね。

Windows 10 の更新履歴

 

Win11

ダウンロードリンク

KB5008295(過去の更新プログラムの不具合修正)

KB5007215(ロール)

 

2021-11 x64 ベース システム用 Windows 11 更新プログラム (KB5008295)

2021 年 11 月 5 日 – KB5008295 帯域外

ハイライト
Snipping Tool、絵文字パネル、タッチ キーボードなどの特定の組み込み Windows アプリを開く、または使用することが妨げになる可能性がある既知の問題を更新します。

機能追加および修正
このセキュリティ以外の更新プログラムでは、品質が強化されました。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

一部のユーザーが特定の組み込みアプリや一部の組み込みアプリを開Windows使用することが妨げる可能性がある既知の問題に取り組む。 この問題は、2021 年 10 月 31 日に有効期限が切れた Microsoft デジタル証明書が理由で発生します。 この問題は、次の影響を受ける可能性があります。

Snipping Tool

タッチ キーボード、音声入力、絵文字パネル

Input Method Editor ユーザー インターフェイス (IME UI)

使用の開始とヒント

アプリとアプリが期待スタート メニュー開設定を妨げる既知の問題に取り組む (S モードのみ)。

この更新プログラムの既知の問題
マイクロソフトでは、この更新プログラムに関する問題については、現在のところ何も把握していません。

 

2021-11 x64 ベース システム用 Windows 11 の累積更新プログラム (KB5007215)

2021年11月9日-KB5007215(OSビルド2200.318)

 

ハイライト
Windowsオペレーティングシステムのセキュリティを更新します。

改善と修正
このセキュリティアップデートには、品質の向上が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

一部のユーザーインターフェイス要素をレンダリングするとき、またはアプリ内で描画するときに、特定のアプリが予期しない結果をもたらす可能性がある問題に対処します。この問題は、GDI +を使用し、1インチあたりのドット数(DPI)または解像度が高いディスプレイで幅ゼロ(0)のペンオブジェクトを設定するアプリ、またはアプリがスケーリングを使用している場合に発生する可能性があります。

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティの脆弱性の詳細については、セキュリティアップデートガイドのWebサイトおよび2021年11月のセキュリティアップデートを参照してください。

Windows11サービススタックの更新-22000.280
この更新プログラムは、WindowsUpdateをインストールするコンポーネントであるサービススタックの品質を向上させます。サービススタック更新(SSU)は、デバイスがMicrosoft更新プログラムを受信して​​インストールできるように、堅牢で信頼性の高いサービススタックを確保します。

このアップデートの既知の問題
Microsoftは現在、この更新プログラムに関する問題を認識していません。

 

Win10(21H1・20H2・2004)

ダウンロードリンク

KB5007186(ロール)

 

2021-11 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 21H1 の累積更新プログラム (KB5007186)

2021年11月9日-KB5007186(OSビルド19041.1348、19042.1348、および19043.1348)

ハイライト
Windowsオペレーティングシステムのセキュリティを更新します。

改善と修正
Windows 10、バージョン21H1
Windows 10、バージョン20H2
Windows 10、バージョン2004
注: このリリースには、2021年11月9日にリリースされたMicrosoft HoloLens(OSビルド19041.1169)の更新も含まれています。Microsoftは、この最新のOSビルドに更新されていないMicrosoft HoloLensでのWindows更新の信頼性を向上させるために、Windows更新クライアントに直接更新をリリースします。 。

このセキュリティアップデートには、品質の向上が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

一部のユーザーインターフェイス要素をレンダリングするとき、またはアプリ内で描画するときに、特定のアプリが予期しない結果をもたらす可能性がある問題に対処します。この問題は、GDI +を使用し、1インチあたりのドット数(DPI)または解像度が高いディスプレイで幅ゼロ(0)のペンオブジェクトを設定するアプリ、またはアプリがスケーリングを使用している場合に発生する可能性があります。

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティの脆弱性の詳細については、新しいセキュリティアップデートガイドの Webサイトおよび 2021年11月のセキュリティアップデートを参照してください 。

Windows 10サービススタックの更新-19041.1310、19042.1310、および19043.1310
この更新プログラムは、WindowsUpdateをインストールするコンポーネントであるサービススタックの品質を向上させます。サービススタック更新(SSU)は、デバイスがMicrosoft更新プログラムを受信して​​インストールできるように、堅牢で信頼性の高いサービススタックを確保します。

 

このアップデートの既知の問題

症状
カスタムオフラインメディアまたはカスタムISOイメージから作成されたWindowsインストールを備えたデバイスでは 、この更新プログラムによってMicrosoft Edge Legacyが削除される可能性があり ますが、新しいMicrosoftEdgeによって自動的に置き換えられることはありません。この問題は、2021年3月29日以降にリリースされたスタンドアロンのサービススタック更新(SSU)を最初にインストールせずに、この更新をイメージにスリップストリームすることによってカスタムオフラインメディアまたはISOイメージが作成された場合にのみ発生します。

注 更新プログラムを受信するためにWindowsUpdateに直接接続するデバイスは影響を受けません。これには、Windows Update forBusinessを使用しているデバイスが含まれます。Windows Updateに接続するすべてのデバイスは、追加の手順なしで、常に最新バージョンのSSUと最新の累積更新プログラム(LCU)を受信する必要があります。

回避策
この問題を回避するには、LCUをスリップストリームする前に、2021年3月29日以降にリリースされたSSUをカスタムオフラインメディアまたはISOイメージに最初にスリップストリームするようにしてください。Windows10バージョン20H2およびWindows10バージョン2004で現在使用されているSSUとLCUの組み合わせパッケージでこれを行うには、組み合わせたパッケージからSSUを抽出する必要があります。使用しているSSUを抽出するには、次の手順を使用します。

次のコマンドラインを使用して、msuからcabを抽出します(例としてKB5000842のパッケージを使用): Windows10.0-KB5000842-x64.msu /f:Windows10.0-KB5000842-x64.cab <宛先パス>を展開します。

次のコマンドラインを使用して、以前に抽出したcabからSSUを抽出 します。expandWindows10.0-KB5000842-x64.cab/ f:* <宛先パス>

これで、SSUキャブ(この例では SSU-19041.903-x64.cab)が作成されます。このファイルを最初にオフラインイメージにスリップストリームし、次にLCUにスリップストリームします。

影響を受けるカスタムメディアを使用してOSをインストールすることでこの問題がすでに発生している場合は、新しいMicrosoftEdgeを直接インストールすることで問題を軽減できます 。新しいMicrosoftEdge for Businessを広く展開する必要がある場合は、「Microsoft Edge forbusinessのダウンロードと展開」を参照してください 。

 

症状
2021年6月21日(KB5003690)の更新プログラムをインストールした後、一部のデバイスは、2021年7月6日(KB5004945)以降の更新プログラムなどの新しい更新プログラムをインストールできません。「PSFX_E_MATCHING_BINARY_MISSING」というエラーメッセージが表示されます。

回避策
詳細と回避策については、KB5005322を参照してください 。

症状
この更新プログラムをインストールした後、リモートデスクトップを使用して信頼されていないドメイン内のデバイスに接続すると、スマートカード認証を使用しているときに接続の認証に失敗する場合があります。「クレデンシャルが機能しませんでした。[デバイス名]への接続に使用されたクレデンシャルが機能しませんでした。新しいクレデンシャルを入力してください。」というプロンプトが表示される場合があります。と「ログイン試行に失敗しました」は赤で表示されます。

回避策
この問題は、Known Issue Rollback(KIR)を使用して解決されます。解決策が管理されていない個人用デバイスおよび管理されていないビジネスデバイスに自動的に反映されるまで、最大24時間かかる場合があることに注意してください。Windowsデバイスを再起動すると、解像度がデバイスにすばやく適用される場合があります。影響を受ける更新プログラムをインストールしてこの問題が発生したエンタープライズ管理デバイスの場合、以下にリンクされている特別なグループポリシーをインストールして構成することで解決できます。

注 特別なグループポリシーを構成した後、デバイスを再起動する必要があります。ヘルプが必要な場合は、グループポリシーを使用して既知の問題のロールバックを展開する方法を参照してください。グループポリシーの使用に関する一般的な情報については、グループポリシーの概要を参照してください。

グループポリシーのインストールファイル:

Windows North 2022

Windows 10、バージョン2004、Windows 10、バージョン20H2およびWindows 10、バージョン21H1

重要ご使用のバージョンのWindowsに適したグループポリシーを使用していることを確認してください。

 

症状
この更新プログラムをインストールした後、Windowsプリントサーバーで共有されているリモートプリンターに接続すると、Windowsプリントクライアントで次のエラーが発生する場合があります。

0x000006e4(RPC_S_CANNOT_SUPPORT)

0x0000007c(ERROR_INVALID_LEVEL)

0x00000709(ERROR_INVALID_PRINTER_NAME)

注この問題で説明されているプリンター接続の問題は、プリントサーバーに固有のものであり、家庭用に設計されたデバイスでは一般的に見られません。この問題の影響を受ける印刷環境は、企業や組織でより一般的に見られます。

回避策
この問題の回避策と最新のステータスについては、Windowsリリースの状態を参照してください。

OSビルド19041.1288

OSビルド19042.1288

OSビルド19043.1288

現在調査中であり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

Win8.1

ダウンロードリンク

KB5007301(ネット)

KB5007247(ロール)

 

2021-11 Windows 8.1 (x64 版) 用 .NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8 のセキュリティおよび品質ロールアップ (KB5007301)

.NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8のWindows 8.1、RT 8.1、およびWindows Server 2012 R2のセキュリティと品質のロールアップ(KB5007301)

 

2021-11 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB5007247)

2021年11月9日-KB5007247(月次ロールアップ)

概要
改善と修正、既知の問題、アップデートの入手方法など、このセキュリティアップデートの詳細をご覧ください。

重要: Windows8.1およびWindowsServer 2012 R2は主流のサポートが終了し、現在は拡張サポートされています。2020年7月以降、このオペレーティングシステム用のオプションの非セキュリティリリース(「C」リリースと呼ばれる)はなくなります。拡張サポートのオペレーティングシステムには、毎月のセキュリティ更新プログラム(「B」または火曜日の更新リリースと呼ばれます)のみがあります。

重要、セキュリティ、ドライバー、サービスパックなど、さまざまな種類のWindows Updateについては、次の記事を参照して ください。その他のメモやメッセージを表示するには、Windows8.1およびWindowsServer 2012R2の更新履歴の ホームページを参照してください。

 

改善と修正
このセキュリティ更新プログラムには、更新プログラムKB5006714 (2021年10月12日リリース)の一部であった改善と修正が含まれて おり、次の問題に対処しています。

デバイスがネットワークプリンターに初めて接続しようとしたときに、デバイスがプリンタードライバーをダウンロードおよびインストールできない可能性がある既知の問題に対処します。この問題は、HTTP接続を使用するプリントサーバーを使用してプリンターにアクセスするデバイスで確認されています。

パッケージをクライアントに送信する前に、インターネットプリントサーバーが変更されたプリンタプロパティを適切にパッケージ化できないという既知の問題に対処します。

一部のユーザーインターフェイス要素をレンダリングするとき、またはアプリ内で描画するときに、特定のアプリが予期しない結果をもたらす可能性がある問題に対処します。この問題は、GDI +を使用し、1インチあたりのドット数(DPI)または解像度が高いディスプレイで幅ゼロ(0)のペンオブジェクトを設定するアプリ、またはアプリがスケーリングを使用している場合に発生する可能性があります。

解決されたセキュリティの脆弱性の詳細については、新しいセキュリティアップデートガイドの Webサイトおよび2021年11月のセキュリティアップデートを参照してください 。

 

このアップデートの既知の問題
症状
クラスタ共有ボリューム(CSV)にあるファイルまたはフォルダに対して実行する名前変更などの特定の操作は 、「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」というエラーで失敗する場合があります。これは、管理者権限を持たないプロセスからCSV所有者ノードで操作を実行した場合に発生します。

回避策
次のいずれかを実行します。

管理者権限を持つプロセスから操作を実行してください。

CSVの所有権を持たないノードから操作を実行します。

Microsoftは解決に取り組んでおり、今後のリリースで更新を提供する予定です。

 

症状
この更新プログラムをインストールした後、Windowsプリントサーバーで共有されているリモートプリンターに接続すると、Windowsプリントクライアントで次のエラーが発生する場合があります。

0x000006e4(RPC_S_CANNOT_SUPPORT)

0x0000007c(ERROR_INVALID_LEVEL)

0x00000709(ERROR_INVALID_PRINTER_NAME)

注この問題で説明されているプリンター接続の問題は、プリントサーバーに固有のものであり、家庭用に設計されたデバイスでは一般的に見られません。この問題の影響を受ける印刷環境は、企業や組織でより一般的に見られます。

 

悪意

ダウンロードリンク

KB890830

 

悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – v5.93 (KB890830)

Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する (KB890830)

 

今回の記事は以上です。

 

コメントを残す

CAPTCHA