お知らせ

ご利用ください
【お知らせ】【WinUp個別】Bitlocker関連過去記事リンク【2018/10/13】

【注意喚起】プリンター共有に関する記事へのアクセスが非常に多くなっています【2018/12/27】

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

お知らせ2
2019/2/6、旧館をはてなダイアリーからはてなブログに移行しました。詳細は【お知らせ】自作PCの道楽(旧館)のはてなブログへの移行について【2019/2/6】をご覧ください。

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にもあります。

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WordPressの機能を利用したもので,
よくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

296人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】2019年3月の第一定例日KB配信【2019/3/13】

この記事を読むのに必要な時間は約 22 分です。

この記事について

2019年3月、第一定例日のKB配信情報です。

・Win7/8.1/10の月次ロールアップでIEに不具合のようなのですが、対象がWin7ではIE10だけでIE11については書かれていません。Win7はIE11が使えないのでしたっけ?

なお、Win8.1/10ではIE11が対象になっています。

 

・もう一つの留意事項として、Win10のロールアップではVer.により「このアップデートの既知の問題」が異なっていますので留意してください。(多分1809用のみ多い。実際のところKB公開当初は記述が間違っている場合も多いので注意が必要です。

1809では、ウィンドウズメディアプレイヤー/Realtek HDオーディオマネージャ/Sound Blasterコントロールパネルなどで問題が発生することがあるようですので注意してください。

 

・Win7のロールアップでネットワーク問題が触れられていないが修正が完了したのかどうかは不明です。

 

いずれにしろ、【WinUp個別】100%様子見推奨・・・2019年3月のWinUP【2019/3/12】に書いたとおり、週末ぐらいまでは様子見をするようにしたほうがいいでしょう。例によって金曜から土曜日ぐらいに MS コミュニティなどの質問を見て不具合状況を記事にします。

 

目次

Win7系

Win8.1系

Win10系

 

対象 内容
キーワード Windows、KB、定例配信
OS/ソフト Windows、Update、7、8.1、10
対象読者 Windows Update関連情報を求める方

 

Win7系

ダウンロードリンク
KB4474419

KB4489878

KB890830

注意:Win7系ではフラッシュプレーヤーとAdobeリーダーの更新はWinUpで提供されません。各自手動で更新してくださいね。

Adobe Flash Player

Adobe Acrobat Reader DC

 

2019-03 x64 ベース システム用 Windows 7 のセキュリティ更新プログラム (KB4474419)
Windows Server 2008 R2およびWindows 7用のSHA-2コード署名サポートの更新:2019年3月12日
このプログラムは必ず導入しておく必要のあるKBとなります。(参考:2019 SHA-2 WindowsおよびWSUSのコード署名サポート要件

 

2019-03 x64 ベース システム用 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4489878)
2019年3月12日 – KB4489878(毎月ロールアップ)
このKBを導入するとまだIE10を利用している場合に不具合が発生します。

改善点と修正点
このセキュリティ更新プログラムは、更新プログラムKB4486565(2019年2月19日にリリースされた)の一部であり、以下の問題に対処した改良と修正を含みます。

イベントビューアにネットワークインタフェースカード(NIC)のイベントの説明が表示されないという問題を解決しました。
Internet Explorer、Windowsアプリケーションプラットフォームとフレームワーク、Windows暗号化、Windows Hyper-V、Windowsストレージとファイルシステム、Windowsの基本、Windows Server、Windowsカーネル、Windows MSXML、およびMicrosoft JETデータベースエンジンに対するセキュリティの更新。
解決されたセキュリティ上の脆弱性に関する詳細は、セキュリティアップデートガイドを参照してください。

このアップデートの既知の問題
症状
この更新プログラムをインストールした後、Internet Explorer 10に認証の問題がある可能性があります。これは、リモートデスクトッププロトコル(RDP)とターミナルサーバーのログオンを含め、同じWindows Serverマシン上で複数の同時ログインセッションに2人以上のユーザーが同じユーザーアカウントを使用している場合に発生します。お客様から報告された症状には次のものが含まれますが、これらに限定されるわけではありません。

キャッシュのサイズと場所がゼロまたは空になっています。
キーボードショートカットは正しく機能しない可能性があります。
Webページは、間欠的に正しく読み込まれなかったり正しく表示されなかったりすることがあります。
信任状プロンプトに関する問題。
ファイルをダウンロードするときの問題

回避策
Windows Serverマシンにログオンするときに2人のユーザーが同じユーザーアカウントを共有しないように、一意のユーザーアカウントを作成します。さらに、特定のWindows Serverの単一のユーザーアカウントに対して複数のRDPセッションを無効にします。

マイクロソフトは解決策を検討しており、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – 2019 年 3 月 (KB890830)
Windows Malicious Softwareの削除ツールを使用して、特定の一般的なマルウェアを削除します

 

Win8.1系

ダウンロードリンク  
KB4489907

KB4489881

KB890830

 

2019-03 x64 ベース システム用 Windows 8.1 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4489907)
Adobe Flash Playerのセキュリティアップデート:2019年3月12日

 

2019-03 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4489881)
2019年3月12日 – KB4489881(月次ロールアップ)

改善点と修正点
このセキュリティ更新プログラムは、更新プログラムKB4487016(2019年2月19日にリリースされたもの)の一部であり、次の問題に対処した改良と修正を含みます。

特定の種類のMSIファイルおよびMSPファイルのインストールまたはアンインストール中に、ユーザーが「エラー1309」を受け取ることがあるという問題に対処します。
サーバーが応答しなくなる原因となる、仮想メモリリークおよびCMNBタグを使用したページプールの枯渇の問題を解決しました。
Internet Explorer、Windowsアプリケーションプラットフォームとフレームワーク、Windows Hyper-V、Windowsストレージとファイルシステム、Windowsの基礎、Windowsカーネル、Windowsサーバー、Windows MSXML、およびMicrosoft JETデータベースエンジンに対するセキュリティの更新。
解決されたセキュリティ上の脆弱性に関する詳細は、セキュリティアップデートガイドを参照してください。

このアップデートの既知の問題
症状
この更新プログラムをインストールした後、Internet Explorer 11に認証の問題がある可能性があります。これは、リモートデスクトッププロトコル(RDP)とターミナルサーバーのログオンを含め、同じWindows Serverマシン上で複数の同時ログインセッションに2人以上のユーザーが同じユーザーアカウントを使用している場合に発生します。お客様から報告された症状には次のものが含まれますが、これらに限定されるわけではありません。

キャッシュのサイズと場所がゼロまたは空になっています。
キーボードショートカットは正しく機能しない可能性があります。
Webページは、間欠的に正しく読み込まれなかったり正しく表示されなかったりすることがあります。
信任状プロンプトに関する問題。
ファイルをダウンロードするときの問題

回避策
Windows Serverマシンにログオンするときに2人のユーザーが同じユーザーアカウントを共有しないように、一意のユーザーアカウントを作成します。さらに、特定のWindows Serverの単一のユーザーアカウントに対して複数のRDPセッションを無効にします。

マイクロソフトは解決策を検討しており、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

悪意のあるソフトウェアの削除ツール – 2019 年 3 月 (KB890830)
Windows Malicious Softwareの削除ツールを使用して、特定の一般的なマルウェアを削除します

 

Win10系

サービススタック更新プログラムについて
WinUpの検索時にロールアップ中の必要なものだけを導入する仕組みに使われるものです。最近特にWin10でWinUp時のトラブルのもとになっているようです。

今後の記事で、注意書きがなされないことも出てくると思いますが、このプログラムが最新でない場合ロールアップのダウンロードや導入時に次のような障害が発生する場合があります。

・WinUpの検索に非常に時間がかかる、いつまでも終わらない

・必要なプログラムが落ちてこない、逆に不要なものが落ちてくる

・KB適用に失敗する…など

基本的に手動更新(KB番号を元にスタンドアローンを自分で落としている場合)はサービススタック更新が落ちてきません。また、環境により自動更新でもうまく落ちてこない場合があるようです。

手動更新(KB番号を元にスタンドアローンを自分で落としている場合)の方と自動更新で導入に失敗するという方は、当月分のKB詳細ページ中の「その他の情報を確認し、必要条件などを満たしているかどうか、サービススタックの更新がないかどうか」を確認してくださいね。

KB詳細ページにはそれらの(ダウンロード)リンクやより詳しい情報のリンクなどが設置されています。

 

ダウンロードリンク
全Ver.共通
KB890830

KB4489907

 

1809
KB4489899

 

1803
KB4489868

 

全Ver.共通
悪意のあるソフトウェアの削除ツール – 2019 年 3 月 (KB890830)
Windows Malicious Softwareの削除ツールを使用して、特定の一般的なマルウェアを削除します

 

2019-03 x64 ベース システム用 Windows 10 Version XXXX セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4489907)
Adobe Flash Playerのセキュリティアップデート:2019年3月12日

 

1809
2019-03 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1809 の累積更新プログラム (KB4489899)
2019年3月12日 – KB4489899(OSビルド17763.379)

発売日:2019年3月12日
バージョン:OSビルド17763.379
注意

このリリースには、2019年3月12日にリリースされたMicrosoft HoloLens(OS Build 17763.379)の更新も含まれています。

マイクロソフトは、この最新のOSビルドに更新されていないMicrosoft HoloLensのWindows Updateの信頼性を向上させるために、Windows Updateクライアントに直接更新プログラムをリリースする予定です。

 

改善点と修正点
このアップデートには品質改善が含まれています。このアップデートでは、新しいオペレーティングシステム機能は導入されていません。主な変更点は次のとおりです。

一部のユーザーに影響を与えているトラッキングとデバイスの調整に関するMicrosoft HoloLensの問題を解決しました。このアップデートをインストールしてから10〜15分後に改善が見られる場合がありますが、最良の結果を得るためにホログラムをリセットすることをお勧めします。
特定の種類のMSIファイルおよびMSPファイルのインストールまたはアンインストール中に、ユーザーが「エラー1309」を受け取ることがあるという問題に対処します。
Destiny 2などの特定のゲームをプレイしているときに、デスクトップゲームでグラフィックやマウスのパフォーマンスが低下することがある(KB4482887をインストールした後)。
Microsoft Edge、Internet Explorer、Microsoft Scripting Engine、Windowsシェル、Windows Appプラットフォームとフレームワーク、Windowsカーネルモードドライバ、Windows Server、Windows Linux、Windows Hyper-V、Windowsデータセンターネットワーク、Windowsストレージとファイルシステム、Windowsワイヤレスのセキュリティアップデートネットワーキング、Microsoft JETデータベースエンジン、Windowsカーネル、Windows、およびWindowsの基礎。
以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがデバイスにダウンロードされてインストールされます。

解決されたセキュリティ上の脆弱性に関する詳細は、セキュリティアップデートガイドを参照してください。

 

このアップデートの既知の問題
症状
この更新プログラムをインストールした後、Internet Explorer 11に認証の問題がある可能性があります。これは、リモートデスクトッププロトコル(RDP)とターミナルサーバーのログオンを含め、同じWindows Serverマシン上で複数の同時ログインセッションに2人以上のユーザーが同じユーザーアカウントを使用している場合に発生します。お客様から報告された症状には次のものが含まれますが、これらに限定されるわけではありません。

キャッシュのサイズと場所がゼロまたは空になっています。
キーボードショートカットは正しく機能しない可能性があります。
Webページは、間欠的に正しく読み込まれなかったり正しく表示されなかったりすることがあります。
信任状プロンプトに関する問題。
ファイルをダウンロードするときの問題

回避策
Windows Serverマシンにログオンするときに2人のユーザーが同じユーザーアカウントを共有しないように、一意のユーザーアカウントを作成します。さらに、特定のWindows Serverの単一のユーザーアカウントに対して複数のRDPセッションを無効にします。

マイクロソフトは解決策を検討しており、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

症状
複数のオーディオデバイスを搭載しているコンピュータにこの更新プログラムをインストールした後、内蔵または外付けオーディオ出力デバイス用の高度なオプションを提供するアプリケーションが予期せず動作しなくなる可能性があります。この問題は、「デフォルトのオーディオデバイス」とは異なるオーディオ出力デバイスを選択したユーザーに発生します。動作を停止する可能性があるアプリケーションの例は次のとおりです。

ウィンドウズメディアプレイヤー
Realtek HDオーディオマネージャ
Sound Blasterコントロールパネル

回避策
一時的な解決策として、アプリケーションが提供するオプションで「デフォルトのオーディオデバイス」を選択してください。詳細についてはアプリケーションのユーザーマニュアルを参照してください。

たとえば、Windows Media Playerでデフォルトのオーディオデバイスを設定するには、次の手順を実行します。

Windows Media Player > ツール > オプション > デバイスを開きます。
デバイスを選択して[ プロパティ]を選択します。
次のダイアログで、下のドロップダウンメニューからオーディオデバイスを選択し、選択したデフォルトのオーディオデバイスをリストから。
その後、設定 > システム > サウンド > アプリケーションの音量とデバイスの設定の下にあるアプリケーションごとのオーディオ設定で、アプリケーションからオーディオを目的のオーディオデバイスに送信できます。

マイクロソフトは解決策を検討中で、2019年3月下旬に解決策が提供される予定です。

 

症状
この更新プログラムをインストールした後、appendChild()、insertBefore()、およびmoveNode()などのノード操作中に例外がスローされた場合、MSXML 6はアプリケーションの応答を停止させます。

インターネット設定のグループポリシー設定を含むグループポリシーオブジェクト(GPO)を編集すると、グループポリシーエディターも影響を受ける可能性があります。

回避策
マイクロソフトは解決策を検討しており、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

1803
2019-03 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4489868)
2019年3月12日 – KB4489868(OSビルド17134.648)

改善点と修正点
このアップデートには品質改善が含まれています。このアップデートでは、新しいオペレーティングシステム機能は導入されていません。主な変更点は次のとおりです。

特定の種類のMSIファイルおよびMSPファイルのインストールまたはアンインストール中に、ユーザーが「エラー1309」を受け取ることがあるという問題に対処します。
Internet Explorer、Microsoft Edge、Microsoft Scripting Engine、Windowsシェル、Windows Appプラットフォームとフレームワーク、Windows入力と構成、Windowsストレージとファイルシステム、Windowsワイヤレスネットワーク、Windowsの基礎、Windows Hyper-V、Windows Server、Windows Linux、ウィンドウカーネル、Windows MSXML、およびMicrosoft JETデータベースエンジン。
以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがデバイスにダウンロードされてインストールされます。

解決されたセキュリティ上の脆弱性に関する詳細は、セキュリティアップデートガイドを参照してください。

このアップデートの既知の問題
症状
この更新プログラムをインストールした後、appendChild()、insertBefore()、およびmoveNode()などのノード操作中に例外がスローされた場合、MSXML 6はアプリケーションの応答を停止させます。

インターネット設定のグループポリシー設定を含むグループポリシーオブジェクト(GPO)を編集すると、グループポリシーエディターも影響を受ける可能性があります。

回避策
マイクロソフトは解決策を検討しており、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

今回の記事は以上です。

 


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA