【WinUp個別】100%様子見推奨・・・2019年3月のWinUP【2019/3/12】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。


今晩遅くと言うか明朝(3/13早朝)は、2019年3月の Windows Update 第一定例日です。

2019年3月のWinUPについて、このブログでは100%様子見を強く推奨します。

 

理由
・全OS(Win7/8.1/10)において新元号対応の追加や修正が行われる可能性があり、不具合が発生しないことを確認してからKBを導入する。

 

・Win10においては、この4月に1903の提供が予定されています。 そのため1809に対してその準備が実行されたり、3月第4週の Win 10第2定例日にはロールアップのプレビューとして新機能などの含まれたKBが提供されると考えられます。

毎回のことですが、2年ごとのメジャーアップデートや半年ごとの バージョンアップでは不具合が出ることが多いことはご存知の通りです。

無理をして人柱になる必要はありませんので、必ず様子見をした後に導入するように気をつけてください。

 

追加情報(予告)
Win10においては、この4月に1903の提供が予定されています。 そのため1809に対してその準備が実行されたり、3月第4週の Win 10第2定例日にはロールアップのプレビューとして新機能などの含まれたKBが提供されると考えられます。

毎回のことですが、2年ごとのメジャーアップデートや半年ごとの バージョンアップでは不具合が出ることが多いことはご存知の通りです。

無理をして人柱になる必要はありませんので、必ず様子見をした後に導入するように気をつけてください。

WIN 10のメジャーアップデートや半年ごとのバージョンアップに関する注意事項や気を付ける事、やっておくべき手順の記事を作成注です。出来上がり次第(3/12~3/13予定)公開しますので、どうぞご利用ください。

【WinUp個別】 WIN 10の大きなアップデート前に必ずやっておくべきこと【2019/3/12】

 


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA