お知らせ

ご利用ください
【お知らせ】【WinUp個別】Bitlocker関連過去記事リンク【2018/10/13】

重要なお知らせ
【お知らせ】Xサーバーメンテナンスによる11/21のサーバー停止について【2018/10/23】
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

271人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】第2報・・・2018/6/13第一定例配信後の不具合情報【2018/6/17】

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分12秒です。

副題:2018/6/13第一定例日から、6/17朝までの不具合/障害情報等まとめ

この記事について

配信から4日経過し、ある程度の情報が出そろったころ合いとなります。第一報で記載したものを含めて、OS別・不具合ジャンル別にまとめた情報をお届けします。

障害の予防や不具合が発生した時の判断材料、解決策探しに役に立てば幸いです。

 

目次

今回の概要

CPU脆弱性関連の情報

Win7

Win8.1

Win10

対象 内容
キーワード Windows Update、障害、不具合、解決策、事例、Windows10、Windows8.1
Windows7、原因、起動しない、BSoD、
OS/ソフト Windows 10/8.1/7
対象読者 Windows OSユーザー、不具合と障害を極力防止したい方
最終更新日 2018/6/17初版

 

今回の概要

相変わらずですが、今回もWin7/8.1と比較してWin10での質問が極端に多い状況です。

全般的には、ネットワーク関連の障害に関する注意が必要ということと、CPU脆弱性に関する変更や追加、それに加えてノートPCなどで1803アップ後に画面の輝度調整ができなくなるケースの修正が入ったことが原因なのか「新たにグラフィックス周りの障害が発生した方がいるようである」という感じかと思います。

また、MAPIエラーが発生するというケースは、今後気が付いて投稿してくる方が多くなりそうに思います。

 

【WinUp個別】2018/6/13第一定例配信後の不具合情報【2018/6/13】のコメントで大倉里司さんから情報をいただきました。

今回のウィンドウズアップデート(win10)を行ったところ 数秒毎に デジタル 信号が入力されていません と モニターが真っ黒になり 数秒後復活するという塩梅で全く使いものになりません。

このようなケースでは、一度セーフモードで起動してみることをお勧めします。

セーフモードでの起動は「いわゆるVGAモード(800x600)」となる、また複数のグラフィックスが搭載されている場合にもユーティリティーなどの影響を受けないため切り分けが可能です。

セーフモードでグラフィックス表示が正常であれば「グラフィックスのドライバ・省電力や切り替えのためのユーティリティーを最新のものにする/入れなおす、BIOS上からVGAを1種類に限定できる場合は設定する、当該するKBを削除するなどの対策で回復をはかれるケースがほとんどです。

 

それでは個別にみていきましょう。

 

CPU脆弱性関連の情報

1)Win7/10にCPUの脆弱性Variant4対策が実装されましたが、緩和策はデフォルトでは無効になっています。手動で有効にできますが、その場合、パフォーマンスダウン(Intel CPUで2~8%)が発生します。

なお、対象となるCPU名は発表されていません。

設定方法(cmd管理者)
有効
reg add “HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management” /v FeatureSettingsOverride /t REG_DWORD /d 8 /f

reg add “HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management” /v FeatureSettingsOverrideMask /t REG_DWORD /d 3 /f

無効
reg delete “HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management” /v FeatureSettingsOverride /f

reg delete “HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management” /v FeatureSettingsOverrideMask /f

 

2) Intelから新たな脆弱性Lazy FP state restore(CVE-2018-3665)がアナウンスされました。こちらは、OS側からの対応が可能ということで、Windows OSではデフォルトで有効になっているようです。

 

Win7

突然ポルトガル語の言語設定に変わってしまったコントロールパネルで、地域と言語の設定の変え方が判らない。日本語設定へ戻したいです。

Win7_Uitimateを稼働させています。アップグレード操作の後、日本語の言語設定が突然ポルトガル語に変わってしまいました。

 

2018年6月のUpdate不具合
こちらは機種特有の問題の可能性もあります。

2018年6月のUpdateを適用後、Windows7が起動しなくなり、スターアップ修復へ移行しますが、修復も失敗します。何か問題がるのでしょうか?わたしのPCは、Panasonic CF-J10 Core-i3 Windows7 HOME PREMIUM 64bitです。

 

Win7 画面のブラックアウト

Win7 更新プログラムで再起動繰り返すので、システムの復元をしたところ、画面がブラックアウトでマウスだけ表示。

 

Windowsアップデートが更新できない。

Windows Update KB2719033 が更新できず失敗してしまう。また、失敗しているにもかかわらず、Windows Update が無いと表示されたり、Update 情報を検索するのに時間がかかる。

 

w7の更新プログラムの失敗しているファイルのダウンロードの件

w7の(Windows Update)更新プログラムを自動ダウンロード(Windows Update)に設定していますが下記のファイルが失敗と表示されています。

1.Windows7 for x64-based Systems用セキュリティー更新プログラム(KB3156019) エラーコード80004004
2.Windows7 for x64-based Systems用セキュリティー更新プログラム(KB3109094) エラーコード800F0902
3.Windows7 for x64-based Systems用セキュリティー更新プログラム(KB3123479) エラーコード80242006

4.2017-12 x64ベースシステム用Windows7 向けセキュリティーマンスリー品質ロールアップ(KB4054518)  エラーコード 80242016
全て重要となっています。

更新プログラムは何回もされてますがこの4件のファイルは更新されていません。手動でのファイル更新方法とファイルの保存先はどこを選択するのが良いのでしょうか。

宜しくお願い致します。

 

Win8.1

Win8.1は、今回全くと言ってよいほど不具合情報はありません。

 

エラーコード0xc000000fが出た後、windows8.1が起動しない
SSD死亡と思われますが、一応掲載しておきます。

エラーコード0xc000000fが出た後、OS(windows8.1)が起動しなくなりました。
PCの電源を入れて、NECロゴが表示された後、BIOS画面が表示されたままになります。

PC:NEC Lavie LL750/lS6W
OS:Windows 8.1 64bit
SSD:Crucial MX500 2.5-INCH SSD(CT250MX500SSD1/JP)

 

Win10

Win10・起動不能など
Win10/ネットワーク
Win10・MAPIエラー
Win10・その他

Win10・起動不能など

Windows10の動作が不安定
特定デバイス(GIGABYTE BRIX(TM)s/システムモデル: GB-BKi7(H)T2-7500)での障害です。当該モデルと類似モデルの方は注意してください。

初めて質問しますが,簡潔に述べますと,大学の研究室で使用しているPCにおいて動作が不安定になりました.

具体的には,

・確認したものの中ではFirefox,Edge,Adobe Readerなどが突然フリーズする
・Firefoxを終了し,再度立ち上げようとしても立ち上がらなくなる(タスクマネージャーにおいて,該当ブラウザのプロセスが起動させようとした回数だけ溜まっていく)
・Word等が立ち上がらなくなる
・Webサイトからのファイルのダウンロードが一定割合進んだあと一切進まなくなり完了しない
・様々なインストールを実行する際に途中で進まなくなる
・これらの症状は再起動を行っても発生しなくなったり発生したりがランダムなため発生条件が不明
・また,これら一連の不具合についてシステムエラーメッセージは一切出てこない

これらの症状は1台だけで発生したわけではなく,同じ製品のものにおいて同様に発生しています.
以下に症状が発生したPCの動作環境を書きます.

GIGABYTE BRIX(TM)s
OS: Windows 10 Education 64bit (10.1 build 17134) (ただし,本製品は初期状態ではOSが入っていないので,無料版Windows 10を入れてから大学の包括ライセンスよりWindows 10 Educationを導入しております)
システムモデル: GB-BKi7(H)T2-7500

 

surface laptop 回復ドライブ(USB)の使用について
時期的に今回のWinUpが致命傷になったケース???

こんばんは。私はsurface laptopを使っています。先日、windows10 1709を1803に更新してから、不具合(フリーズ、ブルースクリーン)が頻発し、一昨日から自動復元のループで起動できなくなりました。

 

セームモードで起動しようとしたら失敗して起動出来なくなった

件名の通りですが、まず何故セーフモードを使ったかについて。windowsアプリ(wordやExcel)の起動に失敗する、設定が開かない、タスクバーの検索が使えないなどの理由でセーフモードをしました。これらの不具合は似たような事象があったみたいで、このコミュニティに上がっていたメジャーな方法を試したのですが、全て効果は得られずセーフモードを使ってみたら変わるかなと思いセーフモードで起動しました。

そして、セーフモードで起動しようとしたら、windowsのロゴマークの下に「自動修復を準備しています」とでて、その次に「PCを診断中」とでた後、青色の背景に大文字で「自動修復」その下にPCが「正常に起動したませんでした」と出てしまいここから先に進めないようです。この画面には「再起動」と「詳細オプション」のボタンがあります。osはwindows10です。

 

Windows10アップデート後ログイン画面でのパスワードを受け付けません。

Windows10アップデート後パソコンWindows10が立ち上がりません。パスワードを受け付けなくなりました。

 

【Windows10】既存のローカルアカウントでログインできない。

 

2018/6/13のアップデート後、PCの立ち上がりが不具合になった。

2018/6/13の自動アップデート後、電源を切りました。
6/14朝、電源を入れると壁紙までは出ますが、右下にワイファイ等の4個のマークが出るのみです。

パスワード欄が出た後、それを入れてenter keyを押すと画面が消えて暗くなってしまいます。

 

Windows アップデートによる? 不具合 解決方法を教えてください

PCの画面表示がおかしくなっています。助けてください。

メーカー: HP
機種: EliteBook 840G4
シリアルナンバー: 5CG7442745

ログイン画面が大きく表示されていて、文字入力もできず先に進めないという状況が発生しました。

セーフモード、システム復元を試そうとしたところビットロッカー入力画面が出て先に進めませんでした。

ビットロッカー、回復キーは設定した覚えがないです。

 

Win10/ネットワーク

WindowsUpdate(ver.1803)について

アクティブディレクトリを利用して、ドメインコントローラサーバ上にAPPdateをフォルダリダイレクトしております。
WindowsUpdate(ver.1803)を適用したところ、APPdateのフォルダリダイレクトが効かず、ローカルのAPPdateを見に行くようになりました。

APPdateにはメールデータが入っており、メールが閲覧不可になる障害が発生しております。

WindowsUpdate(ver.1709)に戻したところ、正常にメールが閲覧可能(APPdateのフォルダリダイレクト効きました)となりましたが、下記の3点質問させて下さい。

 

インテル ワイヤレス Bluetooth ドライバ 19.41.0.1が原因となり、Bluetooth機器が接続できない

 

Windows Update後、プリンターを使用する際に、データを認識するまで15分ほど時間がかかるようになりました。

 

windows10更新後にyoutubeの動画が見れなくなった

 

アカウントの問題

アカウントの問題と思われますがウェブページにアクセスできなくなりました

ローカルアカウントに変更してもダメで元のマイクロソフトアカウントにも戻れません

ネットは有線で接続は確認出来ます wifiに接続を変更してもダメでした

接続制限を受けたのかもと思いますが原因と解消方法をご存知の方はおしえてください

 

特定の PC にエクスプローラーからアクセスするとエラーが表示される【Ver1803】

PC1とPC2の2台のPCでファイル共有を行っていました。

アップデート後PC1のエクスプローラーで「ネットワーク>PC2」

と表示されているので、PC2をクリックすると以下のネットワーク エラーになってしまいます。

==================

\\PC2 にアクセスできません

\\PC2 に対するアクセス許可がありません。ネットワーク管理者にアクセス許可を要求してください。

アクセス許可の詳細については、Windows ヘルプとサポートを参照してください。

==================

ネットワークでPC1からPC1は見れます。

PC1からPC2へショートカットアイコン(\\PC2\test)を作ってみたところアクセスできました。

しかし、\testから上位の\\PC2へ移動しようとすると上記と同様のエラーが出てしまいます。

 

win10において アップデート1803ではホームネットワーク関連の問題について

Win10 アップデート1803ではPC間のネットワーク(ホームワーク)の使用が出来なくなりました システム上排除したとマイクロソフトの関係者が

言っていました もし繋げたければ、MSコミニティー調べて下さいとの事でした または 技術的要素があるため有償で対応いたします担当の方が言ったいました、勝手にソフトから排除して於いて 金を出せば教えますなんて酷いと思います.

何方か PC間の繋ぎ方を教えて下さい.

状態はネットワークは繋がっています.

ホルダーを共用プロバティにて共有、アクセス許可設定してもダメでした.

ウィルスソフト(ノートン)も設定完了しています.

よろしくお願い致します

 

Windows 10 Professional 64bit 1803 にアップデートし、「.net」経由でホスト名を取得すると、「外部関数の実行に失敗しました。」エラーが発生する。

 

WIN10、バージョン1803更新後、ネットワークが繋がらなくなりました。【Ver1803】

2018/5/29に1803 更新プログラムのアップデート後、ネットワークにつながらなくなりました。

WIN10 Pro 64ビット

IPアドレスを指定して、他の支店等へのアクセスができなくなりました。

本社や支社のサーバーに繋ぐ必要があり、更新前までは相互アクセスできました。

現在は本社等からもこちらにアクセスできなくなっております。

インターネットには繋がるが、外部とのアクセスはできない状態です。

インターネットは繋がります。
社内のLAN接続も繋がっています。NASや他のPCには接続可能。
社内のPCは他に5台ありまして、その5台は更新後も本社等へのアクセスは可能です。
windowsネットワーク診断では、問題は検出されませんでしたの表示が出ます。
設定等、どこを見直すべきかアドバイスを頂けないかと思います。
よろしくお願い致します。

 

Windows Update 後、ネットワーク接続できない PC がある

 

Win10・MAPIエラー

MAPIでエラーが発生して添付ファイルが、遅れません。この操作の解決方法を教えてください。

 

MAPIの表示エラー

 

MAPIのエラー表示

 

Win10・その他

Win10. Ver1803ですが、WindowsUpdateで6月のプログラム累積更新(KB4284835 ,os17134.112)がインストールできない。

Win.10にバージョンアップしてVer.1803に至るまでに初めて発生したエラーです。

エラーコード 0x800f0922

イベントログ Id20 ソース WindowsUpdateClient

現象 ダウンロードからインストールまでは問題なく終了し、再起動中にプログラムの構成が30%まで進んで止まり、

次の表示が出ます。
”更新プログラムを構成できませんでした、変更を元に戻しています、コンピューターの電源を切らないでください”

 

Windows10のWindowsUpdate(KB4284835)のインストール中にパソコンがフリーズする

 

0x803c0103と表示され、アップデートができない

 

WindowsUpdateした後、PCがフリーズする

 

このデバイスは正しく構成されていません。と表示されキーボードが使用できません【Ver1803】

 

6/13にUpdate適用後、Windowsが起動するとUSBキーボード等のデバイスが動作しない
今回もデバイスの構成に失敗のエラーなど、USB周りなどに不具合が発生しています。

 

「デバイスのインストール制限」を利用している環境で、Windows Update 実施後キーボード・マウスが使えなくなる
こちらは、環境設定次第で多くの方に発生しそうです。特に機能を利用している企業ユーザーの方は注意してくださいね。

問合せ内容

「USBメモリ」による情報漏えい防止を目的に、「デバイスのインストール制限」を利用して対応しています。
このパソコンに対して、過去4回の「WindowsUpdate」を実施、内2回も同様の障害が発生。結果として
Windowsの再セツトアップを実施しました。
パソコンメーカー側での確認結果、デバイスのインストール制限に起因するトラブルとの回答です。

「Runtime Error C++ Runtime Library C:\Program Files(X86」というエラーが何度も出る
Runtimeエラーも一定数発生しています。

 

PCを起動するたびにファイアーウォールとセキュリティの警告が出ます
先日、ネットワークのPCが見えなくなるという件でもセキュリティーソフトが原因でした。このケースも同じと考えられます。

Win10のアプデが来てから毎回同じような警告が出て困っています。スーパーセキュリティは常に安全な状態ですのままでネットも監視状態です。

 

WIN10でシャットダウン (注:しても再度電源が入ってしまう)

シャットダウンが、常に「更新してシャットダウン」となり、毎回、「アンチウィルスの設定に問題」のアラームが立つ
数日前のアップデートで、シャットダウンが、常に「更新してシャットダウン」となり、毎回、「アンチウィルスの処置要」のアラームが立つようになりました。McAfeeの確認を行うと処置のアラームは消えますが、シャットダウン後に同じ状態で立ち上がります。

Windows10 Home、バージョン1803、OSビルド17134.112です。

 

2018年6月15日のwindows10 更新プログラムでノイズが出る

 

Windows10(32bit OS)アップデート1803後、TVチューナー(PCメーカーでセットされていた内臓品)動作せず。同ソフト削除後、インストール不可状態(時にブルー画面となり、再起動となる)。
残念ながらTVチューナー関連で不具合が発生した場合は、ソフトのアップデートがない限り改善は見込めません。ただし、割合は非常に少ないのですが、グラフィックスドライバを最新版にすることで改善するケースもあります。

 

Win10 タスクバーのピン留めアイコンが表示されず、タスクバーとスタートボタンが反応しない。【Ver1803】

 

Circular Kernel Context Loggerのエラーが出ます。どうしたら良いのでしょうか。

 

文字入力中に勝手にIME入力モード切替が連続する(Windows10環境)

 

ローカルシステム(ネットワーク制限付き)の CPU 使用率が常に 30% を超えています。対策法はありますか?

 

Windows 10 に付随するシステム関連を起動し、クリック等をすると勝手に選択されて動き出してしまいます。

アップデート後にedgeやスタートメニュー、フォトなどのwindows10に付随するシステム関連を起動しクリック等をすると勝手に選択されて動き出してしまいます。

なおedgeではお気に入りボタンを選択すると左上のボタンに向かって選択していき、常に左上のボタンを選択してしまいます。

フォトでは全画面表示を選択すると、全画面時の「前の画像」ボタンを選択している状態になり一番最初の画像まで戻ってしまいます。

一度、アップデートによって正常に戻ったこともありましたが、数日後に再び戻ってしまいました。

対処法はなにかないでしょうか?

 

Windows 10 バージョン1803でのタイルデータベース破損【Ver1803】

Windows 10 Homeですが、1803へバージョンアップ後、スタートボタンクリック後の操作(電源操作、アプリケーションの実行など)及び「設定」画面での操作が不能になりました。

試してみたのは次のとおりです。

1 タイルデータベースの修復コマンド(tdlrecover.exe -reregister -resetlayout -resetcache)の実行
→「操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません。」となる。

2 タイルデータベース修復ツール(startmenu.diagcab)の実行
→「タイルデータベースが壊れています 未解決」となる。何度繰り返しても同じで、上記不具合は直らない。

スタートボタンからの操作及び「設定」からの操作ができない(当然「回復」で前のバージョンに戻すこともできない)ため、ほとほと困っています。
対処方法についてご教示いただけると幸いです。

 

今回の記事は以上です。お役に立てば幸いなのですが、あまり役に立つのも考え物という…。

 


人気ブログランキング

コメントを残す