お知らせ

重要
当サイトの広告で「最新のWindowsが1,980円」というようなものが表示されることがあります。自動ローテーションの広告でサイト運営者がブロックしても再度表示されるようです。メールでお問い合わせをいただきましたが、当サイトで推奨しているものではありませんのでご注意ください。

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。よくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新をメール受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

95人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】第一定例日配信KB@Win10(RS1/RS2)【2017/10/11】

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分27秒です。

第一定例日の配信が来ました。USBハブが原因でシステムクラッシュを引き起こしていた問題など重要な修正が多いです…。早く導入したいところではありますが、今回もしばしの様子見は必要でしょうね。

Win7/8.1はこちら⇒【WinUp個別】第一定例日配信KB@Win7/8.1【2017/10/11】




フラッシュプレーヤーの配信がまだなのか、もう少し後なのか不明ですが私の環境では配信されていません。以下で手当てしてください。

Adobe Flash Player 27.0.0.159
http://fpdownload.adobe.com/get/flashplayer/pdc/27.0.0.159/install_flash_player_ax.exe
http://fpdownload.adobe.com/get/flashplayer/pdc/27.0.0.159/install_flash_player.exe
http://fpdownload.adobe.com/get/flashplayer/pdc/27.0.0.159/install_flash_player_ppapi.exe

 

Windows 10 (RS2/1703)
2017-10 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 の累積更新プログラム (KB4041676)
October 10, 2017—KB4041676 (OS Build 15063.674)

改善と修正
この更新プログラムは、品質の改善が含まれます。この更新プログラムでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。主な変更点は次のとおりです。

•一部の UWP と100周年のアプリが灰色のアイコンを表示し、起動時に “このアプリを開くことができません” というエラーメッセージが表示される問題に対処しました。

• AppReadiness サービスが動作を停止する原因となる信頼性の問題に対処しました。

• Silverlight マップスタックを使用するアプリケーションが動作を停止する問題に対処しました。

• VSync がパネルの自己リフレッシュモードに入ることからデバイスを防止する問題に対処, これは、バッテリ寿命の短縮につながることができます.

• Windows 10 1703 へのアップグレード時に、強制部分開始レイアウトに対して行われたユーザーのカスタマイズ (ピン留めされたタイルなど) が失われる問題を解決しました。

•ユニバーサル CRT が原因でリンカー (link .exe) が大規模なプロジェクトの作業を停止する問題に対処しました。

•誤ったアクセス許可で再作成された一時的なフォルダにエラー報告を保存することから Windows エラー報告を防止する問題に対処しました。代わりに、一時フォルダーが誤って削除されます。

•サーバーがクラスタ化された msmq ロールをホストしているときに、msmq パフォーマンスカウンタ (msmq キュー) がキューインスタンスを作成できない問題に対処しました。

•トークンブローカが、ログオフ後にセッションが割り当てられたままになったトークンをリークしている問題に対処しました。

•パーソナルアイデンティティ検証 (PIV) スマートカードピンがアプリケーションごとにキャッシュされていない問題に対処しました。これにより、ユーザーは短時間で PIN プロンプトを複数回表示することができました。通常、PIN プロンプトは1回だけ表示されます。

•コンピュータにユーザー証明書の暗号化が既に存在する場合を除き、データ回復エージェント (DRA) の暗号化キーを更新するために、暗号 .exe/u ツールを使用すると問題が解決されます。

• AppLocker を使用して最新のアプリをブロックする問題に対処します。この問題は、Windows にプレインストールされている最新のアプリでのみ発生します。

•インターネットエクスプローラでフォームの送信に関する問題を解決。

• Internet Explorer のグラフィックス要素のレンダリングに関する問題を解決しました。

•要素が Internet Explorer でフォーカスを受信できない問題を解決しました。

• Internet Explorer ウィンドウのドッキングとアンドッキングに関する問題を解決しました。

• Internet Explorer のポップアップウィンドウによって発生した問題を解決しました。

•ベンダ API が予期せずデータを削除した問題に対処しました。

• Robocopy ユーティリティを使用して、ドライブ文字としてマウントされている SharePoint ドキュメントライブラリをコピーすると、ファイルのコピーに失敗する問題に対処しました。ただし、このシナリオでは、Robocopy はフォルダーを正常にコピーします。

• MDM usb の制限によって usb ポートが正常に無効にならなかった問題が解決されました。

•新しい OS のインストールで iSCSI セッションを作成する場合、ターゲットに接続しようとすると “イニシエータインスタンスが存在しません” というエラーが発生することがある問題が解決されました。

• Azure アプリプロキシを使用して発行された RDS アプリケーションへの接続が失敗する問題を解決しました。このエラーメッセージは、”コンピュータはリモートデスクトップゲートウェイサーバーに接続できません。ネットワーク管理者に問い合わせてください。このエラーは、RDP cookie のサイズ制限を超えた場合に発生する可能性があります。この更新プログラムは、RDP cookie の制限のサイズを増加しました。

• USBHUB の問題を解決しました。SYS はランダムなシステムクラッシュの原因となるメモリの破損をランダムに引き起こすため、診断がきわめて困難です。

•プレオーダー段階で Windows ストアからのゲームのダウンロードに影響を与える問題に対処しました。エラーコード0x80070005 でダウンロードが失敗し、デバイスは最初からダウンロードの再起動を試みます。

• Windows 10 1703 へのアップグレード時に ServerSecurityDescriptor レジストリ値が移行しない問題に対処しました。その結果、ユーザーは Citrix プリントマネージャサービスを使用してプリンタを追加できない場合があります。さらに、クライアントのリダイレクトされたプリンタ、citrix ユニバーサルプリントドライバ、または citrix ユニバーサルプリントドライバを使用するネットワークプリンタドライバに印刷できない場合があります。

• microsoft windows サーチコンポーネント、windows カーネルモードドライバ、microsoft グラフィックスコンポーネント、Internet Explorer、windows カーネル、マイクロソフトエッジ、windows 認証、windows TPM、デバイスガード、windows ワイヤレスネットワーク、セキュリティ更新プログラムwindows の記憶域とファイルシステム、microsoft windows DNS、microsoft スクリプトエンジン、windows サーバー、Linux 用 windows サブシステム、microsoft JET データベースエンジン、および windows SMB サーバー。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、お使いの端末にインストールされます。

解決済みのセキュリティの脆弱性の詳細については、『セキュリティ更新プログラムガイド』を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題
症状
KB4034674 をインストールすると、Microsoft Edge およびその他のアプリケーションのために、チェコ語とアラビア言語が英語に変更されることがあります。マイクロソフトでは、解決策に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

回避策
USB タイプ C コネクタシステムソフトウェアインターフェイス (UCSI) のサポートが有効になっているシステムは、ブルースクリーンが発生するか、または応答を停止します。

 

悪意のあるソフトウェアの削除ツール – 2017 年 10 月(KB890830)
悪意のあるソフトウェアの削除ツール – 2017 年 10 月 (KB890830)
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

 

 

Windows 10 (RS1/1607)
2017-10 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積更新プログラム (KB4041691)
October 10, 2017—KB4041691 (OS Build 14393.1770)

注意:
このKBのインストール後に、express インストールファイルを使用して更新プログラムをダウンロードしているケースで障害が発生するようです。この更新プログラムの既知の問題と解決策を参考にしてくださいね。

 

改善と修正
この更新プログラムは、品質の改善が含まれます。この更新プログラムでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。主な変更点は次のとおりです。

•ユニバーサル CRT が原因でリンカー (link .exe) が大規模なプロジェクトの作業を停止する問題に対処しました。

•インターネットエクスプローラでフォームの送信に関する問題を解決。

• Internet Explorer でグラフィックス要素をレンダリングする問題に対処しました。

•インターネットエクスプローラウィンドウのドッキングとアンドッキングに関する問題を解決。

• Internet Explorer のポップアップウィンドウによって発生した問題を解決しました。

•ベンダ API が予期せずデータを削除した問題に対処しました。

• RootDse 属性 FixupInheritance を1に設定することにより、セキュリティ記述子の伝播 (SDPROP) を手動でトリガすると、SD の伝播が停止する問題に対処しました。この属性を設定すると、アクティブディレクトリオブジェクトに対する SD の伝播とアクセス許可の変更は、子オブジェクトに反映されません。エラーはログに記録されません。

•ドメインコントローラの役割条件の起動時に発生する lsass.exe のアクセス違反に対処します。競合状態は、データベースが内部メタデータを更新している間にアカウント管理の呼び出しが発生した場合に違反を引き起こします。パスワードのリセットまたは変更は、この問題を引き起こす可能性のある管理呼び出しの1つです。

• USBHUB の問題を解決しました。SYS はランダムなシステムクラッシュの原因となるメモリの破損をランダムに引き起こすため、診断がきわめて困難です。

• Windows 10 1607 へのアップグレード時に ServerSecurityDescriptor レジストリ値が移行しない問題に対処しました。その結果、ユーザーは Citrix プリントマネージャサービスを使用してプリンタを追加できない場合があります。さらに、クライアントのリダイレクトされたプリンタ、citrix ユニバーサルプリントドライバ、または citrix ユニバーサルプリントドライバを使用するネットワークプリンタドライバに印刷できない場合があります。

• microsoft windows サーチコンポーネント、windows カーネルモードドライバ、microsoft グラフィックスコンポーネント、Internet Explorer、windows カーネル、マイクロソフトエッジ、windows 認証、windows TPM、デバイスガード、windows ワイヤレスネットワーク、セキュリティ更新プログラムwindows の記憶域とファイルシステム、microsoft windows DNS、microsoft スクリプトエンジン、windows サーバー、microsoft JET データベースエンジン、および windows SMB サーバー。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、お使いの端末にインストールされます。

解決済みのセキュリティの脆弱性の詳細については、『セキュリティ更新プログラムガイド』を参照してください。

Windows 更新プログラムのクライアントの改善
windows update の信頼性を向上させるために、マイクロソフトは更新プログラムを直接 windows 更新プログラムクライアントにリリースします。最新の更新プログラムがインストールされておらず、現在管理されていないデバイス (ドメインに参加している場合など) にのみ提供されます。

この更新プログラムの既知の問題

症状
この更新プログラムをインストールした後、express インストールファイルを使用して更新プログラムをダウンロードできないことがあります。
1. マイクロソフトの更新プログラムカタログから必要とする更新プログラムをダウンロードします。

2. 管理コマンドプロンプトから次の手順を実行し、BITS サービスが停止するのを待ちます。

sc 設定ビット開始 = 無効

ネットストップビット

3. 手順1でダウンロードしたパッケージをインストールします。

4. 管理コマンドプロンプトで、次の手順を実行します。

sc 設定ビットの開始 = 遅延-自動

net の開始ビット

マイクロソフトでは、解決策に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

メモ: KB4041691 は、Windows Server 2016 の express インストールファイルでは使用できません。

デルタ更新プログラムパッケージをインストールすると、インストールされている更新プログラムの下に KB 番号が2回表示されます。この問題は、完全な更新プログラムパッケージをインストールする場合には発生しません。
マイクロソフトでは、解決策に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。
更新プログラムをアンインストールするときに、同じ KB 番号を持つエントリをアンインストールします。

KB4041691 をインストールすると、アプリケーションを閉じるときにアプリケーション例外が発生したことを示すエラーダイアログがパッケージユーザーに表示されることがあります。これは、mshtml を使用して web コンテンツを読み込むアプリケーションに影響を与える可能性があります。このエラーは、プロセスが既にシャットダウンされていて、アプリケーションの機能に影響を与えない場合にのみ発生します。

回避策
マイクロソフトでは、解決策に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

悪意のあるソフトウェアの削除ツール – 2017 年 10 月 (KB890830)
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

 

 


人気ブログランキング

Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

A800009
Windows10レスキューキットEX


A800010
プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

厄介なBSoD、BAD_POOL_HEADER(0x19)、DPC_WATHDOG_VIOLATION
(0x133)の回避機能を実装。

および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

コメントを残す