お知らせ

ご利用ください
【お知らせ】【WinUp個別】Bitlocker関連過去記事リンク【2018/10/13】

【注意喚起】プリンター共有に関する記事へのアクセスが非常に多くなっています【2018/12/27】

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

お知らせ2
2019/2/6、旧館をはてなダイアリーからはてなブログに移行しました。詳細は【お知らせ】自作PCの道楽(旧館)のはてなブログへの移行について【2019/2/6】をご覧ください。

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にもあります。

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WordPressの機能を利用したもので,
よくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

298人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】令和対応パッチの配信【2019/4/28】

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。


4/26付で、Win10(1809)を除いた各OSに令和対応パッチが配信されました。

内容が単一で、各OSに配信されていますので今回は詳細ページより当該するOS(Ver.)のページに飛んでくださいね。

追記
Win10(1809)用も来ました。
KB4501835

2019-05 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1809 の累積更新プログラム (KB4501835)
2019年5月1日 – KB4501835(OSビルド17763.439)

 

新しい日本時代のまとめWindowsアップデート – KB4469068

1803用の詳細
2019年4月25日 – KB4493437(OSビルド17134.753)
個人ユースでは発生は少ないと思いますが基地の不具合が3個ありますので留意してくださいね。

発売日:2019年4月25日
バージョン:OSビルド17134.753
注意: 3月12日番目と4月9日目は、 Windowsの10の最後の2回のデルタの更新となります、バージョン1803のセキュリティと品質の更新が急行し、完全な累積的な更新プログラムパッケージを経由して利用できるようにしていきます。この変更についての詳細は私たちのブログをご覧ください。

 

改善点と修正点
このアップデートには品質改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

HTTPSプロトコルでホストされているページにHTTPプロトコルで読み込まれたときにInternet Explorerがサブリソースのダウンロードをブロックする問題を解決しました。
アプリケーションプロトコルハンドラのカスタムURIスキームが、ローカルのイントラネットおよびInternet Explorerの信頼済みサイトに対応するアプリケーションを起動できないという問題を解決しました。
Microsoft Edgeでインストーラをダウンロードした後に、ビルトインAdministratorアカウントがMicrosoft Officeセットアップを実行することを許可します。
オペレーティングシステムを更新した後に、Microsoft Edgeのお気に入りまたは閲覧リストが失われる可能性がある問題を解決しました。
Microsoft Officeの新しいApp Container機能を無効にする問題を解決しました。
Roaming AppDataフォルダのフォルダリダイレクトをネットワークパスに設定したときに特定のアプリが起動しないという問題を解決しました。
Microsoft Officeデスクトップアプリケーションの削除が応答しなくなり、新しいバージョンのアプリケーションのインストールがブロックされるという問題に対処します。
CALDATETIME構造体が4つ以上の日本の時代を処理できないという問題に対処します。詳しくは、KB4469068を参照してください。
日本の時代の開始日が月の最初の日になっていない場合にShellExperienceHost.exeが機能しなくなる問題を解決しました。詳しくは、KB4469068を参照してください。
新しい日本の時代をサポートするためにNLSレジストリを更新します。詳しくは、KB4469068を参照してください。
DateTimePickerに日本語の日付形式で日付が誤って表示される問題を解決しました。詳しくは、KB4469068を参照してください。
日付と時刻の設定コントロールが古い時代をキャッシュし、時間が新しい日本の時代に入ったときにコントロールが更新されない問題を解決しました。詳しくは、KB4469068を参照してください。
新しい日本の時代をサポートするためにフォントを更新します。詳しくは、KB4469068を参照してください。
IME(Input Method Editor)が新しい日本語の文字をサポートしないという問題を解決しました。詳しくは、KB4469068を参照してください。
時計とカレンダーのフライアウトコントロールで、新しい日本時代の月の日付に誤ってマッピングされた曜日が表示される問題を解決しました。詳しくは、KB4469068を参照してください。
新しい日本時代フォントの代替フォントを追加します。詳しくは、KB4469068を参照してください。
新しい日本語の時代文字をサポートするための音声合成(TTS)機能を有効にします。詳しくは、KB4469068を参照してください。
カーネルモードドライバwin32kfull.sysが無効なメモリ位置にアクセスしたときにエラー「0x3B_c0000005_win32kfull!vSetPointer」が発生する問題を解決しました。
多くの子ウィンドウを持つウィンドウをスクロールすると、UIが数秒間応答しなくなることがあるという問題に対処します。
再起動後にタッチスクリーンが機能しなくなる可能性がある問題を解決しました。
Configuration Managerによって管理されている既存のデバイスを、ユーザーの操作なしで共同管理を使用してMicrosoft Intuneに登録することを許可します。アクティブユーザーがログインしている必要はありません。また、Multi Factor Authentication(MFA)プロンプトもありません。このアップデートでは、デバイスがHybrid Azure Active Directory(AADJ)に参加できるようになったときに、共同管理モバイルデバイス管理(MDM)登録で受信したデバイス資格情報を使用することもできます。
Active DirectoryまたはAzure Active Directoryに回復キーを保存するための接続がない場合に、BitLockerが取り外し可能ドライブを暗号化できないという問題に対処します。
ログオンキャッシュが有効になっているシステムでLSASS.exeの段階的なメモリリークを修正しました。この問題は、Webサーバーなど、多くの対話型ログオン要求を処理するサーバーに主に影響します。
アカウントを無効にした後も、ユーザーがスマートカードを使用してアカウントにログオンし続けることができるという問題に対処します。
KerberosをWindows Hello for Business(WHfB)資格情報と一緒に使用するときにエンタープライズリソースへのアクセスを妨げる問題を解決しました。これにより、ユーザーは自分の資格情報を入力するための複数のプロンプトを受け取ることになります。
Windowsファイアウォールの多数のルールが原因で、サーバーのパフォーマンスが低下したり、サーバーが応答しなくなるという問題に対処します。変更を有効にするには、Regeditを使用して “HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Services \ SharedAccess \ Parameters \ FirewallPolicy”に新しいレジストリキー “DeleteUserAppContainersOnLogoff”(DWORD)を追加し、1に設定します。
リンクローカル除外に対してのみ機能するAlways-On VPN除外ルートに関する問題を解決しました。
特定のハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)仮想マシンを再起動したときに発生する起動エラーの問題を解決しました。
オペレーティングシステム(OS)をアップグレードした後、移動プロファイルユーザーがカスタマイズされた[スタート ]メニューの設定を失う原因となる問題を解決しました。この更新プログラムをインストールした後、管理者はローミングユーザープロファイル(RUP)に対してKB4493782で説明されているUseProfilePathMinorExtensionVersionレジストリ設定を有効にする必要があります。このキーを使用すると、アップグレードしたOS用に新しいRUPを作成でき、カスタムの[スタート ]メニューが失われるのを防ぎます。RUPはローカルに保存されている必要があり、機能を有効にするにはデバイスを再起動する必要があります。
展開内のリモートデスクトップセッションホスト(RDSH)サーバーへの接続要求が失敗するという問題に対処します。この問題はConnection Brokerのデッドロックが原因で発生します。
多機能プリンターを含む教育環境でプリンターをプロビジョニングするときの結果が向上します。
仮想プライベートネットワーク(VPN)インターフェイスで構成されているSMB対応の物理または仮想ネットワークインターフェイスカード(NIC)上またはそこからのサーバーメッセージブロック(SMB)共有へのアクセスを妨げる問題に対処します。
印刷ワークフローアプリケーションがPoint and Printで起動できないという問題を解決しました。
ユーザーインターフェイススレッドがビジーになったときにユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)アプリがキーボード入力を受け取れないという問題を解決しました。この問題は、UWPアプリに埋め込みWebViewコントロールがある場合に発生します。

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがデバイスにダウンロードされてインストールされます。

 

このアップデートの既知の問題
症状
この更新プログラムをインストールした後に、可変ウィンドウ拡張を使用するように構成されたWindows展開サービス(WDS)サーバーからデバイスを起動するために、Preboot Execution Environment(PXE)を使用する問題があります。これにより、イメージのダウンロード中にWDSサーバへの接続が途中で終了することがあります。この問題は、Variable Window Extensionを使用していないクライアントやデバイスには影響しません。

回避策
この問題を軽減するには、次のいずれかのオプションを使用して、WDSサーバー上のVariable Window Extensionを無効にします。

オプション1:
管理者コマンドプロンプトを開き、次のように入力します。

Wdsutil / Set-TransportServer / EnableTftpVariableWindowExtension:いいえ

オプション2:
Windows展開サービスのUIを使用する

Windows管理ツールからWindows展開サービスを開きます。
「サーバー」を展開してWDSサーバーを右クリックします。
そのプロパティを開き、TFTPタブのEnable Variable Window Extension ボックスをクリアし ます。
オプション3:
次のレジストリ値を0に設定してください。

「HKLM¥System¥CurrentControlSet¥Services¥WDSServer

¥Providers¥WDSTFTP¥EnableVariableWindowExtension」

Variable Window Extensionを無効にした後、WDSServerサービスを再起動します。

マイクロソフトは解決策を検討中で、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

症状
名前の変更など、クラスター共有ボリューム(CSV)上のファイルまたはフォルダーに対して実行する操作によっては、 “STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)”というエラーが発生して失敗する場合があります。これは、管理者特権を持たないプロセスからCSV所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します。

回避策
以下のいずれかを行います。

管理者権限を持つプロセスから操作してください。
CSV所有権を持たないノードから操作を実行してください。
マイクロソフトは解決策を検討中で、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

症状
この更新プログラムのインストール後、伝送制御プロトコル(TCP)を介したプライマリおよびセカンダリDNSサーバー間のゾーン転送が失敗する可能性があります。

回避策
マイクロソフトは解決策を検討中で、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

 

その他参考ページ
.NET Frameworkの新しい日本時代の更新の概要

SilverlightのDateTime計算が新しい日本の時代を処理するように更新

新しい日本の時代の変化に備えてWindowsとOfficeを準備する方法

2019年5月の日本の時代の変化に対する更新

 


人気ブログランキング

3 Responses to “【WinUp個別】令和対応パッチの配信【2019/4/28】”

  1. Win10にアップデートしてから個人データが消えるという不具合にあい、とても困っています。
    外付けhddに保存していたバックアップも消えていたのですが、記事を読み理解しました。復元ソフトを探すためにwin8の別のノートパソコンにせつぞくしたため消えてしまったようです。
    データが全て消えてしまい、どうしようもありません。
    お尋ねしたいのは、win10にアップデートしたとき上書きインストールしたのですが。この場合の個人データは、どのような方法を使ってももう取り戻せないのでしょうか?大事なデータがあるので困っています。
    もし、何か方法をご存知ならメールで教えていただきたいです。
    お願いします。

  2. >カナさん
    上書きされていたり、そのほか別のの要件として30日以上経過していると消去されてしまっている(XXXfoundファイルの場合)のですが、部分的には取り戻せる可能性ゼロではありません。

    以下の記事を参考にしてみてくださいね。

    【SSD/HDDのデータ】消失した場合に最初にすること【2018/4/28】

    【どこに行ったの?】消失したファイル・フォルダを回復!!!【Win OS】

  3. このパッチ、大不具合があります。
    絶対に適用してはいけません!
    【警鐘】[改元][Windows][.NET] 「令和」対応パッチで画面が横に伸びる、文字が見切れる ― Windows Update 手動更新はちょっと待った方がいい
    https://qiita.com/CodeOne/items/22004635d3c7cc533e5e

コメントを残す

CAPTCHA