お知らせ

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
2017/年12月29日より当分の間、旧サイトから新館に記事を移動した際に「記事更新お知らせメール」が発信されてしまうと思います。350記事程度あり、移転完了までの間「お知らせメールを受信設定されている方」にはご迷惑をおかけしますがご寛容ください。

お知らせ2
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
注:8/1よりJetpackを利用した、連携ができなくなりました。そのため、facebookでは記事更新のお知らせができなくなっています。
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

244人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】不具合情報もあり・・・7月第2定例日のKB配信とさぼり期間のKB配信【2018/7/25】

この記事を読むのに必要な時間は約 23 分44秒です。


7月第三水曜日、Win10第二定例日です。

 

今回は、プライベートがバタバタしていて掲載できていなかった7/16~19分のKB配信と、不具合情報も合わせてお知らせします。

 

1)第二定例日分の情報

2)7/16~19分の情報

3)不具合情報

 

 

1)第二定例日分の情報

Win10(1803)…KB4340917
Win10(1709)…KB4338817

2018年7月の.NET Frameworkセキュリティ更新プログラムのいずれかをインストールすると、ストアアプリなどでエラーが出る問題は解決されていませんので留意してくださいね。

Win10に累積更新プログラムありなのですが、半期チャネルにしていると配信されません。このKBは自動配信されませんので、Windows Updateで更新プログラムのチェックボタンをボタンを押してくださいね。(手動更新する)

なお、ツールを使用するなどしてWinUp配信を制限している場合の挙動は不明です。

ちなみに私の手元ではWin10レスキューキット使用環境では通常に手動更新が可能でした。

WinUp MiniTool環境ではツール上からの確認では配信されず、通常のWinUpから手動で更新は可能でした。

 

2018-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4340917)
2018年7月24日-KB4340917(OSビルド17134.191)

改善と修正
このアップデートには品質改善が含まれています。このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。主な変更点は次のとおりです。

プロビジョニングパッケージアップデート(PPKG)をインストールした後、Active DirectoryまたはハイブリッドAADJ ++ドメイン内のデバイスがMicrosoft IntuneまたはサードパーティのMDMサービスから予期せずに登録を解除する問題を解決しました。この問題は、AADトークングループポリシーを使用して自動MDM登録の対象となるデバイスで発生します。あなたがいる場合走ったこの問題の回避策として、スクリプトを無効-AutoEnrollMDMCSE.PS1を、この更新プログラムをインストールした後、管理者モードでのPowerShellウィンドウから有効-AutoEnrollMDMCSE.PS1を実行します。

更新されたタイムゾーン情報に関する追加の問題に対処します。

有効な入力としてEOFを処理する機能のユニバーサルCRT Ctypeファミリの能力を向上させます。

「プッシュインストール」サービスの登録に関する問題に対処します。

ユーザーログオンとログオフ時にAppData \ LocalとAppData \ Locallowフォルダが正しく同期されていないローミングユーザープロファイルの問題を解決しました。詳細については、KB4340390を参照してください。

Bluetooth接続にQoS(Quality of Service)パラメータを使用する周辺機器に関連する問題を解決します。

証明書を持つ対称キーを使用してデータを暗号化するときに、SQL Serverのメモリ使用量が時間の経過とともに増大する問題を解決します。次に、再帰的なループで対称鍵を開いたり閉じたりするクエリを実行します。

SSOが有効になっているワイヤレスPEAP環境で無効なパスワードを使用すると、無効なパスワードで2つの認証要求が送信される問題を解決しました。過剰な認証要求は、アカウントロックアウトのしきい値が低い環境で早期のアカウントロックアウトを引き起こす可能性があります。変更を有効にするには、regeditを使用してHKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Services¥RasMan¥PPP¥EAP¥26に新しいレジストリキーDisableAuthRetry(Dword)を追加し、1に設定します。

OpenTypeフォントがWin32アプリケーションで印刷されないようにする問題を解決しました。

LogOnlyモードで有効になっているとメモリリークを引き起こすDNS応答率制限の問題を解決します。

RemoteAppセッションの問題を解決し、セカンダリモニタでアプリケーションウィンドウを最大化するときに黒い画面が表示される可能性があります。

Microsoft Outlookなどのアプリケーションで日本語入力中に文字列が予期せず確定されるというIMEの問題を解決しました。

以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージの新しいフィックスのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

このアップデートの既知の問題
症状
2018年7月の.NET Frameworkセキュリティ更新プログラムのいずれかをインストールすると、「アクセスが拒否されました」、「クラスが登録されていません」、または「不明な理由で内部エラーが発生しました。最も一般的な失敗のシグネチャは、次のとおりです。

例外の種類:System.UnauthorizedAccessException

メッセージ:アクセスが拒否されました。(HRESULTからの例外:0x80070005(E_ACCESSDENIED))

回避策
詳細については、KB4345913を参照してください。

マイクロソフトは決議に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

 

2018-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1709 の累積更新プログラム (KB4338817)
2018年7月24日-KB4338817(OSビルド16299.579)

改善と修正
このアップデートには品質改善が含まれています。このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。主な変更点は次のとおりです。

プロビジョニングパッケージアップデート(PPKG)をインストールした後、Active DirectoryまたはハイブリッドAADJ ++ドメイン内のデバイスがMicrosoft IntuneまたはサードパーティのMDMサービスから予期せずに登録を解除する問題を解決しました。この問題は、「AADトークンによる自動MDM登録」グループポリシーの対象となるデバイスで発生します。あなたがいる場合走ったスクリプトを「-AutoEnrollMDMCSE.PS1を無効にする」この問題の回避策として、「有効-AutoEnrollMDMCSE.PS1を実行し、」この更新プログラムをインストールした後、管理者モードで実行中のPowerShellウィンドウから。

LFの前にCRが挿入されていない場合は挿入します。

Microsoft App Storeで入手可能なMicrosoft Edge DevToolsプレビューアプリケーションを使用して、UWPアプリケーションでWebViewコンテンツのデバッグを有効にします。

コンソールにメッセージがあふれたときにMicrosoft Edge DevToolsが応答しなくなる問題を解決します。

デスクトップに行く前にWindowsアップデートをインストールした後、数分間黒い画面が表示されるという問題を解決しました。

更新されたタイムゾーン情報に関する追加の問題に対処します。

PDFファイルのオープン、印刷、および信頼性の問題に対処することにより、Microsoft EdgeでのPDFファイルエクスペリエンスを向上させます。

Microsoft Foundation Class(MFC)アプリケーションウィンドウを移動すると、デスクトップにディザパターンが残ることがあるという問題を解決しました。

ユーザーごとのグループポリシーによる電源オプションの非表示が設定されている場合でも、Windowsのセキュリティ画面に電源オプションが表示される問題を解決します。

次のすべてが当てはまる場合、正しいロック画面が表示されない問題を解決しました。

GPOポリシー「コンピュータの構成\管理用テンプレート\コントロールパネル\パーソナライゼーション\特定の既定のロック画面とログオンイメージを強制する」が有効になっています。

GPOポリシー「コンピューターの構成\管理用テンプレート\コントロールパネル\パーソナライゼーション\ロック画面とログオンイメージの変更を禁止する」が有効になっている

レジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Policies \ Microsoft \ Windows \ System \ DisableLogonBackgroundImage が1に設定されています。

上級ユーザー(管理者)としてアプリケーションを実行しているときに、アプリケーションが「不明なパブリッシャ」からのものであることを示す警告が表示される問題に対処します。

Webアカウントマネージャを使用する際に散発的な認証の問題を引き起こす問題に対処します。

リモートデスクトップサーバーに接続するときにシングルサインオンシナリオが失敗することがあり、ログオンタイルを表示することがある問題を解決しました。

システムの再起動が必要になるまで、LSASSのメモリ使用量が増加し続ける問題を解決しました。

Azure Active Directoryに参加したマシンのデフォルトドメインが自動的にログオン画面に設定されないという問題を解決しました。

証明書を持つ対称キーを使用してデータを暗号化するときに、SQL Serverのメモリ使用量が時間の経過とともに増大する問題を解決します。次に、再帰的なループで対称鍵を開いたり閉じたりするクエリを実行します。

SSOが有効になっているワイヤレスPEAP環境で無効なパスワードを使用すると、無効なパスワードで2つの認証要求が送信される問題を解決しました。過剰な認証要求は、アカウントロックアウトのしきい値が低い環境で早期のアカウントロックアウトを引き起こす可能性があります。変更を有効にするには、regeditを使用してHKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Services¥RasMan¥PPP¥EAP¥26に新しいレジストリキー “DisableAuthRetry”(Dword)を追加し、1に設定します。

サービスがインターネットリソースに接続できない場合、BITSサービスが応答しなくなる可能性のある問題に対処します。

32ビットアプリケーションが(通常はLogonUserを呼び出して)他のユーザーを偽装するときに、64ビットOSでの印刷を妨げる問題を解決します。この問題は、2017年8月にリリースされたKB4034681以降の毎月の更新プログラムをインストールした後に発生します。影響を受けるアプリケーションの問題を解決するには、この更新プログラムをインストールしてから、
Microsoft Application Compatibility Toolkitを使用して、Splwow64Compat App Compat Shimをグローバルに有効にします。
次のレジストリ設定を使用し、32ビットアプリケーションを再起動します。HKEY_LOCAL_MACHINE \ System \ CurrentControlSet \ Control \ Print設定:Splwow64Compat
タイプ:DWORD

値1:1

LogOnlyモードで有効になっているとメモリリークを引き起こすDNS応答率制限の問題を解決します。

システムがシャットダウンしたり、ハイバネーションに置かれたりしないことがあるという問題を解決しました。この問題は、SSDドライブでディスク暗号化を実行した後の最初の起動時に発生します。

SMBハードニングが有効になっている場合、IPアドレスを使用してSMB共有にアクセスできない問題を解決します。

RDPに必須の(読み取り専用の)ユーザープロファイルを使用すると、「Class not registered(0x80040151)」というエラーコードが発生する可能性がある問題を解決しました。

ユーザーがログオンした後、すべてのネットワークプリンタが接続されていないという問題を解決しました。 HKEY_USERS \ユーザー\プリンター\接続キーが 影響を受けたユーザーのために正しいネットワークプリンタを示しています。ただし、このレジストリキーのネットワークプリンタの一覧は、Microsoftメモ帳やデバイス、プリンタなど、どのアプリケーションにも読み込まれません 。プリンタが消えたり、機能しなくなることがあります。

「インストールする準備ができていることを確認する」画面でWindows 10バージョン1709のインプレースアップグレードが応答しなくなる問題を解決しました。これは、2018年4月以降に毎月更新をインストールしたデバイスでデバイスのインベントリを実行しているときに発生します。
注意: WSUSは、動的更新コンテンツを同期するように構成されている場合、デバイスに動的更新(DU)を配信することもできます。動的更新が/ DynamicUpdate Disable セットアップスイッチによって無効にされていないことを確認します。

ページ上の要素のクラス名またはIDを動的に変更する際に発生するレンダリングの問題に対処します。

メモリアナライザーとパフォーマンスアナライザーがMicrosoft Internet Explorer 11 Developer Toolsで正常に動作しない問題を解決しました。

以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージに含まれている新しいフィックスのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。

 

このアップデートの既知の問題
症状
英語以外のプラットフォームでは、ローカライズされた言語ではなく、英語で次の文字列が表示されることがあります。「ファイルからスケジュールされたジョブを読むのがこの言語モードではサポートされていません」このエラーは、ガードが有効になっている

回避策
マイクロソフトは決議に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

 

症状
Device Guardを有効にすると、一部の英語以外のプラットフォームでローカライズされた言語ではなく、英語で次の文字列が表示されることがあります。

“‘&’または ‘。’は使用できません。演算子を使用して言語境界を超えてモジュールスコープコマンドを呼び出すことができます。
“PSDesiredStateConfiguration”モジュールからの ‘Script’リソースは、Device Guardが有効な場合はサポートされていませんので、PowerShell GalleryのPSDscResourcesモジュールで公開されている ‘Script’リソースを使用してください。

回避策
マイクロソフトは決議に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

 

症状
2018年7月の.NET Frameworkセキュリティ更新プログラムのいずれかをインストールすると、「アクセスが拒否されました」、「クラスが登録されていません」、または「不明な理由で内部エラーが発生しました。最も一般的な失敗のシグネチャは、次のとおりです。

例外の種類:System.UnauthorizedAccessException

メッセージ:アクセスが拒否されました。(HRESULTからの例外:0x80070005(E_ACCESSDENIED))

回避策
詳細については、KB4345913を参照してください。

マイクロソフトは決議に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

 

2)7/16~19分の情報

Win7
KB4345459(7/19配信のKB4338821を導入する場合は不要です。また、このKBは自動配信されません)
KB4338821

 

KB4345459
割愛

 

2018-07 x64 ベース システム用 Windows 7 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4338821)
2018年7月18日-KB4338821(月間ロールアップのプレビュー)
ネットワーク問題は解決されていません。

改善と修正
この非セキュリティ更新プログラムには、KB4338818(2018年7月10日にリリース)の一部であった改善点および修正点が含まれており、次回の月次ロールアップアップデートのプレビューとして、

更新されたタイムゾーン情報に関する追加の問題に対処します。

ネットワークモニタリングワークロードを実行している一部のデバイスが、7月のアップデートをインストールした後の競合状態のために、0xD1停止エラーを受信する可能性のある問題に対処します。

「Tcpポートは既に使用されています」というエラーでSQL Serverサービスの再起動が失敗することがある問題を解決します。

管理者がWorld Wide Web発行サービス(W3SVC)を停止しようとするときに発生する問題を解決します。W3SVCは「停止中」の状態のままですが、完全に停止できないか、再起動できません。

このアップデートの既知の問題
症状
不足しているファイル(oem .inf)に関連するWindowsおよびサードパーティのソフトウェアに問題があります。この問題のため、この更新プログラムを適用すると、ネットワークインターフェイスコントローラが機能しなくなります。

回避策
ネットワークデバイスを見つけるには、devmgmt.mscを起動します。他のデバイスの下に表示されることがあります。

NICを自動的に再検出してドライバをインストールするには、[ 操作]メニューから[ ハードウェアの変更をスキャン]を選択し ます。
a。または、デバイスを右クリックして[ 更新 ]を選択して、ネットワークデバイス用のドライバをインストールし ます。 次に、[ 更新されたドライバソフトウェアを自動的に検索する] または[ コンピュータを参照してドライバソフトウェアを検索する]を選択します 。

 

Win8.1
KB4345424(7/19配信のKB4338831を導入する場合は不要です。また、このKBは自動配信されません)
KB4338831

 

KB4345424(7/19配信のKB4338831を導入する場合は不要です。また、このKBは自動配信されません)
割愛

 

2018-07 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4338831)
2018年7月18日-KB4338831(月間ロールアップのプレビュー)

改善と修正
この非セキュリティ更新プログラムには、KB4338815(2018年7月10日リリース)の一部であった改善点と修正点が含まれており、次回の月次ロールアップアップデートのプレビューとして、

更新されたタイムゾーン情報に関する追加の問題に対処します。

システムを再起動する必要が生じるまでメモリリークを引き起こす問題を解決します。たとえば、AppLockerを使用してアプリケーションの使用状況を管理する場合などです。

EFSで暗号化されたファイルをクライアントマシンからサーバー共有にコピーする際に、ユーザーに警告する代わりにファイルを暗号化してコピーする問題を解決しました。

32ビットアプリケーションが(通常はLogonUserを呼び出して)他のユーザーを偽装するときに、64ビットOSでの印刷を妨げる問題を解決します。この問題は、2017年8月にリリースされたKB4034681以降の毎月の更新プログラムをインストールした後に発生します。影響を受けるアプリケーションの問題を解決するには、この更新プログラムをインストールしてから、
Microsoft Application Compatibility Toolkitを使用して、Splwow64Compat App Compat Shimをグローバルに有効にします。
次のレジストリ設定を使用し、32ビットアプリケーションを再起動します。HKEY_LOCAL_MACHINE \ System \ CurrentControlSet \ Control \ Print設定:Splwow64Compat
タイプ:DWORD

値1:1

断続的にハイパーバイザがエラーコード「0x20001」で動作を停止する問題を解決しました。

グループメンバシップの変更に対するLDAP Modify要求の問題を解決します。LDAP_SERVER_PERMISSIVE_MODIFY_OID演算子が使用され、メンバーシップ変更操作は既にtrueです(メンバーはすでに削除されているか、すでに存在しています)。その結果、SUCCESS状態が戻され、操作が完了したことを示す監査イベント4728および4729が表示されます。

ファイルの$ Dataエクステントが完全に疎である場合、LastAccessTimeファイルプロパティがデッドボリューム内のファイルに対して期待通りに更新されないという問題を解決しました。この更新プログラムをインストールした後、レジストリで次の項目を構成します。

HKLM \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Control \ FileSystem \ NtfsDisableLastAccessUpdateの値を0に設定します。

REG_DWORD項目を作成し、HKLM \ System \ CurrentControlSet \ Services \ ddpsvc \ Settings \ DisableLastAccessUpdateの値を0に設定します。

ネットワークモニタリングワークロードを実行している一部のデバイスが、7月のアップデートをインストールした後の競合状態のために、0xD1停止エラーを受信する可能性のある問題に対処します。

「Tcpポートは既に使用されています」というエラーでSQL Serverサービスの再起動が失敗することがある問題を解決します。
管理者がWorld Wide Web発行サービス(W3SVC)を停止しようとするときに発生する問題を解決します。W3SVCは「停止中」の状態のままですが、完全に停止できないか、再起動できません。

 

このアップデートの既知の問題
マイクロソフトでは、現在この更新プログラムの問題を認識していません。

 

Win10
KB4345421(1803)
KB4345420(1709)

 

2018-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4345421)
2018 年 7 月 17 日 — KB4345421 (OS ビルド 17134.167)

機能追加および修正
この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

7 月の更新プログラムをインストールした後に、ネットワーク監視ワークロードを実行している一部のデバイスが、競合状態のために 0xD1 STOP エラーを受け取ることがある問題を修正します。
エンタープライズ クライアントが新しい IP アドレスを要求するときに無効な構成を受け取ることがある DHCP フェールオーバー サーバーに関する問題を修正します。 この問題により、接続が失われます。
SQL Server サービスの再起動が “TCP ポートが既に使用されています” というエラーで失敗することがある問題を修正します。
管理者が World Wide Web 発行サービス (W3SVC) を停止しようとしたときに発生する問題を修正します。 この問題により、W3SVC は “停止中” 状態のままで、完全に停止することも再起動することもできなくなります。
以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

この更新プログラムの既知の問題
マイクロソフトでは、この更新プログラムに関する問題については、現在のところ何も把握していません。

 

2018-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1709 の累積更新プログラム (KB4345420)
2018 年 7 月 17 日 — KB4345420 (OS ビルド 16299.550)

機能追加および修正
この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

7 月の更新プログラムをインストールした後に、ネットワーク監視ワークロードを実行している一部のデバイスが、競合状態のために 0xD1 STOP エラーを受け取ることがある問題を修正します。

エンタープライズ クライアントが新しい IP アドレスを要求するときに無効な構成を受け取ることがある DHCP フェールオーバー サーバーに関する問題を修正します。 この問題により、接続が失われます。

SQL Server サービスの再起動が “TCP ポートが既に使用されています” というエラーで失敗することがある問題を修正します。

管理者が World Wide Web 発行サービス (W3SVC) を停止しようとしたときに発生する問題を修正します。 この問題により、W3SVC は “停止中” 状態のままで、完全に停止することも再起動することもできなくなります。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

この更新プログラムの既知の問題
現象
一部の英語版以外のプラットフォームが、ローカライズされた言語ではなく、英語で次のメッセージを表示することがあります。 ”Reading scheduled jobs from file is not supported in this language mode.” 作成済みのスケジュールされたジョブを読み取ろうとしたときに Device Guard が有効な場合に、このエラーが表示されます

回避策
マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

現象
一部の英語版以外のプラットフォームで、Device Guard を有効にすると、ローカライズされた言語ではなく、英語で次のメッセージが表示されることがあります。

“Cannot use ‘&’ or ‘.’ operators to invoke a module scope command across language boundaries.”
“‘Script’ resource from ‘PSDesiredStateConfiguration’ module is not supported when Device Guard is enabled. Please use ‘Script’ resource published by PSDscResources module from PowerShell Gallery.”

回避策
マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

3)不具合情報

1)ネットフレームワークの不具合

2)ネットワークの不具合

 

1)ネットフレームワークの不具合
Win7/8.1 のネットフレームワークのセキュリティアップデートや、Win10の品質アップデートを導入すると、COM コンポーネントの初期化がネットフレームワークにより実行されるソフト/アプリでは、アクセス拒否や0x80070005のエラーなどが発生するケースがある。

 

詳細(解決/緩和策の掲載あり)
2018年7月のインストール後にCOMアクティベーションの「アクセスが拒否されました」というエラーとアプリケーションが失敗する.NET Frameworkのセキュリティと品質のロールアップの更新

回避策
この問題を回避するには、以下のいずれかの方法を試してください。

注:影響を受けるアプリケーションとそのコードによっては、次の回避策が有効である場合とされない場合があります。

プロセスの開始方法に関する高度な知識がある場合は、PROCESS_QUERY_INFORMATION権限を使用してプロセスを実行します。

IISがCOMのCreateObject for .NETを呼び出すと、COMオブジェクトが “ActiveXコンポーネントはオブジェクトを作成できません” エラーを受け取ることがあり ます。

あなたのウェブサイトが匿名認証を使用している場合:
Webサイトの匿名認証の資格情報を変更して、 “アプリケーションプールID”を使用します。

サイトで基本認証またはWindows認証を使用している場合:
アプリケーションプールIDとしてアプリケーションに一度ログインし、.NET COMコンポーネントのインスタンスを作成します。

その後、他のサイトユーザーは、失敗せずに.NET COMコンポーネントをアクティブにすることができます。

または、Windows認証を使用していて、ASPアプリケーションが実行されているWindows ServerのコンソールからWebサイトにアクセスする場合は、次のようにします。

.NET COMコンポーネントのインスタンスを作成すると、他のサイトユーザーのエラーも解決されます。

.NETアプリケーションが.NET COMアプリケーションのインスタンスを作成する偽装コンテキストで “0x80040154(REGDB_E_CLASSNOTREG)”エラーが発生することがあります。

偽装コンテキストコールの前に.NET COMコンポーネントのインスタンスを作成します。

後で偽装されたcreateインスタンス呼び出しが期待通りに機能します。

偽装されたユーザーのコンテキストで.NETアプリケーションを実行します。

.NET COMオブジェクトの作成時に偽装を使用しないでください。

UACがコンピュータで無効になっている場合は、再度有効にします。

プロセスがdiasymreader.dllを読み込めない場合は、アセンブリに対して次のコマンドを実行します

。ngen install < 失敗したアセンブリ >

ngenの詳細については、Ngen.exe(ネイティブイメージジェネレータ)を参照してください。

警告:次の回避策を使用すると、コンピュータやネットワークが悪意のあるユーザーやウイルスなどの悪意のあるソフトウェアによる攻撃を受けやすくなる場合があります。これらの回避策はお勧めしませんが、この情報を提供しているため、独自の裁量で回避策を実装できます。これらの回避策は、自己責任で使用してください。

ローカルのAdministratorsグループに “NETWORK SERVICE”を追加します。

この問題を解決するために新しい更新プログラムがリリースされるまで、機能を復元するために、2018年7月の.NET Frameworkセキュリティ更新プログラム を一時的にアンインストールし ます。

 

2)ネットワークの不具合
LANアダプタのドライバが無効になる不具合やネットワーク設定が飛んでしまう不具合は解決されていません。留意してくださいね。

 


人気ブログランキング

コメントを残す