【古い資産を使い続ける】Windows10公開に伴う対策【自分の場合】

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分15秒です。

Windows10公開に先立つ情報を見ていると「Windows7/8/8.1も一般コンシューマ向けのWindows Updateは強制適用になる」可能性は少なくないように思えます。




MSがどういうつもりかはわかりませんが、ドライバや署名が更新されない場合などに自分のPCが突然使用できなくなる可能性は否定しきれません。

(正規のライセンシーからすると)PCやOSライセンスを複数台分所有していない場合は難しいのですが、「仕事用のPCとしてWindows7または8.1でインターネットから隔離したスタンドアローンのシステム」を一台確保しておく方がよい気がします。

システムがダウンすることは絶対に避けたい場合、やりかたは(グレーなものを含めて)いろいろありますので、個人の判断にお任せしますが考慮の余地は十分ある気がします。

 

2015/7/21 追記
7/20の19:00頃、PC電話サポート無料相談がありました。
【無料のPC相談】15分以内は完全無料【試してみてね】

質問があったMSのライセンシーで禁止されている例などを挙げます。
・OSクローンディスクの保存は厳密にはNG。
・システムイメージの保管はOK。
・RAID 1での運用は不明(グレー)。
・今のところ、パッケージ版やDSP版で「OSをインストール⇒認証⇒スタンドアロンにして使用する」ようにした後、もう一台はインターネットに接続して新たに認証して使用することは可能だが「完全なライセンス違反」なので絶対にだめです
・現時点では、OS認証後はインターネットに接続せず使い続けても認証がだめになることはない。

 

人気ブログランキングへ

Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

A800009
Windows10レスキューキットEX


A800010
プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

厄介なBSoD、BAD_POOL_HEADER(0x19)、DPC_WATHDOG_VIOLATION
(0x133)の回避機能を実装。

および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

コメントを残す