注意喚起

「Windows Essentials 2012」のサポートが終了しています。

また、Win8に関しても1/13でサポート終了となりますので注意してくださいね。

 大変失礼しました、勘違いで記載した誤情報です。錯誤した原因のWin10のビルドごとのサポート終了について記事にしましたのでご覧ください。

【重要】Win10のビルド(バージョン)ごとのサポート終了【正直私もわからない】

お知らせ

サイトの常時SSL化作業のお知らせ
2016//12/30より、サイトの常時SSL化作業を開始します。

お願い
常時SSL化に伴い早急に解消作業を行う予定ですが、ブログページ内の個別の画像リンクや照会先リンク、アフィリエイトリンク先などがSSL対応でない場合に「保護されたコンテンツのみ表示しますか」というような警告が表示され、安全なページであってもURLの先頭に鍵マークが表示されません

詳細はこちら ⇒ サイトの常時SSL化作業のお知らせ

旧館からの記事移動開始のお知らせ
2016/12/11より、旧ブログ「自作PCの道楽」(はてなダイアリー)から「自作PCの道楽新館」への記事の移動を開始しました。

◎ フォーローしてね! WinUP情報や不具合情報追加を、ツイッター・フェイスブック・Google+でお知らせしていますのでご利用ください。

保護中記事のパスワードについて 記事の自己検閲によるパスワード保護の開始についてを読み了承の上閲覧される方は「5525」を入力してくださいね。

サイト内検索:カテゴリなど一部詳細情報はページ最下部もご覧ください





【実際に必要な条件】PCとモニタを接続する

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分51秒です。

実際にPCと PCモニターを接続するには以下の三つの機器の規格が合致する必要があります。また、接続端子の規格が合い「一応は接続できても」性能をフルに引き出せない場合があります。

  広告




・PC本体
・接続ケーブル
・モニタ

ところが【どこが問題???】PC・機器とモニタの接続規格を考える で書いたようにそれぞれの機器の規格をきちんと把握するのは意外と難しいことです。自分だけでよくわからない場合には、このブログの記事で確認したり、購入するお店のスタッフによく聞いて購入するようにしましょう。

このブログですべての事柄を扱っているわけではありませんが、どのような規格があるかということが分かっていないとお店のスタッフに聞くこともできませんのでプローブの記事などを見て覚えておくといいでしょう。

以下簡単に見ていきましょう。

・PC本体
DVI・HDMI・DP・D-subなどの種類があります。
それぞれの端子に複数の規格があります。
出力できる解像度の PCによって違います。

・接続ケーブル
デュアルリンクDVIがわかりやすいのですが、専用のケーブルや規格に合ったケーブルを使用しないと世紀に動作しない場合があります。

・モニタ
PCから出力される端子と同じ入力端子がなければいけません。
PCとモニタの入出力端子が同じでも規格が違うと思った通りの表示にはなりません。

不都合が出る例
1)PC(HDMI 1.0)+HDMIケーブル(ハイスピード)+4Kモニタ
このケースの場合接続が可能です。ただし、PC側がHDMI1.0規格のため、、4Kでは表示できなかったり、動画のフレームレートが低く紙芝居のような画像になる恐れがあります。

参考:HDMIケーブルを選ぶポイント
http://hdmi.hypertools.jp/knowledge/000024.html

2)PC(DVI)+DVIデュアルリンクケーブル+2560X1440のモニタ
この場合はPC側のDVI出力が、デュアルリンクに対応していれば正常に表示されます。デュアルリンクに対応していない場合は、うまく表示ができません。

3)PC(HDMI2.0あり)+MDMIケーブル(ハイスピード)+モニタ(1920X1080)
この場合は1920X1080の表示はきちんとできますが、それ以上の解像度でモニタに表示することはできません。

注:この記事は「俺のPCモニタがこんなに可愛いわけがない」を閉鎖/移転しました。

 

人気ブログランキングへ

    About comments

    申し訳ありませんが、日本語のコメントのみを承認しています。 Sorry, only for Japan to approve. 죄송 하지만 일본어 코멘트를 승인 하 고 있습니다. 抱歉,只为日本批准。 عذراً، فقط لليابان الموافقة.

    コメントを残す




    CAPTCHA