【旧館からの移転記事】Windows7の59Hz病

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分3秒です。

こちらの記事は自作PCの道楽(旧館)より移転した記事です。

うちのメイン機も59Hz病に罹っている。幸いなことにゲーム機を接続しないので問題はない。BDの視聴にも問題はないのだが、地デジチューナーを取り付けるとだめなのだろうな。

MS Answersでも

Screen refresh rate in Windows 7 does not apply the user selected settings on monitors & TVs (that report specific TV compatible timings)

日本語版はありませんので、今のところは機械翻訳だけとなりますが、ポイントを挙げるとすると「This behavior is by design for monitors and TVs that report only 59.94Hz but not 60Hz. Both 59Hz and 60Hz are translated to 59.94Hz before these values are sent to the driver. Therefore, the display is identical at 59Hz and 60Hz」という事で仕様のようです。

ということから進展無し。

SP1で直るんだろうか?

 


人気ブログランキング

Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

A800009
Windows10レスキューキットEX


A800010
プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

厄介なBSoD、BAD_POOL_HEADER(0x19)、DPC_WATHDOG_VIOLATION
(0x133)の回避機能を実装。

および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

コメントを残す