【Win個別】Win10 homeの実態が明らかになった???

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分53秒です。

保護中: MSの文句は俺に言え【@MSコミュニティー】にelfさんからコメントをいただきました。

平素から、私もブログ中で言及し、ネット上でも同じような意見が多かった「Win10一般ユーザー人柱説」はそう間違えた意見ではなかったようです。




 

================

> 毎度のことだけど、MSは本当に欠陥を隠すよな。

欠陥と捉えてないんでしょう

「Windows 10」の新アップデート戦略に関する追加情報が明らかに

IP → α版
CB → β版
CBB → リリース版

Microsoftが現在使用している「Current Branch」という用語は、「Semi-Annual Channel(Pilot)」に変更される。

 

同様に、通常Current Branchから4カ月後にリリースされる、「Current Branch for Business」は、今後数カ月の間に「Semi Annual Channel(Broad)」という名称に変わる。

 

CB を使用する限り重大なトラブルを引き起こす可能性が有りいやなら CBB へ変更する他無い訳ですね
HOME と PRO との差は機能差よりテスターに参加させられているって事での価格差では?

================

 

Win10 Pro以上では下の画像の様に更新のオプションを選択することが可能です。

 

 

ところがご存知のようにWin10 homeの更新は配信を選べません。「何が何でも、更新は導入されてしまう」ことになります。(しちめんどくさいツールはありますけどね…)

通常Win10 PCを購入した場合は、ほとんどの場合home Ver.でありユーザーも多いのにもかかわらず、「人柱er・テスター」状態であるということをMSがはっきりと認めてしまったようなものです。

いい加減に「出したものをひっこめるのは嫌だ!!!」などと駄々をこねるのはやめてほしいものです。

以前の様に「ロールアップではなくKB個別に配信」、「導入するKBを選択できる」、この状態に戻した方がよほどましで、不具合の連発に対する文句も少なくなり、不具合に対処も簡単になると考えるのは私だけでしょうか?

それにしても「名称変更」で対応とは、「姑息と云うか、へそ茶」と感じてしまうのは「私のへそが曲がっている」ということなんですかね…。

 


人気ブログランキング

Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

A800009
Windows10レスキューキットEX


A800010
プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

厄介なBSoD、BAD_POOL_HEADER(0x19)、DPC_WATHDOG_VIOLATION
(0x133)の回避機能を実装。

および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

コメントを残す