お知らせ

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
Google+ページ

サイト内検索

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

ab○が馬鹿だと思った件

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分35秒です。

◎ 個人的には、「ab○が馬鹿だと思った件」というより「確信犯」と考えています…。

消費税の増率を延期するとか、あまりにも馬鹿げている。

本気であるならば、実に簡単な手段があった。

企業が給料を上げないのなら、社会保険料を上げて企業と労働者の負担割合を変更することで手取り額を減らすことなく「実質的な賃上げを導入」することができたと思う。

例:
現状で20万円の給与(社会保険は折半なので)労働者1万円+企業1万円 ⇒ (1対2に変更して)労働者1万円+企業2万円、労働者の手取りは18万円で変わらない。

加入要件の抜け道をふさぐなどと同時に実行したら、いくらでも実効性のある施策はとれたと思う。

この先は、自分を助けるものだけが生き残ることのできる時代が目の前と思う。

    2 Responses to “ab○が馬鹿だと思った件”

    1. 成蹊大学法学部卒業のAbe心臓ですが、法学部を卒業しているのに「芦部」憲法を一度も読んだことがないほどの「阿呆」。だから、こやつは「呆学部」の出身なのです

    コメントを残す