お知らせ

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

重要
当サイトの広告で「最新のWindowsが1,980円」というようなものが表示されることがあります。自動ローテーションの広告でサイト運営者がブロックしても再度表示されるようです。メールでお問い合わせをいただきましたが、当サイトで推奨しているものではありませんのでご注意ください。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

109人の購読者に加わりましょう

モニタの大きさ(2)

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分44秒です。

===== 注 =====

こちらの記事は、はてなダイアリーに掲載していた「自作PCの道楽」より移動した記事です。

===== 注釈終わり =====

よく価格.comを見るのだがモニタの項で1インチ辺りの価格というのがある。これはとても変な数字だ。なぜかというと、たとえば同じ規格のものなら1.1421倍のインチになると面積は2倍になるからだ。

たとえば同じ1920x1080の19インチモニタと26インチモニタで2万円のものと4万円のものがあると1平方インチ辺りの単価は同等なのにカカクコムの単価比較だとインチ辺り1053円/1481円となり27インチの品が割高に見えてしまう

PC部品だけではなく,普段の生活でも数字のマジックやだましのテクニックでごまかされてしまうことがある。

本当に必要なもの、本当に欲しいものを見分けたり,自分の中に確固として持っている人間になりたいものだと思う。

 


人気ブログランキング

コメントを残す