お知らせ

ご利用ください
【お知らせ】【WinUp個別】Bitlocker関連過去記事リンク【2018/10/13】

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

262人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】Win7とWin8.1にKB配信(Win10にも近々配信される???)【2018/4/7】

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分3秒です。


Win7に、3月分の品質ロールアップ「KB4088875・KB4088878・KB4088881」が配信されたようです。

 

また、もう少し時間がたたないとご配信なのかどうかはっきりしないのですが、私の手元ではWin8.1にも(最終変更日時:は2015/08/10のままになっています)Windows Defender のマルウェア対策のプラットフォームの更新プログラム関連のWindows 8.1 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3038936)が配信されてきました。

 

なお、Win8.1のKB3038936が誤配信でなければ4/3付でMSセキュリティ TechCenterにCVE-2018-0986 | Microsoft Malware Protection Engine のリモートでコードが実行される脆弱性という記事がリリースされているためと考えられますので、Win7/10にも同様のものが近々配信されてくる可能性があります。

追記
手元のWin7機で4/3付のKB2952664とKB99950が落ちてこない機材があり、クリーンブートすると配信されましたので原因になっているソフトを特定してみました。私のケースではiTunesと同時にインストールされたもろもろをアンインストールするとKB2952664とKB99950が配信されるようになりました。

確定的なことは何も言えないのですが、同様の方もいらっしゃるかもしれません。

KBが配信されない、放置しておかないと来ないなどという症状があり、「FixitやWinUpのリセットなどを実行しても効果がない」という方は試してみるとよいかもしれません。

 

Win7
Win7の3個のKBは4/4付にリリースノートが更新されていますが、今のところ(3月配信分が導入された環境では)自動配信されません。ただし、非表示にしていた場合は復活してくるようですから、何らかの改変があったのは間違いないと考えられますが内容は不明です。

なお、三個とも最終更新日は4/4になっているのですが、リリースノートの日付は古い日付のままになっています。

さらに、KB導入順序があるかも…と考えられるような記述があるため、その点も注意が必要です。

 

KB4088875ダウンロードページ
2018-03 x64 ベース システム用 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4088875)
2018年3月13日-KB4088875(毎月のロールアップ)
このKBには、8個の既知の問題があり改善されているかどうかわかりませんので必ず確認してください。

導入後に以下の操作をすることで問題が解決するという記述がありますので、またまたKB導入順番の問題が発生する可能性もあるかもです…。

Internet Explorerの累積的なセキュリティ更新プログラム:2018年3月23日を適用する

・この問題はKB4099950によって解決され、この更新プログラムのインストール時に自動的に適用されます

・この問題を解決するには、KB4099467の更新プログラムを適用します。

さらに、以下の記述もありますのでこのブログとしては「導入順序に依存して不具合が発生しないか様子見は必須」としたいと思います。

ノート
重要 この更新プログラムを適用した直後にKB4100480を適用してください 。KB4100480は、Windowsの64ビット(x64)バージョンのWindowsカーネルにおける特権脆弱性の脆弱性を解決します。この脆弱性は、CVE-2018-1038に記載されています。

 

KB4088881ダウンロードページ
2018-03 x64 ベース システム用 Windows 7 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4088881)
2018年3月23日-KB4088881(月間ロールアップのプレビュー)
上のKB4088875と同じ注意点があります。

 

KB4088881ダウンロードページ
2018-03 x64 ベース システム用 Windows 7 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4088881)
2018年3月23日-KB4088881(月間ロールアップのプレビュー)
上のKB4088875と同じ注意点があります。

 

Win8.1
KB3038936ダウンロードページ
Windows 8.1 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3038936)
Windows 8.1 で Windows 8 の Windows Defender のマルウェア対策のプラットフォームの更新プログラムを 2015年 8 月 

このKBに関しては私の手元での誤配信の可能性もあるのですが、、ブログ内のコメント欄でelfさんから提供していただいた情報の日付/内容などを考えると「このKBも(詳細ページの日付などは古いままなのですが実は)更新されたものが配信された」という可能性があります。

 

参考:Windows Defenderに関するアナウンス@MSセキュリティ TechCenter
CVE-2018-0986 | Microsoft Malware Protection Engine のリモートでコードが実行される脆弱性

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング

コメントを残す