お知らせ

お知らせ1
2017/年12月29日より当分の間、旧サイトから新館に記事を移動した際に「記事更新お知らせメール」が発信されてしまうと思います。350記事程度あり、移転完了までの間「お知らせメールを受信設定されている方」にはご迷惑をおかけしますがご寛容ください。

お知らせ2
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

212人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】Win7とWin8.1にオプションKB配信【2018/3/24】

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分17秒です。


Win7にKB4088881、Win8.1にKB4088882が来ています。

 

なお、手元のPC(Win7x64)でKB4088875導入後にインターネット関連の障害が発生したのですが、どういうわけか無線LANから有線LANにアダプターを切り替えたところ正常に動作しました。(トラブルシューティングでは改善なし)手元環境のみのことでありすべての環境で有効かどうかは不明ですが、同様の切り替えが可能な方はトラブルが発生するケースでは試してみるとよいかもしれません。

 

Win7
KB4088881ダウンロードページ
2018-03 x64 ベース システム用 Windows 7 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4088881)
テレメトリ入りとなるようです。メモリリークによるBSoDが発生し疑わしいなど、当該する不具合が発生していない環境では無理に導入する必要はありません。

実のところ、ありていに言って「このアップデートの既知の問題」を見る限り「PAEモード、SSE2、ネットワークなどの問題」を内包していますので導入は見合わせるべきKBと考えています。少なくともMSより修正があるまでは見合わせです。

2018年3月23日-KB4088881(月間ロールアップのプレビュー)

改善と修正
この非セキュリティ更新プログラムには、KB4088875(2018年3月13日リリース)の 一部であった改善点および修正点が 含まれており、次回の月次ロールアップ更新プログラムのプレビューとして、

カーネルの信頼性を向上させ、アプリケーションがマルチプロセッサシステムで予期しないメモリ内容を持つ可能性のある問題に対処します。
ユニバーサルCRTの_gcvtおよび_gcvt_s機能のパフォーマンスが低下する問題を解決しました。
ファイルまたはパイプへの出力が、標準エラー(STDERR)ストリームのUniversal CRTで完全にバッファされていた問題を解決します。
fopen()関数をサポートするために “x”アクセスモードフラグを追加することにより、Universal CRTでの問題を解決します。
グローバルロケールを更新するときに発生するユニバーサルCランタイム(CRT)の競合状態で問題が発生します。この問題により、現在のロケール参照カウントが破損し、2回の空き状態が発生します。
解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。

 

このアップデートの既知の問題
症状
この更新プログラムをインストールすると、SMBサーバーがメモリをリークすることがあります。

回避策
マイクロソフトは決議に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

症状
この更新プログラムが物理アドレス拡張(PAE)モードが無効な32ビット(x86)マシンに適用されている場合、停止エラーが発生します。

回避策
マイクロソフトは決議に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

症状
停止エラーは、SIMD(Streaming Single Instructions Multiple Data)2(SSE2)をサポートしていないマシンで発生します。

回避策
マイクロソフトは決議に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

症状
一部のバージョンのウイルス対策ソフトウェアに影響する問題があるため、この修正は、ウイルス対策ISVが「許可」を更新したコンピュータにのみ適用されます。

回避策
ウイルス対策ソフトウェアの製造元に問い合わせて、ソフトウェアが互換性があり、コンピュータで次のREGYYを設定していることを確認してください。

Key = “HKEY_LOCAL_MACHINE” Subkey = “SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ QualityCompat”

値の名前= “cadca5fe-87d3-4b96-b7fb-a231484277cc”

タイプ= “REG_DWORD”

データ= “0x00000000”

症状
このアップデートを適用すると、既存のvNICの代わりにデフォルトの設定で新しいイーサネット仮想ネットワークインターフェイスカード(vNIC)が作成され、ネットワークの問題が発生する可能性があります。以前のvNICのカスタム設定はレジストリに残っていますが使用されていません。

回避策
既知の問題1のKB3125574(簡易ロールアップ)に記載された解決策を適用してください。

新しいイーサネット仮想ネットワークインターフェイスカード(vNIC)が、既存のvNICの代わりにデフォルト設定で作成され、ネットワークの問題を引き起こす可能性があります。以前のvNICのカスタム設定はレジストリに残っていますが使用されていません。

症状
この更新プログラムを適用すると、IPアドレスの設定が失われます。

回避策
マイクロソフトは決議に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

 

Win8.1
KB4088882ダウンロードページ
2018-03 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4088882)
こちらのKBも無理に導入する必要はありません。

2018年3月22日-KB4088882(月間ロールアップのプレビュー)

改善と修正
この非セキュリティ更新プログラムには、KB4088876(2018年3月13日リリース)の一部であった改善点および修正点が含まれており、次回の月次ロールアップアップデートのプレビューとしてこれらの新しい品質改善が含まれています。

iSCSI RESETがクラスタフェールオーバーを引き起こす可能性がある問題を解決します。

2つのサーバー間でオフラインデータ転送を使用する場合、宛先ファイルに余分なバイトが追加される可能性があります。

WMIがクエリに応答しなくなり、256 MBのWMIアービトレータのメモリ制限を超えた後にWMI依存の操作が失敗する問題が解決されます。高いWMIメモリ使用率を経験するか、エラーWBEM_E_INVALID_CLASSまたはWBEM_E_NOT_FOUNDを返すコンピュータでこの更新プログラムをインストールする必要があります。詳細については、KB4096063を参照してください。

SRWロックが解放されていないためにサーバーログオンが応答しなくなる問題を解決しました。

コンソールまたはRDPでカスタム資格プロバイダを使用しているときに、顧客がWindows 2012 R2サーバーにサインインできない場合がある問題を解決しました。
ユニバーサルCRTの_gcvtおよび_gcvt_s機能のパフォーマンスが低下する問題を解決しました。
ファイルまたはパイプへの出力が、標準エラー(STDERR)ストリームのUniversal CRTで完全にバッファされていた問題を解決します。
fopen()関数をサポートするために “x”アクセスモードフラグを追加することにより、Universal CRTでの問題を解決します。
グローバルロケールを更新するときに発生するユニバーサルCランタイム(CRT)の競合状態で問題が発生します。この問題により、現在のロケール参照カウントが破損し、2回の空き状態が発生します。
解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。

 

このアップデートの既知の問題
症状
一部のバージョンのウイルス対策ソフトウェアに影響する問題があるため、この修正は、ウイルス対策ISVが「許可」を更新したコンピュータにのみ適用されます。

回避策
ウイルス対策ソフトウェアの製造元に問い合わせて、ソフトウェアが互換性があり、コンピュータで次のREGYYを設定していることを確認してください。

Key = “HKEY_LOCAL_MACHINE” Subkey = “SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ QualityCompat”

値の名前= “cadca5fe-87d3-4b96-b7fb-a231484277cc”

タイプ= “REG_DWORD”

データ= “0x00000000”

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング

コメントを残す