お知らせ

ご利用ください
【お知らせ】【WinUp個別】Bitlocker関連過去記事リンク【2018/10/13】

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

251人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】Win10(1809)ではレジストリエディタからのLFS1.1固定が反映されない?【2018/10/4】

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分0秒です。


先ほど1809にアップグレードし、LFS1.1に固定しようと【外付けHDD】新たなファイル消失問題【内蔵HDDも危ない?】で紹介しているレジストリエディタからの操作をしたのですが設定が反映されません…。

 

私はMSコミュニティーをバンされている(TECHNETは何とか大丈夫です)ため、嫁に質問してもらいました。

 

私の環境のせいなのか、それとも仕様変更なのか、答えはどちら???

 

さてさてどうなるのか・・・。

 

Win10(1809)におけるLFSバージョンの固定について

抜粋

アップグレード後に各種設定がリセットされるということでしたので、Win7が現役ということもあり無用なトラブルを避けるためにLFSのバージョンを固定すべく「HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\FileSystemに移動し、DWORD値「NtfsDisableLfsUpgrade」を作成して値のデータを 0から1 に変更」しましたが、再起動後も設定が反映されません。

そこで、いったん削除後に再度作成しなおして値の変更もしてみましたが、やはり反映されません。

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング

2 Responses to “【WinUp個別】Win10(1809)ではレジストリエディタからのLFS1.1固定が反映されない?【2018/10/4】”

  1. 設定が反映されない、の意味不明
    そもそもLfsUpgradeされてるかどうかってどうしてわかるの?

コメントを残す