お知らせ

緊急・重要なお知らせ(2018/1/7)
もしかすると、私と私のショップ「パソコン@ナンデモ」があまり面白くないことに巻き込まれたようです。ジャストアンサーを名乗るページでPC遠隔サポートなどのサービス料金をパソコン@ナンデモ名で請求された場合は絶対に支払わないでください!!!
詳細
【緊急告知】私はジャストアンサーと無関係です

お知らせ1
2017/年12月29日より当分の間、旧サイトから新館に記事を移動した際に「記事更新お知らせメール」が発信されてしまうと思います。350記事程度あり、移転完了までの間「お知らせメールを受信設定されている方」にはご迷惑をおかけしますがご寛容ください。

お知らせ2
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

148人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】Win10(1709)の動作が重くなる + PMEに脆弱性【2017/12/9】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分1秒です。


注:初期公開時PMEをMSSEと記述する錯誤があり訂正しました。

 

今回は、Win10(1709)の動作が重くなる不具合Windows 10/8.1/8に組み込まれた「Windows Defender」やWindows 7向けの「Microsoft Security Essentials」といったMicrosoftのセキュリティ製品で使用されているマルウェアスキャンエンジンPMEに脆弱性というものです。

 

Win10(1709)の動作が重くなる件については、影響範囲やどのソフトで発生しやすいのかなどの詳細情報はまだありません。

 

PMEに脆弱性という件は、自動的に修正パッチが配信されるようですが自動更新を構成していない場合は必ず手動であてるようにしてくださいね。

 

Win10(1709)の動作が重くなる
「Fall Creators Update」でGetPixel/SetPixel関数が遅くなる問題 ~一部アプリの動作速度に影響
Windows 10 Fall Creators Update での GetPixel、SetPixel 関数の処理速度について

こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。

今回は Windows 10 Fall Creators Update 環境で GetPixel および SetPixel 関数の処理速度が、Windows 10 Creators Update 以前の Windows 10 の処理速度と比較し、遅くなる現象についてご案内いたします。

現象
プログラムの内容にもよりますが、ほぼ同等スペックの Windows 10 Creators Update と Windows 10 Fall Creators Update でGetPixel 、SetPixel 関数の処理速度を GetTickCount 関数を使用して計測した結果Windows 10 Fall Creators Update 上の処理速度は、Windows 10 Creators Update の数倍から数十倍遅くなることが報告されています。

回避策
有効な回避策は確認できていません。

状況
マイクロソフトでは、この問題について調査をしています。進展があり次第、本ブログを更新予定です。

 

PMEに脆弱性
Microsoftのマルウェアスキャンエンジンにまた脆弱性、修正パッチを定例外で緊急公開

 Microsoftは6日、「Microsoft Malware Protection Engine(MPE)」における深刻度“緊急”の脆弱性「CVE-2017-11937」を修正するセキュリティ更新プログラム(修正パッチ)を公開した。

MPEは、Windows 10/8.1/8に組み込まれた「Windows Defender」やWindows 7向けの「Microsoft Security Essentials」といったMicrosoftのセキュリティ製品で使用されるマルウェアスキャンエンジン。Windows Server 2016/2013やMicrosoft Exchange Server 2016/2013も影響を受けるが、デスクトップエクスペリエンス機能がインストールされていないWindows Server 2008 R2は影響を受けない。

また、企業向けの「Windows Endpoint Protection」「Windows Intune Endpoint Protection」「Windows Forefront Endpoint Protection」「Microsoft Forefront Endpoint Protection 2010」でも影響を受ける。

脆弱性があるのは、Microsoft MPEのバージョン「1.1.14306.0」以前。デフォルトの設定では、修正パッチは自動的にインストールされる。更新後のバージョンは「1.1.14405.2」となる。

 


人気ブログランキング

コメントを残す