【WinUp個別】Win10 Defender マルウエア対策プラットフォーム更新プログラム(KB4052623)【2018/6/5】

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。


5/31よりWin10 Defender マルウエア対策プラットフォーム更新プログラム(KB4052623)が配信されています。

 

この配信は適用すべき配信なのですが、導入後に続くDefender Antivirusの定義の更新( 定義 1.269.345.0)が、「インストールの保留中」でインストールが開始されない状態になり、その後更新失敗となるケースがあるようです。(再試行を押下しても失敗します)

 

すべてのケースで当てはまるかは不明ですが、以下の二つの手段で解決するようです。

 

1)そのまましばらく放置しておくと「利用できる更新があります」の画面に代わる場合がある。その後にあらためてインストールする。

 

2)いったん再起動後にもう一度WinUpを検索し、KB2267602が表示されたらインストールする。

なお、解決しない場合はWindows Update トラブルシューティング ツールなどを利用してみてくださいね。

 


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA