【WinUp個別】Win10(RS4・April 2018 Update)第一報【2018/5/1】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。


とりあえずの第一報です。

Win10(RS4・April 2018 Update)は、5/9までは自動更新では落ちてこないようです。(手動では落ちてくるということなのですが、手動という意味が今ひとつわかりません…。

うがった見方をすると、「MSも自信がないので、早いもの好きの新たな人柱erを募集中!!!」というところでしょうか。

 

実際のところは、5/9になっても入れないほうがよさそうなんですよね…。

 

1)メーカー独自のユーティリティーから、画面の明るさ調整ができない、キーボードやタッチパッドなどが使用できなくなるというケースが発生している。(メーカー独自ユーティリティーとのすり合わせがうまくいっていない)

2)例によって各種設定が初期化されてしまう

3)これもいつものことですが、Winの機能を使って以前のVer.に戻そうとすると失敗して戻せない、OSが起動しなくなる…etc。

繰り返しになってしまいますが、なんとなく5/9の第一定例日というこのブログの予想は当たっていたんだけど、さらなる人柱erを募っている感じを強く持ってしまいます。

重要
確認は取れていませんが、いつものメジャーアップデート通りだとすると「チップセットなどの重要ドライバーが、MSの汎用ドライバーに置き換わる現象や正しい名称のままでも不正になるケース」も発生するものと考えられます。

これが起こると、「ファイルやパーティションの消失の原因」となります。

参考記事
【WinUp個別】 Fall Creators Update(RS3)適用時の障害を防止する【2017/10/19】

【確認必須】Windows10でファイルやフォルダが消えてしまう【解決策追加】

【Win10】WinUp設定を従来の手動更新ライクに変更する【ごめん無印は不可】

 

まだまだ情報が少ないため、5/5程度まではこのブログとしても未確定/未検証の情報を上げていくことが中心になっていきます。そのあたりでけっこう情報が集まってきそうですので、5/6にまとめた記事を掲載する予定とします。

それでも今試したいという方は、(5/2までの限定のようですが)以下のリンクでISOをダウンロードできるようですからお試しあれ…。

 

Win10 RS4 X86(32ビット)ダウンロードリンク

 

Win10 RS4 X64ダウンロードリンク

 


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA