お知らせ

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
2017/年12月29日より当分の間、旧サイトから新館に記事を移動した際に「記事更新お知らせメール」が発信されてしまうと思います。350記事程度あり、移転完了までの間「お知らせメールを受信設定されている方」にはご迷惑をおかけしますがご寛容ください。

お知らせ2
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
注:8/1よりJetpackを利用した、連携ができなくなりました。そのため、facebookでは記事更新のお知らせができなくなっています。
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

244人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】Win10第二定例日の配信-Win7/8.1にも来ました【2018/2/28】

この記事を読むのに必要な時間は約 20 分18秒です。


2/28 08:20追記…Win7にも配信があることが判明し、、タイトルと記事を修正しました。

 

Win7にKB4075211とKB2952664、Win8.1にKB4075212とKB2976978か第二定例日の日付で来ています。

 

なお、Win10にKB4077525とKB4077528が来ており、2/22付けなのですが私の手元では今朝になって配信されてきました。

 

なお、Win7には配信がないようです。

 

さらに、私の仮想環境にはネットフレームワークが落ちてきていなかったのですが、2/21付で、Win8.1に4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、.NET Framework 3.5 SP1 の品質プログラムのロールアップ 2018年 2 月のプレビューと Windows 8.1、8.1 の RT と Server 2012 R2 (KB 4074807) 4.7.1が配信されていたようです。

 

このあたり、私のPCにのみ配信が届いていなかったのか、日付と異なり後になって配信が開始されてのかが定かではありません。

重要
今回、Win10の配信には次のような更新が含まれています。

Windows Update の機能強化

マイクロソフトは、信頼性向上のために Windows Update クライアントに直接更新プログラムをリリースしました。 Windows Update から自動的に更新プログラムを受け取るように構成されている Windows 10 (Enterprise および Pro エディションを含む) を実行するすべてのデバイスには、デバイスの互換性と Windows Update for Business の延期ポリシーに基づいて、最新の Windows 10 機能更新プログラムが提供されます。 この更新プログラムは、長期間のサービス エディションには適用されません。

そのため、配信に関する設定がデフォルトに戻されてしまうケースや、ツールを使用した配信のコントロールが無効になってしまうケース、また(現状オプションなので可能性は低いですが)現状配信を止めているPCでも強制的に配信/導入される可能性があります。

これはWinUpポリシーで、WinUpエージェントの更新や重要な更新に関してMSが必要と考えた場合はWinUp設定にかかわらずすべてのPCに強制適用するというMSのポリシーが適用されるかもしれないケースのためです。

Win7
KB4075211ダウンロードページ
2018-02 x86 ベース システム用 Windows 7 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4075211)
2018 年 2 月 22 日 – KB4075211 (マンスリー ロールアップのプレビュー)
手元には今日になってきたのですが、日付は2/22となっています。

機能追加および修正
このセキュリティ以外の更新プログラムには、KB4074598 (2018 年 2 月 14 日リリース) に含まれていた機能強化と修正プログラムが含まれています。また、次回のマンスリー ロールアップ更新プログラムのプレビューとしてこれらの新しい品質強化も含まれています。

タイム ゾーン情報を更新します。

Windows Server 2012 R2 コンピューターに “同じセッションで別のユーザーの偽装トークンを取得します” 特権を適用した後に services.exe が機能しなくなる問題を修正します。 このようなコンピューターでは再起動ループが発生します。 エラー 0x4b8 で SceCli イベント ID 1202 が報告されることがあります。 また、アプリケーション エラー イベント ID 1000 と、障害モジュール名 scesrv.dlland と例外コード 0xc0000409 も報告されることがあります。 この特権は Windows Server 2016 から導入されました。
一定の状況で Internet Explorer 11 を実行すると Microsoft Outlook Web App の動作が遅くなる問題を修正します。
解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。
注:このKBも配信の有無はセキュリティーソフトのレジストリーキーに依存します。

 

KB2952664ダウンロードページ
Windows 7 用更新プログラム (KB2952664)
Windows 7 で Windows を最新の互換性に関する更新プログラム
いわゆる互換性とテレメトリのオプションプログラムです。導入の必要はありません。

 

Win8.1
KB4075212ダウンロードページ
2018-02 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4075212)
2018 年 2 月 22 日 – KB4075212 (マンスリー ロールアップのプレビュー)
注:更新日付は2/22になっているのですが、自分の手元では2/27の夕方に落ちてきました。

機能追加および修正
のセキュリティ以外の更新プログラムには、KB4074594 (2018 年 2 月 14 日リリース) に含まれていた機能強化と修正プログラムが含まれています。また、次回のマンスリー ロールアップ更新プログラムのプレビューとしてこれらの新しい品質強化も含まれています。

ログイン中の iSCSI ターゲット リダイレクトによって STOP エラー 9f が発生する可能性がある問題を修正します。

Windows Server 2012 R2 コンピューターに “同じセッションで別のユーザーの偽装トークンを取得します” 特権を適用した後に services.exe が機能しなくなる問題を修正します。 このようなコンピューターでは再起動ループが発生します。 エラー 0x4b8 で SceCli イベント ID 1202 が報告されることがあります。 また、アプリケーション エラー イベント ID 1000 と、障害モジュール名 scesrv.dlland と例外コード 0xc0000409 も報告されることがあります。 この特権は Windows Server 2016 から導入されました。

タイム ゾーン情報を更新します。

更新後に unidrv.dll が更新されない問題を修正します。

グループ ポリシー オブジェクト (GPO) からスケジュールされたタスクを作成するときに Microsoft 管理コンソールが応答しなくなる問題を修正します。

ファイル転送中にサーバー エラーが発生することがある問題を修正します。 エラーは “Stop D1 in tcpip!TcpSegmentTcbSend” です。

Hyper-V クラスターのバックアップ中に大規模なスナップショットが作成される場合に、Spaces ボリュームがオフラインになった後にオンラインにならない可能性がある問題を修正します。この問題が発生した後に Space ボリュームを回復するには、この更新プログラムをインストールしてから、KB4089120 で説明されている手順に従います。

クリップボード コピー通知の処理中に Microsoft 管理コンソールが動作を停止する問題を修正します。

セッションの最大数に達するとリモート デスクトップ クライアントが一般的なエラー メッセージを返す問題を修正します。 これは、RDMS コンソールを使用してセッションの最大数が設定されている場合に発生します。

Windows Server 2012 R2 のフェールオーバー クラスター ノードで NFS 動作状況のログが有効になっている状態で NFS リソースがホストされている場合に STOP 0x9E エラーが発生する可能性がある問題を修正します。

.NET 4.7 のインストール後に新しい DFS レプリケーション グループを作成するか、DFS 管理スナップイン内の既存のレプリケーション グループにメンバーを追加するとエラーが発生する問題を修正します。 エラーは “値が有効な範囲内にありません。” です。

システムのメモリが少なくなると、パケットを暗号化する SMB 書き込み操作によって RDR_FILE_SYSTEM (27) でエラーが発生する可能性がある問題を修正します。

読み取り専用ドメイン コントローラー (RODC) コンピューターでスケジュールされていない再起動を発生させる LSASS.exe のクラッシュを修正します。 ログに記録されるイベントには以下のようなものがあります。
USER32 イベント 1074: LSSAS.exe が予期せず終了しました (状態コード -1073740286)。
WINNIT イベント 1015: LSSAS.exe が失敗しました (状態コード – c0000602)。
APPLICATION ERROR イベント 1000; LSSAS.exe バージョン 6.3.9600.16384 および ESENT.dll バージョン 6.3.9600.16384 に問題があります。
サーバーが、サブスクリプションを介した分析のために、セキュリティ イベント ログをセントラル サーバーにプッシュするように構成されている問題を修正します。 WinRM イベント クエリがターゲットサーバーからエラー “0x6c6 (RPC_S_INVALID_BOUND)” を返します。

サーバー メッセージ ブロック (SMB) ファイル共有がスケールアウト ファイル サーバー (SOFS) のリソースで作成されないことがある問題を修正します。 これは、所有者ノードがドレインされ、リソースがフェールバックし、システム稼働時間が 25 ~ 49 日の間である場合に発生します。

certutil.exe -MergePfx コマンドで複数の V1 証明書用のマージされた EPF ファイルを生成できない問題を修正します。

入出力要求の調整中に MPIO のフェールオーバーが発生した場合に使用可能なすべてのパスが失敗する可能性がある問題を修正します。
解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題
現象
一部のバージョンのウイルス対策ソフトウェアに影響する問題があるため、この修正プログラムは、ウイルス対策 ISV が ALLOW REGKEY を更新したコンピューターにのみ適用されます。

回避策
ご利用のソフトウェアに互換性があり、コンピューターに次の REGKEY が設定済みであることを確認するには 、ウイルス対策ソフトウェアの製造元に問い合わせてください。

キー=”HKEY_LOCAL_MACHINE” サブキー=”SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\QualityCompat”

値の名前=”cadca5fe-87d3-4b96-b7fb-a231484277cc”

種類=”REG_DWORD”

データ=”0x00000000”

 

KB2976978ダウンロードページ
Windows 8.1 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2976978)
Windows 8.1 と Windows 8 の Windows を最新の状態に維持するための互換性に関する更新プログラム
いわゆる互換性とテレメトリのオプションプログラムです。導入の必要はありません。

 

 

Win10
KB4077525ダウンロードページ
2018-02 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積更新プログラム (KB4077525)
2018 年 2 月 22 日 – KB4077525 (OS ビルド 14393.2097)

機能追加および修正
この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

Citrix XenApp のユーザーが Ctrl キーを押しながら F1 キーを押すことによってパスワードを変更できない問題を修正します。

Performance Log Users グループのメンバーにエラー “アクセスが拒否されました。(HRESULT からの例外: 0x80070005 (E_ACCESSDENIED))” が返される問題を修正します。 このエラーは、パフォーマンス カウンターのログ記録のスケジュール設定、トレース プロバイダーの有効化、またはトレース情報の収集を試みると発生します。

WinRM イベント クエリがターゲットサーバーからエラー “0x6c6 (RPC_S_INVALID_BOUND)” を返す問題を修正します。 このエラーは、サーバーが、サブスクリプションを使用した分析のために、セキュリティ イベント ログをセントラル サーバーにプッシュするように構成されている問題を修正します。

Microsoft Outlook への認証が、条件付きアクセスを使用すると失敗する問題を修正します。

認証を行う DC の再起動後にスマート カード ログオンがエラー “スマート カードを使用したサインインは、このアカウントでサポートされていません。…” によって失敗する問題を修正します。 認証を行う DC のシステム イベント ログに KDC のイベント 19 と Kerberos ディストリビューションのイベント 29 が記録されます。 スマート カード ログオンに適した証明書が見つからないというログの内容です。

Certutil.exe -MergePfx コマンドで複数の V1 証明書用のマージされた EPF ファイルを生成できない問題を修正します。

SM3 暗号化ハッシュ アルゴリズムが TPM デバイスでサポートされていない問題を解決します。 この問題が発生したユーザーは、TPM が初期化されなかったことに気付いています。

ユーザーが OS のアップグレードまたは LCU の更新を試みると 0x06d9 エラーが発生する問題を修正します。 システムは自動的に直前のバージョンのアップグレードまたは更新に戻ります。

ファイル転送中にサーバー エラーが発生することがある問題を修正します。 エラーは“Stop D1 in tcpip!TcpSegmentTcbSend” です。

リモート認証ダイヤルイン ユーザー サービス (RADIUS) サーバー名がワイヤレス ネットワークに接続するときに認証されない問題を修正します。

ログイン中の iSCSI ターゲット リダイレクトによって STOP エラー 9f が発生する可能性がある問題を修正します。

ディスクの削除が保留されている場合にパススルー SCSI 要求によって STOP エラーが発生する可能性がある MPIO の問題を修正します。

すべてのパスが [アクティブ] または [最適化されていない] の状態であるときに MPIO パス選択アルゴリズムをドキュメントと一致するように更新します。

StorNVMe の遅延機能によってアプリケーションの起動時に CPU 使用率が少し上昇する可能性がある問題を修正します。

1 つのファイルの複数のビューをより徹底的にマッピング解除することによって ReFS のパフォーマンスを向上させます。 大規模な ReFS メタデータ ストリームに対応するためにチューニングできる追加のレジストリ パラメータについては、KB4090104 を参照してください。

ハッシュ テーブルからアイドル状態のコンテナーを削除することによって ReFS のパフォーマンスを向上させます。

統合書き込みフィルターと接続されている USB ハブを使用して起動すると STOP エラー E1 が発生する可能性がある問題を修正します。

インターネット接続サービス (ICS) の接続が OS の再起動または ICS サービスの再起動中に維持されない問題を修正します。 KB4055559 で説明されているオプションの EnableRebootPersistConnection レジストリ キーを使用してこのソリューションを有効にすることもできます。

正しい SDN Network Manager の情報を使用してパブリック IP をクリーニングします。

更新された Google Chrome 要件と互換性のない証明書の透明性 (CT) に対する ADCS のサポートを追加します。 CT とは、証明機関がセキュリティを向上させるために証明書のメタデータを記録し、公開するために使用する技術です。

公開で信頼されている SSL/TLS 証明書の証明書の透明性 (CT) に対する ADCS のサポートを追加します。

ディレクトリ サービスの変更の監査イベント 5136 の [値] フィールドに情報がない問題を修正します。 これは、Windows Server 2016 ドメイン コントローラー上のオブジェクトの属性を変更すると発生します。 この問題は、PowerShell コマンド (Add-ADGroupMember または Set-ADGroup) を使用して、識別名ではなくユーザーの ID を使用するグループにメンバーを追加すると発生する可能性があります。

ADFS ファームに Windows Internal Database (WID) を使用するサーバーが少なくとも 2 つある場合に HTTP 500 エラーが発生する問題を修正します。 このシナリオでは、Web アプリケーション プロキシ (WAP) サーバーでの HTTP 基本事前認証が一部のユーザーの認証に失敗します。 このエラーが発生すると、WAP イベント ログに Microsoft Windows Web アプリケーション プロキシ警告イベント ID 13039 も表示される場合があります。 その説明として、“Web アプリケーション プロキシはユーザーの認証に失敗しました。 事前認証は ‘リッチ クライアント向け ADFS’ です。 指定されたユーザーには指定された証明書利用者にアクセスする権限がありません。 対象の証明書利用者または WAP の証明書利用者の承認規則を変更する必要があります。” と表示されます。

認証中に AD FS が prompt=login を無視できなくなる問題を修正します。 パスワード認証が使用されていないシナリオをサポートするために、[無効] オプションが追加されました。 詳細については、「AD FS ignores the “prompt=login” parameter during an authentication in Windows Server 2016」(英語情報) を参照してください。

認証オプションとして [証明書] を選択する承認済み顧客 (および証明書利用者) が接続に失敗する AD FS の問題を修正します。 この問題は、Windows 統合認証 (WIA) が有効になっており、要求が WIA を実行できる場合に prompt=login を使用すると発生します。

ID プロバイダー (IDP) が OAuth グループの信頼パーティ (RP) に関連付けられている場合、AD FS が Home Realm Discovery (HRD) ページを誤って表示する問題を修正しました。 複数の IDP が OAuth グループの RP に関連付けられていない限り、ユーザーに HRD ページは表示されません。 代わりに、ユーザーは認証のために関連付けられている IDP に直接移動します。

絶対 URI を使用する (相対 URI の代わりに) 一部のリモート デスクトップ プロトコル (RDP) クライアントが Web アプリケーション プロキシ (WAP) サーバーにブロックされてリモート デスクトップ ゲートウェイに接続できない問題を修正します。 これは、iOS、Mac、Android 上の RDP クライアントと Windows の最新の RDP クライアントに影響を与えていました。 エラーは “エラーが発生してゲートウェイに接続できませんでした。 この問題が引き続き発生する場合は、詳細について、管理者または技術サポート担当にお問い合わせください。 エラー コード: 0x03000008。” です。

GPMS レポートで以下のいずれかのエラーのリンクを選択するとコンテンツが表示されない問題を修正します。

エラー: ‘XMLSerializer’ が未定義です。

‘DOMParser’ が未定義です。

サーバーの実行に失敗しました。

最適化済みの 2.2 TB 未満のファイルが、更新されて 2.2 TB を超えると、重複除去プロセスによって破損する可能性がある問題を修正します。

2.2 TB より大きいファイルで重複除去スクラブを実行するとファイルが常に破損ファイルとしてマークされる (破損していなくても) 問題を修正します。

.NET 4.7 のインストール後に新しい DFS レプリケーション グループを作成するか、DFS 管理スナップイン内の既存のレプリケーション グループにメンバーを追加するとエラーが発生する問題を修正します。 エラーは “値が有効な範囲内にありません。” です。

.NET 4.7 のインストール後にフェールオーバー クラスター管理 UI のクラスターの作成ウィザードの [サーバーの選択] ページで [参照] を選択するとウィザードが予期せず閉じる可能性がある問題を修正します。
リモート アシスタンス セッション中に日本語キーボードのレイアウトが適切に動作しない問題を修正します。
リモート デスクトップの VDI コレクションへのログオンが一定期間のサーバー稼働時間が経過した後に失敗するようになる問題を修正します。 パフォーマンス カウンターのリモート デスクトップ接続ブローカー リダイレクター カウンターセット/RPC コンテキストがログオン時間中に増分的に増加します。 値が 40 に達すると、ファームへの新しい接続が失敗するか、タイムアウトします。
以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

Windows Update の機能強化

マイクロソフトは、信頼性向上のために Windows Update クライアントに直接更新プログラムをリリースしました。 Windows Update から自動的に更新プログラムを受け取るように構成されている Windows 10 (Enterprise および Pro エディションを含む) を実行するすべてのデバイスには、デバイスの互換性と Windows Update for Business の延期ポリシーに基づいて、最新の Windows 10 機能更新プログラムが提供されます。 この更新プログラムは、長期間のサービス エディションには適用されません。

注:このKBも配信の有無はセキュリティーソフトのレジストリーキーに依存します。

 

KB4077528ダウンロードページ
2018-02 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 の累積更新プログラム (KB4077528)
2018 年 2 月 22 日 – KB4077528 (OS ビルド 15063.936)

機能追加および修正
この更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 新しいオペレーティング システム機能は導入されていません。 主要な変更点としては、次のようなものがあります。

アプリケーションが Get/SetWindowWord、Get/SetWindowLong、または Get/SetWindowLongPtr を使用して、別のプロセスに属するウィンドウの属性を読み書きできない問題を修正します。

Internet Explorer が応答を停止し、それによってデスクトップの表示が遅れ、[スタート] メニューが応答しなくなり、一部のシステム トレイ アイコンが表示されなくなる問題を修正します。

Performance Log Users グループのメンバーにエラー “アクセスが拒否されました。(HRESULT からの例外: 0x80070005 (E_ACCESSDENIED))” が返される問題を修正します。 このエラーは、パフォーマンス カウンターのログ記録のスケジュール設定、トレース プロバイダーの有効化、またはトレース情報の収集を試みると発生します。

Microsoft Outlook への認証が、条件付きアクセスを使用すると失敗する問題を修正します。

一定の Device Guard 規則によりシステムが動作を停止する可能性がある信頼性の問題を修正します。

ユーザーが OS のアップグレードまたは LCU の更新を試みると 0x06d9 エラーが発生する問題を修正します。 システムは自動的に直前のバージョンのアップグレードまたは更新に戻ります。

ファイル転送中にサーバー エラーが発生することがある問題を修正します。 エラーは“Stop D1 in tcpip!TcpSegmentTcbSend” です。

印刷サーバー名にワイルドカード文字 (*、?) が含まれているためポイント アンド プリントの制限グループ ポリシーが有効にならない問題を修正します。

リモート認証ダイヤルイン ユーザー サービス (RADIUS) サーバー名がワイヤレス ネットワークに接続するときに認証されない問題を修正します。

ログイン中のiSCSI ターゲット リダイレクトによって STOP エラー 9f が発生する可能性がある問題を修正します。

待機時間が長いシナリオにおいてサーバー側のパフォーマンスの回帰と転送率の低下を発生させる問題を修正します。

インターネット接続サービス (ICS) の接続が OS の再起動または ICS サービスの再起動中に維持されない問題を修正します。 KB4055559 で説明されているオプションの EnableRebootPersistConnection レジストリ キーを使用してこのソリューションを有効にすることもできます。
以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決したセキュリティに関する脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。

Windows Update の機能強化

マイクロソフトは、信頼性向上のために Windows Update クライアントに直接更新プログラムをリリースしました。 Windows Update から自動的に更新プログラムを受け取るように構成されている Windows 10 (Enterprise および Pro エディションを含む) を実行するすべてのデバイスには、デバイスの互換性と Windows Update for Business の延期ポリシーに基づいて、最新の Windows 10 機能更新プログラムが提供されます。 この更新プログラムは、長期間のサービス エディションには適用されません。

注:このKBも配信の有無はセキュリティーソフトのレジストリーキーに依存します。

コメントを残す