【WinUp個別】Win10のネットワークの場所がパブリックに戻されてた件【2017/12/26】

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。


こちらの事象は、もう障害/不具合というよりも仕様というべき事柄でどうにもならないのですが、ちょっと油断していたらWin10のネットワークの場所が職場からパブリックに戻されていました…。

 

腹立たしいというか、Win10は普段使いしておらず「ほとんどWinUpの検証やトラブルの検証にしか使用していないため気が付いていなかった」というのは油断です…。

 

ここ二か月ぐらいのどこかの時点「Win10のデフォルトの場所であるパブリック」に戻されていたようなのですが時期ははっきりしません。皆さんの手元でも確認してみるとよいのかなと思い記事にしました。

パブリックに設定されてしまうと(セキュリティー確保のため)「ネットワークに共有PCが表示されなくなったり、共有ファイルが見えなくなる、リモートアシスタンス接続ができなくなるなどいろいろな不都合?」と感じられる動作になってしまいます。

注:私は体験していませんが、パブリックに戻されるのと同時に「ファイヤーウオールの(例外)設定や共有の設定」もデフォルトに戻されてしまう場合があるらしいです…。

 

参考
Windows10のネットワーク【プライベート】と【パブリック】の違い

 

高速スタートアップ・電源オプション・コルタナさんなどなど様々な設定が、WinUp時にデフォルトに巻き戻されてしまうことがあるというのは皆さんもよくご存知のことと思います。

 

・・・が、これっていい加減に何とかしてほしいですよね。

 


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA