【WinUp個別】OutLook(+Win Live Mail)でmc80u.dllがないという場合の対処【2017/11/23】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。


先月ぐらいから発生しているようなのですが、OutLook(+Win Live Mail)で「mc80u.dllがない」という場合にマイクロソフトのサイトから、以下の日本語版ををダウンロードして導入すると、msvcr80.dllがMicrosoftによって提供された最新のコピーに置き換えられ/復元されるという情報がありました。

 

障害が発生している方は試してみてくださいね。

 

なお、環境によってはMicrosoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ MFC のセキュリティ更新プログラム導入できない場合があります

 

注:
LiveMail2012はサポートが終了しています。

セキュリティーソフトをいったんアンインストールすると改善する場合がありますが、再インストールすると再発することもありその場合は、セキュリティソフトを変更してみる、障害の出ないWebメールなどを使用することになります。

 

セキュリティーソフトをいったんアンインストールしてみて改善しない場合は、通常は以下の二つを試します。

Office アプリケーションを修復する

Microsoft Outlook が起動しない時のトラブルシューティング

 

この二つで直らない場合に、マイクロソフトのサイトから、以下の日本語版ををダウンロードして導入してみてください。導入すると、msvcr80.dllがMicrosoftによって提供された最新のコピーに置き換え/復元されて直る場合があるようです。試してみてくださいね。

Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ MFC のセキュリティ更新プログラム

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA