お知らせ

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

130人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】OutLook(+Win Live Mail)でmc80u.dllがないという場合の対処【2017/11/23】

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分26秒です。


先月ぐらいから発生しているようなのですが、OutLook(+Win Live Mail)で「mc80u.dllがない」という場合にマイクロソフトのサイトから、以下の日本語版ををダウンロードして導入すると、msvcr80.dllがMicrosoftによって提供された最新のコピーに置き換えられ/復元されるという情報がありました。

 

障害が発生している方は試してみてくださいね。

 

なお、環境によってはMicrosoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ MFC のセキュリティ更新プログラム導入できない場合があります

 

注:
LiveMail2012はサポートが終了しています。

セキュリティーソフトをいったんアンインストールすると改善する場合がありますが、再インストールすると再発することもありその場合は、セキュリティソフトを変更してみる、障害の出ないWebメールなどを使用することになります。

 

セキュリティーソフトをいったんアンインストールしてみて改善しない場合は、通常は以下の二つを試します。

Office アプリケーションを修復する

Microsoft Outlook が起動しない時のトラブルシューティング

 

この二つで直らない場合に、マイクロソフトのサイトから、以下の日本語版ををダウンロードして導入してみてください。導入すると、msvcr80.dllがMicrosoftによって提供された最新のコピーに置き換え/復元されて直る場合があるようです。試してみてくださいね。

Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ MFC のセキュリティ更新プログラム

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング

コメントを残す