お知らせ

お知らせ1
2017/年12月29日より当分の間、旧サイトから新館に記事を移動した際に「記事更新お知らせメール」が発信されてしまうと思います。350記事程度あり、移転完了までの間「お知らせメールを受信設定されている方」にはご迷惑をおかけしますがご寛容ください。

お知らせ2
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

212人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】IPv6有効ではWinUpが出来ない場合の対処【2017/12/25】

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分6秒です。


2017/12/26:紹介したMSページ内の折り畳みをリンクと誤記していたため「紹介したページに掲載されている内容」に訂正しました。

対象OS:Win7/8.1/10
WinUpができないケースの中で「IPv6有効ではできない」という場合があるようです。WinUpのFixitなどを実行しても直らず、どうしてできないか不明な場合はIPv6の無効化を試してみてくださいね。

 

今回も散見されますので、IPv6有効/無効の自動切り替えのMS公式のリンクを紹介しておきますね。トラブル時のためにブックマークしておくのもよいかと思います。

紹介したページに掲載されている内容
特定のネットワーク アダプターで IPv6 を無効にする
プレフィックス ポリシーで IPv4 よりも IPv6 を優先する
すべての非トンネル インターフェイスで IPv6 を再有効化する
すべてのトンネル インターフェイスで IPv6 を再有効化する
IPv6 ループバック インターフェイスを除くすべての IPv6 インターフェイスを再有効化する

 

ただしあくまで自己責任での操作となりますし、OSが起動しなくなるというケースもあるように書かれていますので「よくわからないという方は自分一人で操作をしない」ようにした方が良いかもしれません。(または、システムバックアップを取得後に実行してもよいでしょう)

 

Windows で IPv6 またはそのコンポーネントを無効にする方法

重要: インターネット プロトコル バージョン 6 (IPv6) は、Windows Vista 以降のバージョンの Windows で必須の部分です。 マイクロソフトは、IPv6 またはそのコンポーネントを無効にすることは推奨しません。 無効にすると、一部のコンピューターは機能しなくなることがあります。 また、IPv6 を不適切に無効にし、DisabledComponents レジストリ設定を 0xfffffff の値に設定すると、システムのスタートアップが 5 秒間遅延します。 正しい値は 0xff です。 詳細については、「IPv6 for Microsoft Windows: Frequently Asked Questions」(英語情報) の「What are Microsoft’s recommendations about disabling IPv6?」を参照してください。
IPv6 またはそのコンポーネントを自動的に無効化または再有効化する
実行する手順の [ダウンロード] ボタンをクリックします。 次に [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] または [開く] をクリックし、簡易修正ツール ウィザードの手順に従います。

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング

コメントを残す