【WinUp個別】2023年12月第2週のKB配信【2023/12/13】

ステマ規制に関する表示

  当サイトでは、記事本文やサイドバー等に以下が設置されています。御理解の上サイトを利用ください。 1)アフィリエイト広告リンク 2)プロモーション記事 3)記事作成に当たって、販売業者からの提供を受けたハード/ソフト等を使用した記事

この記事を読むのに必要な時間は約 18 分です。

2023年12月第2週の配信情報です。

なお、今月は第4週のプレビュー配信は行われない予定です。

この記事がお役に立てば幸いです。

各OSごとの提供している情報元

手元にWin11(22H2)とWin10(21H2)の実機機材がなくなったため、KB配信情報は以下の内容になります。

また、サポート終了に付きWin8.1とWin10(21H2)のKB配信情報を終了しました。

OS・バージョン 情報提供しているKBの種類
Win11(23H2) AMD CPUの手元実機へ実際に配信されたKBの情報(含むプレビュー)
Win11(22H2) MSページに記載されたロールアップ(含むプレビュー)
Win11(21H2) MSページに記載されたロールアップ(含むプレビュー)
Win10(22H2) Intel CPUの手元実機とAMD CPUの仮想マシンへ実際に配信されたKBの情報(含むプレビュー)

 2023年4月より、ネットフレームワークのKB情報は原則割愛します。(おまけ的な取り扱いとします)

対象 内容
キーワード Windows、KB、定例配信、不具合、障害、Update、アップデート

アップグレード

OS/ソフト Windows、10、11
対象読者 Windows Update関連情報を求める方

 

今回の注意点

・今のところ特にありませんが、既知の不具合には留意してください。

・機材の関係なのか、落ちてこないKBがあったり、配信開始時点で落ちてこずにしばらく時間が経過した後や一旦KBをインストールして再起動した後に再確認するとKBが落ちてくる場合があります。

【WinUp個別】WinUpの確認で落ちてこないKBがある?【2021/1/15】

12/8頃から発生しているWin11/10起動してすぐにフリーズする・固まる不具合

原因は、セキュリティーソフトのAviraです。

・最悪の対応であると思うのですが、サイレント対応で修正済みとのことです。WinUpを実行する前に最新の状態に更新しておいてください。(Aviraのサイトにはこの情報が掲載されていないようです…)

・フリーズしてしまいAviraの更新も出来ないという方や不安だという方は、一度セーフモードで起動してAviraをアンインストールしてください。その後WinUpを実行した後にAviraを再インストールしてくださいね。

OS・Ver.毎のKB配信

OS・Ver.毎のKB配信情報です。

Windows OS 10/11の記事に載っていない各Ver.の重要な更新は以下で確認してくださいね。

Windows 11 の更新履歴

Windows 10 の更新履歴

Win11/10のプレビューリリースの今後の配信予定

・2023/12のプレビューリリース配信は行われない予定です。

・Win10(22H2)のプレビューリリース配信は2023/1が最終回となる予定です。

※ セキュリティ更新プログラムのみが配信される形ということですので、定例更新以外にも臨時のセキュリティ更新プログラムは配信されますし、プレビュー版のセキュリティ更新プログラムは配信されるものと考えられます。

・Win10(22H2)とWin11(23H2)は今まで通り第4週にプレビューリリースが提供されます。

Win11/10の既知の問題

Windows10/11の既知の問題の詳細は、以下のリンク先で確認してくださいね。

当ページに貼り付けた状態では、少々見にくく、テキスト内のリンクをすべて貼るのが困難でもあるため、今月より変更しますのでご了承ください。


Win10(旧Ver.)とWin11の累積の既知の不具合や解決方法は以下のページの左側のメニューから自分が確認したいVer.を選択して見てくださいね。

Windows のリリースの正常性・Windows10/11各バージョンの更新履歴・既知の不具合など

1)上記リンクからページを開く。

2)ページ左側のタブで目的の項目を選択する

3)目的のページが開いたら閲覧する

なお、画像の上部に羂索窓が設置されていますのでこちらも活用してくださいね。

 

Win11(23H2・23H2)

ダウンロードリンク
ロール:KB5033375

2023-12 x64 ベース システム用 Windows 11 Version 23H2 の累積更新プログラム (KB5033375)

2023 年 12 月 12 日 — KB5033375 (OS ビルド 22621.2861 および 22631.2861)

ハイライト
この更新プログラムは、Windows オペレーティング システムのセキュリティの問題に対処します。

機能追加
注: 対応済みの課題の一覧を表示するには、OS 名をクリックまたはタップして折りたたみ可能なセクションを展開します。

Windows 11バージョン 23H2
Windows 11、 バージョン 22H2
このセキュリティ更新プログラムには、更新プログラム のKB5032288 (2023 年 12 月 4 日にリリース) の一部であった機能強化が含まれています。 この KB をインストールする場合:

この更新プログラムにより、内部 OS 機能に対するその他のセキュリティの強化が行われます。 このリリースについて追加の問題は記録されていません。

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい更新プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

セキュリティの脆弱性の詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドの Web サイトと 2023 年 12 月のセキュリティ 更新を参照してください。

Windows 11 サービス スタック更新プログラム – 22621.2567 および 22631.2567
この更新プログラムは、Windows の更新プログラムをインストールするコンポーネントであるサービス スタックの品質を向上します。 サービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることで、堅牢で信頼性の高いサービス スタックを利用し、デバイスで Microsoft の更新プログラムを受信し、インストールできるようになります。

この更新プログラムに関する既知の問題

現象 回避策
モバイル デバイス管理 (MDM) アプリの BitLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) ノードで FixedDrivesEncryptionType または SystemDrivesEncryptionType ポリシー設定を使用すると、環境内の一部のデバイスの [デバイス暗号化が必要] 設定で 65000 エラーが正しく表示されない可能性があります。 影響を受ける環境は、”オペレーティング システム ドライブにドライブ暗号化の種類を適用する” または “固定ドライブにドライブ暗号化を適用する” ポリシーが有効に設定され、”完全暗号化” または “使用済み領域のみ” を選択している環境です。 Microsoft Intune はこの問題の影響を受けますが、サード パーティの MDM も影響を受ける可能性があります。

重要 この問題はレポートの問題のみで、ドライブの暗号化やデバイス上の他の問題 (他の BitLocker の問題など) のレポートには影響しません。

Microsoft Intune でこの問題を軽減するには、”オペレーティング システム ドライブにドライブ暗号化の種類を適用する” ポリシーまたは “固定ドライブにドライブ暗号化を適用する” ポリシーを構成しないように設定できます。

現在、解決に向けて取り組んでおります。今後のリリースで更新プログラムを提供いたします。

複数のモニターを使用している Windows デバイスでは、Windows (プレビュー版) で Copilot を使用しようとすると、デスクトップ アイコンがモニター間で予期せず移動する問題や、その他のアイコンの配置の問題が発生する可能性があります。 ユーザーがこの問題に遭遇しないようにするために、Windows の Copilot (プレビュー版) は、マルチモニター構成で使用されているか現在使用されているデバイスでは利用できない場合があります。

現在、解決に向けて取り組んでおります。今後のリリースで更新プログラムを提供いたします。

COLRv1 のカラー フォント形式が正しくレンダリングされません。 この形式を使うと、Windows は絵文字を 3D のような外観で表示できます。 現在、解決に向けて取り組んでおります。今後のリリースで更新プログラムを提供いたします。
物理メディアまたはディスク イメージ (ISO) を使用して Windows 11、バージョン 23H2 (Windows 11 2023 Update とも呼ばれます) をデバイスにインストールすると、Microsoft ナレーターが起動しない可能性があります。

ナレーターは、通常、Ctrl + Windows キー + Enter キーなどのキーボード コマンドを使用して初期化されます。 ナレーターは、インストール プロセスの開始時に Windows に存在しますが、いずれかの方法を使用して初期化すると応答しない状態で開く可能性があります。

なお、この問題は、既に Windows 10 または Windows 11 を実行しているデバイスに Windows Update を使用して Windows 11、バージョン 23H2 がインストールされた場合には発生しません。 この問題は、このインストールに物理メディアまたは ISO が使用された場合にのみ発生し、ナレーターはインストール プロセスの実行中にのみ影響を受けます。 インストールの完了後は、引き続き期待どおりに動作するはずです。

Microsoft では、解決策と、この問題を発生させることなく Windows 11、バージョン 23H2 をインストールするために使用できる更新されたメディアに取り組んでいます。 今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

既知の問題

Windows 11、バージョン 22H2 の既知の問題と通知

既知の問題

Windows 11、バージョン 21H2 の既知の問題と通知

Win10(22H2)

ダウンロードリンク
ロール:KB5033372

2023-12 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 21H2 の累積更新プログラム (KB5033372)

2023 年 12 月 12 日 — KB5033372 (OS ビルド 19044.3803 および 19045.3803)

ハイライト
この更新プログラムは、Windows オペレーティング システムのセキュリティの問題に対処します。

機能追加
注対応済みの課題の一覧を表示するには、OS 名をクリックまたはタップして折りたたみ可能なセクションを展開します。

Windows 10 バージョン 22H2
Windows 10、バージョン 21H2 エディション: Windows 10 Enterpriseと Education、Windows 10 IoT Enterprise、Windows 10 Enterprise マルチセッション
重要: EKB KB5003791を使用して、サポートされているエディションのバージョン 21H2 Windows 10に更新します。

このセキュリティ更新プログラムには、更新プログラムのKB5032278 (2023 年 11 月 30 日にリリース) の一部であった品質の向上が含まれています。 この KB をインストールする場合:

この更新プログラムにより、内部 OS 機能に対するその他のセキュリティの強化が行われます。 このリリースについて追加の問題は記録されていません。

以前の更新プログラムをインストール済みであれば、このパッケージに含まれる新しい更新プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

セキュリティの脆弱性の詳細については、新しいセキュリティ更新プログラム ガイド Web サイトと 2023 年 12 月のセキュリティ 更新を参照してください。

Windows 10 サービス スタック更新プログラム – 19044.3745 および 19045.3745
この更新プログラムは、Windows の更新プログラムをインストールするコンポーネントであるサービス スタックの品質を向上します。 サービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることで、堅牢で信頼性の高いサービス スタックを利用し、デバイスで Microsoft の更新プログラムを受信し、インストールできるようになります。

この更新プログラムに関する既知の問題

現象 回避策
モバイル デバイス管理 (MDM) アプリの BitLocker 構成サービス プロバイダー (CSP) ノードで FixedDrivesEncryptionType または SystemDrivesEncryptionType ポリシー設定を使用すると、環境内の一部のデバイスの [デバイス暗号化が必要] 設定で 65000 エラーが正しく表示されない可能性があります。 影響を受ける環境は、”オペレーティング システム ドライブにドライブ暗号化の種類を適用する” または “固定ドライブにドライブ暗号化を適用する” ポリシーが有効に設定され、”完全暗号化” または “使用済み領域のみ” を選択している環境です。 Microsoft Intune はこの問題の影響を受けますが、サード パーティの MDM も影響を受ける可能性があります。

重要 この問題はレポートの問題のみで、ドライブの暗号化やデバイス上の他の問題 (他の BitLocker の問題など) のレポートには影響しません。

Microsoft Intune でこの問題を軽減するには、”オペレーティング システム ドライブにドライブ暗号化の種類を適用する” ポリシーまたは “固定ドライブにドライブ暗号化を適用する” ポリシーを構成しないように設定できます。

現在、解決に向けて取り組んでおります。今後のリリースで更新プログラムを提供いたします。

複数のモニターを使用している Windows デバイスでは、Windows (プレビュー版) で Copilot を使用しようとすると、デスクトップ アイコンがモニター間で予期せず移動する問題や、その他のアイコンの配置の問題が発生する可能性があります。 ユーザーがこの問題に遭遇しないようにするために、Windows の Copilot (プレビュー版) は、マルチモニター構成で使用されているか現在使用されているデバイスでは利用できない場合があります。

現在、解決に向けて取り組んでおります。今後のリリースで更新プログラムを提供いたします。

Windows の Copilot (プレビュー段階) は、現在、タスク バーが画面の左右に垂直方向に配置されている場合はサポートされていません Windows で Copilot にアクセスするには、タスク バーが画面の上部または下部に水平方向に配置されていることを確認します。

現在、解決に向けて取り組んでおります。今後のリリースで更新プログラムを提供いたします。

0

既知の問題

Windows 10 バージョン 22H2

悪意

2012/13 08:00の時点では配信されていません。

 

今回の記事は以上です。

人気の投稿とページ

2 Responses to “【WinUp個別】2023年12月第2週のKB配信【2023/12/13】”

  1. いつも参考にさせて頂いています。
    KB5033372の不具合情報として【ペイント】が起動出来なくなる不具合があります。
    更新プログラムのアンインストール以外に解消法、もしくはマイクロソフトの修正パッチ等の情報があれば教えて欲しいです。
    よろしくお願いいたします。

  2. 現状、一旦ペイントをアンインストールして入れ直す以外の方法は出てきていないと思います。

    Windows 10 KB5033372 の不具合と解決法

    「ペイント(mspaint)」が起動できなくなる場合の解決法
    「ペイント」が起動できなくなった場合、「ペイント」を再インストールしてみましょう。

    1.Windowsキー + R を押して「ファイル名を指定して実行」を開き、次のコマンドを入力して Enter を押します。・・・・・

コメントを残す

CAPTCHA