【WinUp個別】2022年2月第2週のKB配信【2022/2/9】

ステマ規制に関する表示

  当サイトでは、記事本文やサイドバー等に以下が設置されています。御理解の上サイトを利用ください。 1)アフィリエイト広告リンク 2)プロモーション記事 3)記事作成に当たって、販売業者からの提供を受けたハード/ソフト等を使用した記事

この記事を読むのに必要な時間は約 22 分です。

2022年2月第2週の配信(B配信)情報です。

なお、スタンドアローン版がクロームブラウザでダウンロードできないという問い合わせがありましたので載せておきます。

Google Chrome(とその他Chromium系ブラウザ)ではセキュリティーの確保のため、ダウンロードボタンをクリックしてもダウンロードができない仕様に変更されています。

対象ボタン(直リン)を右クリック ⇒ 名前を付けてリンク先を保存 ⇒ その後、「安全にダウンロードできません」と表示されたらプルダウンメニューから継続を選択するとダウンロードできます。

デフォルト動作の変更などは以下を参照してくださいね。

Win10(各Ver.)とWin11の累積の既知の不具合や解決方法は以下のページの左側のメニューから自分が確認したいVer.を選択して見てくださいね。

Windows 10 バージョン 21H1

Windows 11 更新履歴

Windows のリリースの正常性

Windows 11 の既知の問題と通知

 

対象 内容
キーワード Windows、KB、定例配信、不具合、障害、Update、アップデート

アップグレード

OS/ソフト Windows、8.1、10、11
対象読者 Windows Update関連情報を求める方

 

今回の注意点

今のところ特にありません。

 

【WinUp個別】WinUpの確認で落ちてこないKBがある?【2021/1/15】

 

OS・Ver.毎のKB配信

現在、Win11(21H2)・Win10(21H2・21H1・20H2)・Win8.1のKB配信情報をお届けしています。

 

記事に載っていないWin 10各Ver.の重要な更新は以下で確認してくださいね。

Windows 10 の更新履歴

 

 

Win11(21H2)・Win10(20H2・21H1・21H2)共通

ダウンロードリンク
KB4023057(更新サービスコンポーネント)

 

KB4023057: 更新サービス コンポーネントWindows更新プログラム

 

Win11(21H2)

ダウンロードリンク
KB5010386(ロール)

注:2/9朝の時点で手元のWin11にはネットと悪意が落ちてきませんでした。

 

2022-02 x64 ベース システム用 Windows 11 の累積更新プログラム (KB5010386)

2022年2月8日-KB5010386(OSビルド2200.493)

ハイライト
Windowsオペレーティングシステムのセキュリティを更新します。

改善と修正
このセキュリティアップデートには、品質の向上が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

操作にSamAccountName属性とUserAccountControl属性が含まれている場合に、ライトウェイトディレクトリアクセスプロトコル(LDAP)の変更操作が失敗する問題に対処します。エラーメッセージは、「エラー:0x20EF。ディレクトリサービスで不明な障害が発生しました。」

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティの脆弱性の詳細については、セキュリティアップデートガイドのWebサイトおよび2022年2月のセキュリティアップデートを参照してください。

Windows11サービススタックの更新-22000.460
この更新プログラムにより、WindowsUpdateをインストールするコンポーネントであるサービススタックの品質が向上します。スタック更新サービス(SSU)を使用すると、デバイスがMicrosoft更新プログラムを受信して​​インストールできるように、堅牢で信頼性の高いサービススタックを確保できます。

このアップデートの既知の問題
Microsoftは現在、この更新プログラムに関する問題を認識していません。

 

Win10(20H2・21H1・21H2)

ダウンロードリンク
KB5009467(ネット)

KB5010342(ロール)

 

2022-02 .NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な更新プログラム (x64 向け Windows 10 Version 21H2 用) (KB5009467)

Windows 10、バージョン 20H2、Windows Server、バージョン 20H2、Windows 10 バージョン 21H1、Windows 10 バージョン 21H2 の .NET Framework 3.5 および 4.8 の 2022-KB5009467 累積的な更新プログラム

 

2022-02 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 21H2 の累積更新プログラム (KB5010342)

2022年2月8日-KB5010342(OSビルド19042.1526、19043.1526、および19044.1526)

ハイライト
Windowsオペレーティングシステムのセキュリティを更新します。

改善と修正
注 対処された問題のリストを表示するには、OS名をクリックまたはタップして、折りたたみ可能なセクションを展開します。

Windows 10、バージョン21H2
Windows 10、バージョン21H1
Windows 10、バージョン20H2
重要: EKB KB4562830を使用して、Windows10バージョン20H2に更新します。

このセキュリティアップデートには、品質の向上が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

操作にSamAccountName属性とUserAccountControl属性が含まれている場合に、ライトウェイトディレクトリアクセスプロトコル(LDAP)の変更操作が失敗する問題に対処します。エラーメッセージは、「エラー:0x20EF。ディレクトリサービスで不明な障害が発生しました。」

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティの脆弱性の詳細については、新しいセキュリティアップデートガイドのWebサイトおよび2022年2月のセキュリティアップデートを参照してください。

Windows 10サービススタックの更新-19042.1525、19043.1525、および19044.1525
この更新プログラムにより、WindowsUpdateをインストールするコンポーネントであるサービススタックの品質が向上します。スタック更新サービス(SSU)を使用すると、デバイスがMicrosoft更新プログラムを受信して​​インストールできるように、堅牢で信頼性の高いサービススタックを確保できます。

このアップデートの既知の問題
クリックまたはタップして、既知の問題を表示します

症状
カスタムオフラインメディアまたはカスタムISOイメージから作成されたWindowsインストールを備えたデバイスでは、この更新プログラムによってMicrosoft Edge Legacyが削除される可能性がありますが、新しいMicrosoftEdgeに自動的に置き換えられることはありません。この問題は、2021年3月29日以降にリリースされたスタンドアロンサービススタックアップデート(SSU)を最初にインストールせずに、このアップデートをイメージにスリップストリームすることによってカスタムオフラインメディアまたはISOイメージが作成された場合にのみ発生します。

注更新プログラムを受信するためにWindowsUpdateに直接接続するデバイスは影響を受けません。これには、Windows Update forBusinessを使用しているデバイスが含まれます。Windows Updateに接続するすべてのデバイスは、追加の手順なしで、常に最新バージョンのSSUと最新の累積的な更新プログラム(LCU)を受信する必要があります。

回避策
この問題を回避するには、LCUをスリップストリームする前に、2021年3月29日以降にリリースされたSSUをカスタムオフラインメディアまたはISOイメージに最初にスリップストリームするようにしてください。Windows10バージョン20H2およびWindows10バージョン2004で現在使用されているSSUとLCUを組み合わせたパッケージでこれを行うには、組み合わせたパッケージからSSUを抽出する必要があります。使用しているSSUを抽出するには、次の手順を使用します。

次のコマンドラインを使用して、msuからcabを抽出します(例としてKB5000842のパッケージを使用):Windows10.0-KB5000842-x64.msu /f:Windows10.0-KB5000842-x64.cab <宛先パス>を展開します

次のコマンドラインを使用して、以前に抽出したcabからSSUを抽出します。expandWindows10.0-KB5000842-x64.cab/ f:* <宛先パス>

これで、SSUキャブ(この例ではSSU-19041.903-x64.cabという名前)が作成されます。このファイルを最初にオフラインイメージにスリップストリームし、次にLCUにスリップストリームします。

影響を受けるカスタムメディアを使用してOSをインストールすることでこの問題がすでに発生している場合は、新しいMicrosoftEdgeを直接インストールすることで問題を軽減できます。新しいMicrosoftEdge for Businessを広く展開する必要がある場合は、「Microsoft Edge forbusinessのダウンロードと展開」を参照してください。

症状
2021年6月21日(KB5003690 )の更新プログラムをインストールした後、一部のデバイスは、2021年7月6日( KB5004945 )以降の更新プログラムなどの新しい更新プログラムをインストールできません。「PSFX_E_MATCHING_BINARY_MISSING」というエラーメッセージが表示されます。

回避策
詳細と回避策については、KB5005322を参照してください。

症状
この更新プログラムをインストールした後、リモートデスクトップを使用して信頼されていないドメイン内のデバイスに接続すると、スマートカード認証を使用しているときに接続の認証に失敗する場合があります。「資格情報が機能しませんでした。[デバイス名]への接続に使用された資格情報が機能しませんでした。新しい資格情報を入力してください。」というプロンプトが表示される場合があります。と「ログイン試行に失敗しました」は赤で表示されます。

回避策
この問題は、Known Issue Rollback(KIR)を使用して解決されます。管理されていない個人用デバイスおよび管理されていないビジネスデバイスに解像度が自動的に反映されるまで、最大24時間かかる場合があることに注意してください。Windowsデバイスを再起動すると、解決策をデバイスにすばやく適用できる場合があります。影響を受ける更新プログラムをインストールしてこの問題が発生したエンタープライズ管理デバイスの場合、以下にリンクされている特別なグループポリシーをインストールして構成することで解決できます。注 特別なグループポリシーを構成した後、デバイスを再起動する必要があります。ヘルプが必要な場合は、グループポリシーを使用して既知の問題のロールバックを展開する方法を参照してください。グループポリシーの使用に関する一般的な情報については、グループポリシーの概要を参照してください。

グループポリシーのインストールファイル:

Windows Server 2022

Windows 10、バージョン2004、Windows 10、バージョン20H2およびWindows 10、バージョン21H1

重要ご使用のバージョンのWindowsに対して正しいグループポリシーを使用していることを確認してください。

 

Win8.1

ダウンロードリンク
KB5010583(ネット)

KB5010419(ロール)

 

2022-02 Windows 8.1 (x64 版) 用 .NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8 のセキュリティおよび品質ロールアップ (KB5010583)

対象製品:Microsoft .NET Framework 3.5、Microsoft .NET Framework 4.5.2、Microsoft .NET Framework 4.6、Microsoft .NET Framework 4.6.1、Microsoft .NET Framework 4.6.2、Microsoft .NET Framework 4.7、Microsoft .NET Framework 4.7.1、Microsoft .NET Framework 4.7.2、Microsoft .NET Framework 4.8

 

2022-02 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB5010419)

2022年2月8日-KB5010419(月次ロールアップ)

改善と修正
このセキュリティ更新プログラムには、更新プログラムKB5009624 (2022年1月11日リリース)および更新プログラムKB5010794(2022年1月17日リリース)の一部であった改善と修正が含まれてい ます。さらに、このアップデートでは次の問題にも対処しています。

ヨルダンでは2022年3月ではなく2022年2月に開始するように夏時間を更新します。

Unified Extensible Firmware Interface(UEFI)が有効になっているWindowsサーバー上の仮想マシン(VM)が、2022年1月11日のWindowsUpdateのインストール後に起動できない問題に対処します。

WindowsがIRQL_NOT_LESS_OR_EQUALエラーで実行を停止する問題に対処します。

SamAccountNameとUserAccountControl属性を含むライトウェイトディレクトリアクセスプロトコル(LDAP)の変更操作が、「エラー:0x20EFディレクトリサービスで不明な障害が発生しました」で失敗する問題に対処します。

RFC-4456に準拠していないクライアントを識別するActiveDirectoryドメインコントローラーに監査イベントを追加します。詳細については、 KB5005408を参照してください。スマートカード認証により、印刷およびスキャンの失敗が発生する可能性があります。

解決されたセキュリティの脆弱性の詳細については、セキュリティアップデートガイド のWebサイトおよび2022年2月のセキュリティアップデートを参照してください。

このアップデートの既知の問題
症状
クラスタ共有ボリューム(CSV)上にあるファイルまたはフォルダに対して実行する名前変更などの特定の操作は 、「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」というエラーで失敗する場合があります。これは、管理者権限を持たないプロセスからCSV所有者ノードで操作を実行した場合に発生します。

回避策
次のいずれかを実行します。

管理者権限を持つプロセスから操作を実行してください。

CSVの所有権を持たないノードから操作を実行します。

Microsoftは解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

症状
2022年1月11日以降にリリースされた更新プログラムをインストールした後、Microsoft .NETFrameworkを使用してActiveDirectoryフォレストの信頼情報を取得または設定するアプリが失敗したり、閉じたり、アプリまたはWindowsからエラーが発生したりする場合があります。また、アクセス違反(0xc0000005)エラーが発生する場合があります。

開発者への注意:影響を受けるアプリはSystem.DirectoryServicesAPIを使用します。

回避策
この問題を手動で解決するには、アプリで使用されている.NETFrameworkのバージョンの帯域外更新を適用します。

注これらの帯域外更新は、Windows Updateからは利用できず、自動的にインストールされません。スタンドアロンパッケージを入手するには、 MicrosoftUpdateカタログでご使用のバージョンのWindowsおよび.NETFrameworkのKB番号を検索してください。

これらの更新プログラムは、Windows Server Update Services(WSUS)およびMicrosoft Endpoint ConfigurationManagerに手動でインポートできます。WSUSの手順については、WSUSおよびカタログサイトを参照してください。構成マネージャーの手順については、「MicrosoftUpdateカタログから更新をインポートする」を参照してください。

オペレーティングシステムにこのアップデートをインストールする方法については、以下のKB記事を参照してください。

Windows Server 2022:

.NET Framework 4.8 KB5011258

Windows Server 2019:

.NET Framework 4.8 KB5011257

.NET Framework 4.7.2 KB5011259

Windows Server 2016:

.NET Framework 4.8 KB5011264

.NET Framework 4.6.2、4.7、4.7.1、または4.7.2 KB5011329

Windows Server 2012 R2:

.NET Framework 4.8 KB5011266

.NET Framework 4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、または4.7.2 KB5011263

.NET Framework 4.5.2 KB5011261

Windows Server 2012:

.NET Framework 4.8 KB5011265

.NET Framework 4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、または4.7.2 KB5011262

.NET Framework 4.5.2 KB5011260

 

悪意

ダウンロードリンク

KB890830

 

悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – v5.98 (KB890830)

Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する (KB890830)

 

今回の記事は以上です。

 

人気の投稿とページ

コメントを残す

CAPTCHA