【WinUp個別】2021年5月第3週のKB配信と21H1の配信開始について【2021/5/20】

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

遅くなりましたが、2021年5月第3週の配信(C配信)情報です。

今回、通常のKB配信はありませんでしたが、Win10(21H1)の一般向け自動配信が開始されました。

なお、21H1用の「 2021-05 x64モデル用Windows10バージョン21H1のプログラム更新(KB5003173)」が5/18日付ででていますが、「Windows 10、バージョン1903以降、WindowsInsiderプレリリース」となっており、今の所一般用の配信では無いようです。

 

Win10(各Ver.)の累積の既知の不具合や解決方法は以下のページの左側のメニューから自分が確認したいVer.を選択して見てくださいね。

Windows 10バージョン2004およびWindows Serverバージョン2004

Windows 10、バージョン20H2およびWindows Server、バージョン20H2

 

対象 内容
キーワード Windows、KB、定例配信、不具合、障害
OS/ソフト Windows、Update、8.1、10
対象読者 Windows Update関連情報を求める方

 

今回の注意点

今回、Win10/8.1とも一般向けの配信はありませんでした。

しかしながら、冒頭で書いたように21H1用のKB5003173のプレリリースがでていますので、近いうちに一般向けにも配信があると考えられます。

遅刻分として配信されるのか、5/26のD配信(Win10の第2定例配信日)に配信されるのかなど詳細は不明です。

 

【WinUp個別】WinUpの確認で落ちてこないKBがある?【2021/1/15】

 

OS・Ver.毎のKB配信

現在、・Win10(21H1)・Win10(20H2/2004)・Win10(1909)・Win8.1のKB配信情報をお届けしています。なお、1909は5/12でサポート終了となるため、今月分の情報提供が最後となります。

 

記事に載っていないWin 10各Ver.の重要な更新は以下で確認してくださいね。

Windows 10 の更新履歴

 

Win10(21H1)の配信開始

5/19に21H1の一般向け配信が開始されました。

 

上の画像の状態になれば、「21H1に更新しても問題はないPCと判断されている」ということにはなるのですが、無理に更新する必要はないかと思います。

最低でも6月いっぱいぐらいまでは様子見推奨です。

 

21H1本体の配信について

・一般向けの配信が、5/19より開始されました。はじめは、2004/20H2かつ配信の条件を満たしているPCが対象となる。

・2004/20H2からハードウエア要件の変更がないため、2004/20H2が自動配信されたPCには早期に配信されると考えられる。それ以前のVer.で止まっているPC(未だに2004/20H2が自動配信されないPC)には自動配信されない。

・今回も「有効家パッケージ形式」での配信になる。新機能は「Feature Experience Pack」で「Microsoft Store」経由で提供される。

・21H1は通常のKBタイプとして配信される予定。適用されても見た目などはほぼ変わらない。Ver.が19042.XXXから19043XXXになるので、そちらで確認できる。

参考

 

プレリリース・・・Win10(21H1)のプログラム更新(KB5003173)

ダウンロードリンク
KB5003173(ロール・プレリリース)

 

2021-05 x64モデル用Windows10バージョン21H1のプログラム更新(KB5003173)
2021 年 5 月 11 日 — KB5003173 (OS ビルド 19041.985、19042.985、および 19043.985)

 

今回の記事は以上です。

 

コメントを残す

CAPTCHA