【WinUp個別】2021年5月第2週のKB配信【2021/5/15】

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

遅くなりましたが、2021年5月第2週の配信(B配信)情報です。

今回は、毎月のロール、悪意、サービススタック更新、ネットフレームワークが配信されました。

 

Win10(各Ver.)の累積の既知の不具合や解決方法は以下のページの左側のメニューから自分が確認したいVer.を選択して見てくださいね。

Windows 10バージョン2004およびWindows Serverバージョン2004

Windows 10、バージョン20H2およびWindows Server、バージョン20H2

 

対象 内容
キーワード Windows、KB、定例配信、不具合、障害
OS/ソフト Windows、Update、8.1、10
対象読者 Windows Update関連情報を求める方

 

今回の注意点

1)Win10(2004・20H2)でKB5003173の導入が、0x800f0922エラーで失敗失敗する。

⇒ Edgeの再インストールまたはビジネス向けEdgeを導入すると導入できる。それでもだめな場合は、DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth + sfc /scannow を実行する。

2)Win10(2004・20H2)でKB5003173を導入すると、ゲームパフォーマンスの低下に加えて「音楽や動画再生時にノイズが発生する」という不具合も発生するケースがでてきたようです。

どうもアプリやサードパーティー製のサウンドミキサーなどに依存するようです。

アプリを変えてみるか、タスクバーのサウンドアイコンをクリックして、立体音響でのオプション項目をオンにすると改善する場合があるとのことです。

3)1909はサポート切れです。(5/12)

 

【WinUp個別】WinUpの確認で落ちてこないKBがある?【2021/1/15】

 

OS・Ver.毎のKB配信

現在、・Win10(21H1)・Win10(20H2/2004)・Win10(1909)・Win8.1のKB配信情報をお届けしています。なお、1909は5/12でサポート終了となるため、今月分の情報提供が最後となります。

 

記事に載っていないWin 10各Ver.の重要な更新は以下で確認してくださいね。

Windows 10 の更新履歴

 

Win10(21H1)

21H1本体の配信について

・一般向けの配信は、まもなく開始されると思われる。

・2004/20H2からハードウエア要件の変更がないため、2004/20H2が自動配信されたPCには早期に配信されると考えられる。それ以前のVer.で止まっているPC(未だに2004/20H2が自動配信されないPC)には自動配信されない。

・今回も「有効家パッケージ形式」での配信になる。新機能は「Feature Experience Pack」で「Microsoft Store」経由で提供される。

・21H1は通常のKBタイプとして配信される予定。適用されても見た目などはほぼ変わらない。Ver.が19042.XXXから19043XXXになるので、そちらで確認できる。

参考

 

ダウンロードリンク
KB4601554(Net)

 

2021-05 .NET Framework 3.5プログラム4.8の独自プログラム更新(x64義Windows 10バージョン21H1・2004・20H2用)(KB4601554)
Windows 10、バージョン 2004、Windows Server、バージョン 2004、Windows 10、バージョン 20H2、Windows Server、バージョン 20H2、Windows Server、バージョン 20H2、Windows Server 21H11 の .NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な更新プログラム

 

Win10(20H2/2004)

ダウンロードリンク
KB4601554(Net)

KB4562830(リンクページなし・有効化パッケージ)

KB4023057(20H2には落ちてこない)

KB5003173(ロール)

 

2021-05 .NET Framework 3.5プログラム4.8の独自プログラム更新(x64義Windows 10バージョン21H1・2004・20H2用)(KB4601554)
Windows 10、バージョン 2004、Windows Server、バージョン 2004、Windows 10、バージョン 20H2、Windows Server、バージョン 20H2、Windows Server、バージョン 20H2、Windows Server 21H11 の .NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な更新プログラム

 

KB4562830(リンクページなし・有効化パッケージ)
21H1アップデートの関する新機能の有効化パッケージです。検索の一覧にはでてきませんが、今回21H1用の更新版となり裏で導入されるようです。

 

KB4023057(20H2には落ちてこない)
KB4023057: Windows 10 Update Service コンポーネントの更新プログラム
まだ、2004用ということでの表示はありませんが、21H2に向けた新版が(バックグラウンドで)順次導入されるものと思われます。

 

2021-05 x64ベースのシステム用のWindows10バージョン20H2の動的累積更新(KB5003173)
2021 年 5 月 11 日 — KB5003173 (OS ビルド 19041.985 および 19042.985)
この更新プログラムに関する既知の問題が5個あります。リンク先で確認してくださいね。

 

Win10(1909)

ダウンロードリンク
KB4601556(Net)

KB5003239(動的更新・サービススタックの改修?)

KB50032295(リカバリ環境の改善・裏で導入)

KB5003169(ロール)

 

2021-05 .NET Framework 3.5プログラム4.8の独自プログラム更新(x64義Windows 10バージョン1909用)(KB4601556)
Windows 10、バージョン 1909、Windows Server バージョン 1909 の .NET Framework 3.5 および 4.8 の 2021-KB4601556 累積的な更新プログラム

 

2021-05 x64ベースのシステム用のWindows10バージョン1909の動的更新(KB5003239)
KB5003239: Windows 10 バージョン 1909 の動的更新プログラムをセットアップする: 2021 年 5 月 11 日

 

2021-05 x64ベースのシステム用のWindows10バージョン1909の動的更新(KB5003295)
KB5003295: Windows 10、バージョン 1909 のインストールと回復の互換性更新プログラム: 2021 年 5 月 11 日

 

2021-05 x64ベースのシステム用のWindows10バージョン1909の動的累積更新(KB5003169)
2021 年 5 月 11 日 — KB5003169 (OS ビルド 18363.1556)
この更新プログラムに関する既知の問題が1個あります。リンク先で確認してくださいね。

 

Win8.1

ダウンロードリンク
KB5001881(Net)

KB5003209(ロール)

 

2021-05 Windows 8.1(x64版)用.NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8の空間低品質ロールアップ(KB5001881)
.NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8のWindows 8.1、RT 8.1、およびWindows Server 2012 R2のセキュリティと品質のロールアップ(KB5001881)

 

2021-05×64モデル化Windows8.1人間迫性ロールアップ(KB5003209)
2021 年 5 月 11 日 — KB5003209 (月次ロールアップ)
この更新プログラムに関する既知の問題が1個あります。リンク先で確認してくださいね。

 

共通項目など

悪意その他共通の項目です。

 

サービススタック

各OSの月例ロールに同梱されています。場合によっては一度目の更新で適用されずに、再起動後にもう一度WinUpの検索をしないと導入されない場合もあります。

コントロールパネル⇒プログラムと機能⇒インストールされた更新プログラムを表示で確認してみてくださいね。

現在、手元のWin10はVer.8.0(10.0..19041.906~985)になっています。

 

悪意

ダウンロードリンク
KB890830

悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – v5.89 (KB890830)
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する (KB890830)

 

今回の記事は以上です。

 

コメントを残す

CAPTCHA