【WinUp個別】2021年2月第3週のKB配信【2021/2/17】

この記事を読むのに必要な時間は約 23 分です。

2021年2月17日10:00までに確認した配信分です。

今回は以下が来ました。Flash Playerもついにお役目ごめんですね。

共通:フラッシュプレーヤーの削除

20H2/2004:なし

1909」KB4601556(ネットプレ)、KB4601380(ロールプレ)、KB2001028(ロール)

 

Win10(各Ver.)の累積の既知の不具合や解決方法は以下のページの左側のメニューから自分が確認したいVer.を選択して見てくださいね。

Windows 10バージョン2004およびWindows Serverバージョン2004

Windows 10、バージョン20H2およびWindows Server、バージョン20H2

 

対象 内容
キーワード Windows、KB、定例配信、不具合、障害
OS/ソフト Windows、Update、8.1、10
対象読者 Windows Update関連情報を求める方

 

今回の注意点

特にありませんが、今回も手元PCでは機材によりKBが自動で落ちてこない現象が発生しています。

なお、私の手元だけの現象の可能性も高いのですが、1909のアップ後に「PC設定のWinUp ⇒ 更新の履歴を表示する」で白紙となる状態が発生しています。コントロールパネルからは通常に確認ができています。

 

【WinUp個別】WinUpの確認で落ちてこないKBがある?【2021/1/15】

 

Win10(1909)と8.1用のKB4535680について

このKBは「セキュア ブート DBX 用のセキュリティ更新プログラム」、結構危険なKBの感じがします。「一部の相手先ブランド供給 (OEM) ファームウェアでは、この更新プログラムのインストールが許可されていない場合があります。」ということなので、手元PCは今回導入ということになったのかもしれませんが、この手の更新は問題が発生する場合も多いので留意してください。

また、必ず「既知の問題」に目を通しておいてくださいね。

OS・Ver.毎のKB配信

現在、Win10(20H2/2004)・Win10(1909)・Win8.1のKB配信情報をお届けしています。

 

Win 10の記事に乗っていないVer.の重要な更新は以下で確認してくださいね。

Windows 10 の更新履歴

 

Win10(20H2/2004)

2/17 10:00の時点ではありませんでした。

 

Win10(1909)

ダウンロードリンク
KB4601556(ネットプレ)

KB4601380(ロールプレ・手元PCでは落ちてこず)

KB5001028(ロール)

 

.NET Framework 3.5 用の2021-02累積的な更新プログラムのプレビューと x64 (KB4601556) のWindows Server, version 1909 用の 4.8
2021 年 2 月 16 日-KB4601556 Windows 10、バージョン 1909、Windows Server バージョン 1909 用 .NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な更新プログラムのプレビュー
プレビューですので無理に導入する必要はありません。

 

2021-02×64 ベース システム用 Windows 10 Version 1909 の累積更新プログラム (KB4601380)
2021年2月16日-KB4601380(OSビルド18363.1411)プレビュー
こちらもプレビューです。なお、手元の1909には落ちてきませんでした。

無理に導入する必要はありませんが、内容がかなり多岐に渡っていますので、現時点で不具合が発生して困っている方は内容を確認して「場合によっては適用」してみてもよいかと思います。

 

ハイライト
入力方式エディター(IME)への文字列の入力を妨げることがある問題を更新します。

フォントが正しくレンダリングされない問題を更新します。

特定のハードウェア構成でゲームを開いた後の画面レンダリングの問題を更新します。

改善と修正
このセキュリティ以外の更新には、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

次のInternetExplorerレジストリキーのデフォルト値を更新します。

svcKBFWLink =“”(空の文字列)
svcKBNumber =“”(空の文字列)
svcUpdateVersion = 11.0.1000。
また、これらの値は自動的に更新されなくなります。

中国語の言語パックを使用すると発生するInternetExplorer11のメモリリークの問題に対処します。

特定のアプリケーションでデッドロックを引き起こす特定のCOM +コールアウトポリシーの問題に対処します。

フォントが正しくレンダリングされない問題に対処します。

入力方式エディター(IME)への文字列の入力を妨げることがある問題に対処します。

SetWindowRgnAPIの問題に対処します。ウィンドウの左上隅ではなく、クライアント領域を基準にしてウィンドウ領域の座標を誤って設定します。その結果、ユーザーはウィンドウを最大化、最小化、または閉じることができません。

起動時に発生する停止エラーの問題に対処します。

以前に使用した写真の履歴をユーザーアカウントプロファイルから削除します。

[設定]-> [アカウント]-> [サインインオプション]ページを開いたときに、Windows Hello for Business(WHfB)証明書の信頼の展開が遅れる可能性がある問題に対処します。

PowerShellプラグインからのメッセージをフォーマットするときに、Windowsリモート管理(WinRM)のホストプロセスが機能しなくなる問題に対処します。

セキュリティ設定がWMI名前空間のアクセス許可に適用されるたびにヒープリークが発生するWindowsManagement Instrumentation(WMI)サービスの問題に対処します。

特定のハードウェア構成でゲームを開いた後の画面レンダリングの問題に対処します。

ユーザーエクスペリエンス仮想化(UE-V)がオンになっている場合に、ローミング設定があるアプリケーションの起動時間を改善します。

トラステッドプラットフォームモジュール(TPM)の起動を妨げる問題に対処します。その結果、TPMベースのシナリオは機能しません。

信頼できるMITレルムのプリンシパルがActiveDirectoryドメインコントローラー(DC)からKerberosサービスチケットを取得できない問題に対処します。これは、CVE-2020-17049保護を含むWindows Updateをインストールし、PerfromTicketSignatureを1以上に構成したデバイスで発生します。これらの更新は2020年11月10日から2020年12月8日までの間にリリースされました。発信者がUSER_NO_AUTH_DATA_REQUIREDフラグを指定せずに証拠チケットとしてPACなしのチケット許可チケット(TGT)を送信すると、チケットの取得もエラー「KRB_GENERIC_ERROR」で失敗します。

Microsoft Defender forEndpointの高いメモリとCPU使用率に対処します。

Microsoft365エンドポイントのデータ損失防止とインサイダーリスク管理ソリューションの機能を強化します。

Microsoft Excel 365バージョン2011のx86バージョンの問題に対処します。Defenderエクスプロイト保護のSimExec機能を有効にすると開くことができず、SimExecエクスプロイト保護を無効にしてCallerCheck保護を有効にすると機能しなくなります。

Microsoft Edgeを使用して信頼できないWebページを開こうとしたり、信頼できないMicrosoft Officeドキュメントを開こうとしたときに、エラーが表示される問題に対処します。エラーは、「WDAGレポート-コンテナ:エラー:0x80070003、拡張エラー:0x00000001」です。この問題は、.NETアップデートKB4565627をインストールした後に発生します。

wevtutilがXMLファイルを解析できない問題に対処します。

楕円曲線デジタル署名アルゴリズム(ECDSA)が165バイトではなく163バイトの無効なキーを生成するときにエラーを報告できない問題に対処します。

新しいChromiumベースのMicrosoftEdgeを割り当てられたアクセスシングルキオスクアプリとして使用するためのサポートを追加します。これで、単一のアプリキオスクのブレークアウトキーシーケンスをカスタマイズすることもできます。詳細については、「MicrosoftEdgeキオスクモードの構成」を参照してください。

最大伝送ユニット(MTU)よりも大きいユーザーデータグラムプロトコル(UDP)ブロードキャストパケットの問題に対処します。これらのパケットを受信したデバイスは、チェックサムが無効であるため、パケットを破棄します。

WinHTTP AutoProxyサービスが、プロキシ自動構成(PAC)ファイルの最大存続時間(TTL)に設定された値に準拠しない問題に対処します。これにより、キャッシュされたファイルが動的に更新されなくなります。

動的ホスト構成プロトコル(DHCP)サーバーが返す無効なWebプロキシ自動検出プロトコル(WPAD)URLを無視するWinHTTPWebプロキシ自動検出サービスの機能を改善します。

IKEEXTサービスが断続的に動作を停止する可能性がある問題に対処します。

.isoイメージを使用したWindowsServer2019への更新に関する問題に対処します。デフォルトの管理者アカウントの名前を変更した場合、ローカルセキュリティ機関(LSA)プロセスが機能しなくなる可能性があります。

ネットワークファイルシステム(NFS)サービスを実行しているサーバー上のnfssvr.sysで停止エラー7Eを引き起こす可能性のある問題に対処します。

User ProfileServiceが低速または高速のリンクを確実に検出できない問題に対処します。

作業フォルダーの使用時にメタデータロックの競合を引き起こす問題に対処します。

オンデマンドファイルアクセスをオンにしている場合に、ワークフォルダーの同期がエラーコード0x8007017cで失敗する問題に対処します。

クライアントからサーバーへの要求のチェックイン理由を追加することにより、Open Mobile Alliance(OMA)デバイス管理(DM)同期プロトコルを更新します。チェックインの理由により、モバイルデバイス管理(MDM)サービスは同期セッションについてより適切な決定を下すことができます。この変更に伴い、OMA-DMサービスはプロトコルバージョン4.0をWindowsOMA-DMクライアントとネゴシエートする必要があります。

IPv6クラスターしかない環境でのフェイルオーバーの問題に対処します。フェールオーバークラスターが24日を超えて実行されている場合、フェールオーバーの試行が成功しないか、遅延する可能性があります。

以下に説明するように、新しいdfslogkeyを追加します。

キーパス:HKEY_LOCAL_MACHINE / SOFTWARE / MICROSOFT / dfslog。

RootShareAcquireSuccessEventフィールドには、次の可能な値があります。

デフォルト値= 1; ログを有効にします。

1以外の値。ログを無効にします。

このキーが存在しない場合は、自動的に作成されます。
レジストリのdfslog / RootShareAcquireSuccessEventを変更するには、DFSNサービスを再起動する必要があります。

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

WindowsUpdateの改善

マイクロソフトは、信頼性を向上させるために、WindowsUpdateクライアントに直接更新プログラムをリリースしました。EnterpriseエディションとProエディションを含め、WindowsUpdateから更新を自動的に受信するように構成されたWindows10を実行しているデバイスには、デバイスの互換性とWindows Update forBusinessの延期ポリシーに基づいて最新のWindows10機能の更新が提供されます。これは、長期サービス版には適用されません。

 

このアップデートの既知の問題
症状
デバイスをWindows10バージョン1809以降からWindows10以降のバージョンに更新すると、システム証明書とユーザー証明書が失われる可能性があります。デバイスは、2020年9月16日にリリースされた最新の累積更新プログラム(LCU)を既にインストールしている場合にのみ影響を受けます。その後、2020年10月13日以降にリリースされたLCUが統合されていないメディアまたはインストールソースからWindows10の新しいバージョンへの更新に進みます。これは主に、Windows Server Update Services(WSUS)やMicrosoft Endpoint ConfigurationManagerなどの更新管理ツールを介して古いバンドルまたはメディアを使用して管理対象デバイスが更新された場合に発生します。これは、最新の更新が統合されていない古い物理メディアまたはISOイメージを使用している場合にも発生する可能性があります。

注WindowsUpdate for Businessを使用しているデバイス、またはWindowsUpdateに直接接続しているデバイスは影響を受けません。Windows Updateに接続するデバイスは、追加の手順なしで、最新のLCUを含む最新バージョンの機能更新を常に受信する必要があります。

回避策
デバイスでこの問題がすでに発生している場合は、こちらの手順を使用して以前のバージョンのWindowsに戻ることにより、アンインストールウィンドウ内でこの問題を軽減できます。アンインストールウィンドウは、環境の構成と更新するバージョンに応じて、10日または30日かかる場合があります。ご使用の環境で問題が解決した後、Windows10の新しいバージョンに更新する必要があります。注アンインストールウィンドウ内で、DISMコマンド/ Set-OSUninstallWindowを使用して、以前のバージョンのWindows10に戻る必要がある日数を増やすことができます。デフォルトのアンインストールウィンドウが経過する前に、この変更を行う必要があります。詳細については、を参照してください。DISMオペレーティングシステムのアンインストールコマンドラインオプション。

私たちは解決に取り組んでおり、今後数週間で更新されたバンドルと更新されたメディアを提供します。

 

2021-02 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1909 の累積更新プログラム (KB5001028)
2021年2月11日-KB5001028(OSビルド18363.1379)帯域外

ハイライト
Wi-Fi Protected Access 3(WPA3)接続を使用しようとすると、デバイスが機能しなくなり、ブルースクリーンが表示される問題を更新します。

改善と修正
このセキュリティアップデートには、品質の向上が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

Wi-Fi Protected Access 3(WPA3)接続を使用しようとすると、nwifi.sysで停止エラー0x7Eが発生する問題に対処します。この問題は、KB4598298 またはKB4601315をインストールした後に発生します。

以前のアップデートをインストールした場合は、このパッケージに含まれている新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

WindowsUpdateの改善

マイクロソフトは、信頼性を向上させるために、WindowsUpdateクライアントに直接更新プログラムをリリースしました。EnterpriseエディションとProエディションを含め、WindowsUpdateから更新を自動的に受信するように構成されたWindows10を実行しているデバイスには、デバイスの互換性とWindows Update forBusinessの延期ポリシーに基づいて最新のWindows10機能の更新が提供されます。これは、長期サービス版には適用されません。

このアップデートの既知の問題
症状
デバイスをWindows10バージョン1809以降からWindows10以降のバージョンに更新すると、システム証明書とユーザー証明書が失われる可能性があります。デバイスは、2020年9月16日にリリースされた最新の累積更新プログラム(LCU)を既にインストールしている場合にのみ影響を受けます。その後、2020年10月13日以降にリリースされたLCUが統合されていないメディアまたはインストールソースからWindows10の新しいバージョンへの更新に進みます。これは主に、Windows Server Update Services(WSUS)やMicrosoft Endpoint ConfigurationManagerなどの更新管理ツールを介して古いバンドルまたはメディアを使用して管理対象デバイスが更新された場合に発生します。これは、最新の更新が統合されていない古い物理メディアまたはISOイメージを使用している場合にも発生する可能性があります。

注 WindowsUpdate for Businessを使用しているデバイス、またはWindowsUpdateに直接接続しているデバイスは影響を受けません。Windows Updateに接続するすべてのデバイスは、追加の手順なしで、最新のLCUを含む最新バージョンの機能更新を常に受信する必要があります。

回避策
デバイスでこの問題がすでに発生している場合は、こちらの手順を使用して以前のバージョンのWindowsに戻ることにより、アンインストールウィンドウ内でこの問題を軽減でき ます。アンインストールウィンドウは、環境の構成と更新するバージョンに応じて、10日または30日かかる場合があります。ご使用の環境で問題が解決した後、Windows10の新しいバージョンに更新する必要があります。

注 アンインストールウィンドウ内で、DISMコマンド/ Set-OSUninstallWindowを使用して、以前のバージョンのWindows10に戻る必要がある日数を増やすことができます。デフォルトのアンインストールウィンドウが経過する前に、この変更を行う必要があります。詳細については、DISMオペレーティングシステムのアンインストールコマンドラインオプションを参照してください 。

私たちは解決に取り組んでおり、今後数週間で更新されたバンドルと更新されたメディアを提供します。

 

Win8.1

ありませんでした。

 

共通項目など

悪意その他共通の項目です。

 

Adobe Flash Player

ダウンロードリンク
KB4577586

 

x64ベースのシステム(KB4577586)の Windows 10 Version 20H2 用 Adobe Flash Player の削除に関する更新
KB4577586:Adobe Flash Playerの削除に関する更新:2020年10月27日

 

サービススタック

ありませんでした。

ただし、私の手元ではWin10(1909)に、前回落ちてこなかったKB4601395が、今回落ちてきました。

 

悪意

ありませんでした。

 

MS office 365

ありませんでした。

 

今回の記事は以上です。

 

コメントを残す

CAPTCHA