【WinUp個別】2020年6月の配信KBや障害、書き漏らし追加ノート【2020/7/2】

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。


2020年6月はかなり身辺が忙しく、Winの配信KBや障害をかなり書き漏らしてしまっています。

自分の忘備録もかねて、追加ノートしておきたいと思います。

あまり整理されていない、列挙という形になりますがご寛容ください。

なお、【WinUp個別】緊急・・・Win10(1809)を使用している方、6/30付でKB4560960が落ちてきますが適用しないでください【2020/7/1】で1809を更新したら「勝手に?1909になってしまった」ことを記事化しています。

この件、妻がMSコミュで「1809に6/30付でKB4560960が配信され、適用すると1909にアップされる現象」という質問をしています。

途中経過ですが、半自動というか半強制的に1809は新しいVer.に順次アップするように変更になったのかもしれないという感じです。

6/17付で「オプションのWindows 10およびWindows Serverのセキュリティ以外の毎月の更新の再開」というアナウンスがあり、

>2020年7月にWindows 10およびWindows Serverバージョン1809以降のオプションリリースを再開し、対象となる予定の非セキュリティ修正をテストする機能をもう一度提供します

とのことですから、1809の当面の期限延長が終了され、バージョンアップが可能なPCから順次アップデートされるということの可能性も高いです。

理由があって1809を利用しているという方は、極力早めに新しいVer.への移行に必要な準備をしてください。

 

 

書き漏らし追加ノート

1)1809を更新すると新しいVer.になってしまう。

2)KB4559309(edge)の更新で不具合?

3)タッチスクリーン環境でのタスクバー通知領域のアイコンが震える不具合

4)020年5月13日以降のWin10用更新プログラムに「lsass.exe」のエラーメッセージが表示される不具合

5)ストアアプリのメールに不具合

6)Win10でプリンターに接続できなくなる不具合

7)一部アプリケーションでIMEの漢字とひらがなが自動的に切り替わらない

8)LETモデム搭載機種で接続できなくなる

9)KB4557957を導入するとOfficeなどが開けなくなる。

 

1)1809を更新すると新しいVer.になってしまう。
記事冒頭で書いた通りです。いずれにしろ猶予期間がなくなりますので対応が必要です。

 

2)KB4559309(edgeの更新)で不具合?
適用後にPCのパフォーマンスが低下する、セーフモードでしか起動できなくなったなどあるみたいです。通常にアンインストールできないため、システムの復元での対応となります。その後は、再度インストールされないようにWinUpミニツールや、Win10レスキューキットなどで対応してください。(レジストリ操作でブロックする方法はお勧めしません)

 

3)タッチスクリーン環境でのタスクバー通知領域のアイコンが震える不具合
左右にぶれるなどしてしまうようになる環境があるみたいです。タッチスクリーンのドライバを最新に更新して改善しない場合、当面はタッチスクリーンをデバイスマネージャーから無効にして回避することになるようです。PADだと使い物にならなくなるかもです…。

あとは、新しいものから順番にKBを削除してみるぐらいしかないですかね…。

 

4)020年5月13日以降のWin10用更新プログラムに「lsass.exe」のエラーメッセージが表示される不具合
エラーが表示され再起動してしまいます。今のところ根本的な解決策がなく、手段としては、5/13以降のKBを削除することになります。セキュリティー上好ましくないのでどうにもというところです。

 

5)ストアアプリのメールに不具合?
送受信したメールが消えてしまったり、Gmailとの連携がおかしくなるようです。今のところ解決策はアプリを使用しないことだけのようです。

 

6)Win10でプリンターに接続できなくなる不具合
2004は修正パッチKB4567523、1903と1909は修正パッチKB4567512をMSアップデートカタログから手動で落としてインストールしてください。

 

7)一部アプリケーションでIMEの漢字とひらがなが自動的に切り替わらない

この問題を一時的に回避するには、入力モードを手動に切り替えるか、『設定』 → 『設定の検索』に「日本語 IME の設定」と入力して『日本語 IME の設定』を開く → 『全般』 → 一番下の『以前のバージョンの Microsoft IME を使う』をオンに変更する。

回避策として一時的に使用し、設定をそのままにはしないことをお勧めするそうです。

 

8)LETモデム搭載機種で接続できなくなる
解決策はありません。

 

9)KB4557957を導入するとOfficeなどが開けなくなる。
主にAvastまたはAVG環境で発生するようです。セキュリティーソフトをアップデートしてください。

 

ざっと以上でしょうか。

漏れているものがあったらごめんなさいです。なお、相変わらずネットワークや周辺機器などを見失い不具合は一定数発生しています。旧来からのリセットや再接続、ドライバの最新版絵のアップなどで対処するしかありません…。本体記事の注意で書いている無署名ドライバの自動例外登録が外れてしまったケースなどでは対処方法がほぼないケースもあります(毎回テストモードで起動するしかない場合も出てきます…)。

 

今回の記事は以上です。

 


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA