【WinUp個別】2020年11月第4週のKB配信【2020/11/25】

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

2020年11月第4週のKB配信情報です。

今回手元の環境では、Win10(1909)に、KB4586878(.net)とKB4023057(クリティカル11/16付)が配信されたほかは来ていません。(11/25の05:30時点)

なお、配信が来たというのとは別の話ですが、1909の古めの機材でも20H2の機能更新プログラムが表示されるようになりましたので、提供範囲がかなり広がったのかなという気がします。

 

Win10(各Ver.)の累積の既知の不具合や解決方法は以下のページの左側のメニューから自分が確認したいVer.を選択して見てくださいね。

Windows 10バージョン2004およびWindows Serverバージョン2004

Windows 10、バージョン20H2およびWindows Server、バージョン20H2

 

対象 内容
キーワード Windows、KB、定例配信、不具合、障害
OS/ソフト Windows、Update、8.1、10
対象読者 Windows Update関連情報を求める方

 

今回の注意点

特にありませんが、以下に留意してください。

1)1909にKB4586878(.netプレ)とKB4023057(クリティカル11/16付け)が来ていますので、2002/20H2にも遅刻で配信があるかもしれません。

 

2)KB4023057(クリティカル11/16付け)の適用後に初期設定画面が表示された場合は、この記事下部の注意書きを参照してください。初設定がデフォルトに書き戻されている場合があります。

 

3)2002以前のVer.への20H2の順次配信の範囲が結構大きく広がったのではないかと思われます。

十分な対策(バックアップの取得など)をした上で更新するようにしてください。また、誤って適用しないようにしてください。

なお、適用後に前のVer.に戻す場合はWinのロールバック機能に頼るのは危険です。必ずイメージバックアップを取得しておくようにしましょう!

 

共通項目など

悪意その他共通の項目です。

今回はありません。

 

悪意

今回はありません。

 

OS・Ver.毎のKB配信

現在、Win10(20H2/2004)・Win10(1909/1903)・Win8.1のKB配信情報をお届けしています。

 

Win 10の記事に乗っていないVer.の重要な更新は以下で確認してくださいね。

Windows 10 の更新履歴

 

Win10(20H2/2004)

今回はありません。

ただし、KB4586878(.netプレ)が「Windows 10, version 1903 and later」となっていますので、環境や機材によっては配信されているかもしれません。内容は1909の記事を見てくださいね。

また、同様にWinUpエージェントの更新が遅れて配信される可能性があります。

 

Win10(1909/1903)

ダウンロードリンク
KB4586878(.netプレ)

KB4023057(クリティカル11/16付け)

 

.NET Framework 3.5 用の2020-11累積的な更新プログラムのプレビューと x64 (KB4586878) のWindows 10 Version 1903 用の 4.8
2020年11月19日-KB4586878Windows 10、バージョン1903、Windows Server、バージョン1903、Windows 10、バージョン1909、およびWindowsServerバージョン1909の.NETFramework3.5および4.8の累積的な更新プレビュー

 

2020-10 x86 ベース システム用 Windows 10 Version 1909 更新プログラム (KB4023057)
このプログラムに関しては、クリティカル(内容はWinUpエージェントの更新)であるためコンソールから再確認ができないのですが、タイトルでは10月となっているのに最終更新日時は11/16になっていたと思います。(記憶違いかもしれません)

WunUpカタログページにもまだ記載がありませんので、1803用の詳細リンクを貼り付けておきます。

なお、このプログラムをインストール後にオフラインアカウントを利用している私のPCでは初期設定画面が表示されました。下部にある留意事項を見ておいてくださいね。

 

2020-06 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 更新プログラム (KB4023057)
更新プログラムの信頼性のための Windows 10 Version 1507、1511、1607、1703、1709、1803、1809 の更新プログラム

この更新に関する注意事項

この更新プログラムでは、更新プログラムのインストールが完了するように、デバイスがスリープ状態になるまでの時間を長くすることが求められることがあります。

注: このインストールでは、ユーザーが構成したスリープ構成と、デバイスを最も使用する “アクティブな時間” が考慮されます。

この更新プログラムをインストールすると、問題が検出された場合にネットワーク設定のリセットが試行されることがあります。また、更新プログラムのインストールを妨げる可能性のあるレジストリ キーが消去されます。

お使いのバージョンの Windows 10 に対する更新プログラムの適用可能性を判断する Windows オペレーティング システム コンポーネントが無効な場合、または破損している場合、この更新プログラムによってコンポーネントが修復される可能性があります。

この更新プログラムでは、重要な更新プログラムをインストールするために十分なディスクの空き領域を増やすために、ユーザー プロファイル ディレクトリ内のファイルが圧縮されることがあります。

この更新プログラムでは、更新プログラムの正常なインストールを妨げる可能性がある問題を修復するために、Windows Update データベースをリセットすることがあります。そのため、Windows Update の履歴が消去されることがあります。

 

KB4023057適用後にオフラインアカウントを使用している手元PCで初期設定画面が表示されました。(MSアカウントを使用している環境でも同じかどうかは不明です)

この画面が表示されるケースでは、諸設定が(全部または一部)デフォルトに書き換えられてしまうことがあるのはよく知られた事実です。

もし表示された場合は、デフォルト以外の設定をしている項目(高速スタートアップやWinUp、テレメトリ送信など)をチェックして変更されていないか確認することをお勧めします。

 

Win8.1

今回はありません。

 

今回の記事は以上です。

 

コメントを残す

CAPTCHA