【WinUp個別】2020年10月第4週のKB配信【2020/10/29】

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

2020年10月のWin10第二定例日のKB配信情報です。

今回、通常のKB配信はありませんでした。(私の手元ではすでにフラッシュをアンインストールしていて、自動配信されているのかどうかは不明です。)

ただし、Win OS上からAdobe Flash Playerを削除するKB4577586が公開されています。

このKB、多少厄介なKBです・・・。

注意!

1)このKBは適用すると通常にコンパネからアンインストールすることができない。

 

2)このKBを適用後は、新たにAdobeFlasをインストールしようとしてもできない。

再インストールするためには、重要な注意事項に書かれている通り「システムの復元で適用以前の復元ポイントに戻す、または復元ポイントがなかったり復元がうまく行かない場合はOSを再インストールしてその後のWinUpでKB4577586は適用しない」という操作が必要になります。

このサイトとしては、KB4577586は適用せず、素直にコントロールパネルからフラッシュをアンインストールする手順を強くおすすめします。

 

ダウンロードリンク
KB4577586

 

x64ベースのシステム(KB4577586)の Windows 8.1 用 Adobe Flash Player の削除に関する更新
Adobe Flash Playerの削除に関する更新:2020年10月27日

重要な注意事項

Adobe Flash Playerは、2020年12月31日にサポートを終了します。詳細については、2020年12月31日にAdobeFlashのサポートを終了するを参照してください。

このアップデートを適用すると、WindowsデバイスからAdobe FlashPlayerが削除されます。

この更新プログラムが適用された後は、この更新プログラムをアンインストールできません。

この削除アップデートは、サポートが終了する前にリリースされ、Adobe FlashPlayerの削除によって発生する可能性のある影響についてお客様が環境をテストおよび検証できるようにします。また、Adobe Flash Playerの別のセキュリティアップデートがリリースされた場合でも、この削除アップデートを利用したお客様には、セキュリティアップデートが提供されます。

概要
このアップデートでは、「適用対象」セクションにリストされているWindowsオペレーティングシステムのいずれかにインストールされているAdobe FlashPlayerが削除されます。このアップデートを適用した後は、アンインストールできません。
注 この更新プログラムのインストール後にデバイスでAdobeFlash Playerを再度使用する必要がある場合は、次のいずれかの方法を使用してください。

方法1:デバイスを以前のシステムの復元ポイントにリセットします。この更新プログラムを適用する前に、この機能を明示的に有効にし、Windowsデバイス上にシステムの復元ポイントを作成しておく必要があります。

システムの復元ポイントの詳細については、「PCのバックアップと復元」を参照してください。
方法2: Windowsオペレーティングシステムを再インストールしますが、この更新プログラムは適用しないでください。

このアップデートの既知の問題
現在、このアップデートの問題は認識されていません。

 

今回の記事は以上です。

 

コメントを残す

CAPTCHA