お知らせ

ご利用ください
【お知らせ】【WinUp個別】Bitlocker関連過去記事リンク【2018/10/13】

【注意喚起】プリンター共有に関する記事へのアクセスが非常に多くなっています【2018/12/27】

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

お知らせ2
2019/2/6、旧館をはてなダイアリーからはてなブログに移行しました。詳細は【お知らせ】自作PCの道楽(旧館)のはてなブログへの移行について【2019/2/6】をご覧ください。

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にもあります。

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WordPressの機能を利用したもので,
よくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

298人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】2019年8月の第1定例配信後(8/14~8/17朝)の不具合/障害情報【2019/8/17】

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

1903に関しては、Intelのビデオの関係などでブロックされているであろう個体も多く、今のところ(先走って導入したか知らずに更新ボタンを押したために手動でアップされた)自業自得かなという感じのものが多いです。

それでも見ていると、NIC、内部接続も含めたUSB回りのトラブルはやはりという感じに多いです。

十分な人柱erが情報提供に協力した後にアップデートが正解と思います。1~3か月とブログには書いていますが、「実際には、リリースヘルスダッシュボードw見て既知の不具合が十分解決されてかから」というのが正解という感じですかね…。それでも注意するぐらいの気持ちでよい気がします。

今回Win7/8.1は第二定例後も平穏です。いずれにしろ、無理に導入する必要のないプレビューですから放置しましょうね。

 

目次

Win7系

Win8.1系

Win10系

 

対象 内容
キーワード Windows、KB、定例配信、不具合
OS/ソフト Windows、Update、7、8.1、10
対象読者 Windows Update関連情報を求める方

 

Win7系

今回も数は少ないですが、結構気になるケースがひとつつありました。

購入時期、機種もバラバラなHPの機材で、フォーカスが外れて文字入力などに支障が出るというものです。もしかすると、ほかの方のHP環境でも発生しているかもしれません。

今のところ解決策として「ドライバやファームウェアをメーカサイトから最新版を導入」で改善したというものが提示されています。

もしかすると最新のドライバーを導入している環境でも発生する恐れもある気がします。どういうことかというと、WinUp後に適正なドライバが「MS標準のドライバに置き換わる現象」が発生する場合があるためです。注意してくださいね。

また、WunUpの失敗のほかに「Win10へのアップグレードの失敗」というのが長期にわたって目立ちます。こちらも気を付けてくださいね。

8月14日の更新プログラム KB4512506について

8月14にあった月例Windwosアップデートの中で、セキュリティ マンスリー品質ロールアップ更新プログラム (KB4512506)だけが何度試みてもインストールに失敗します。

アップデート画面には、エラー 8E5E0158 と出ます。

Windows7.64bit.セキュリティーは、ESET Internet Security.Ver12.を入れています。

月例Windwosアップデートの時は、いつも「保護の一時停止」をしてアップデートしています。

どなたか、同じような症状が出ている方がいるでしょうか?

 

8/13のupdate後のwindows7の不具合
この質問はTECHNETに移動されています⇒8/13のupdate後のwindows7の不具合。なお、購入時期、機種もバラバラなHPの機材です。

昨日(8/13)のupdate後、

社内の複数のwindows7機でフォーカスが勝手にはずれる現象が発生し、
文字入力などで支障が出ています。

同様の症状が出ている方はいらっしゃいますか?

なにか対処法がありましたら、ご教授いただけますと助かります。

同じネットワーク上のwindows10機は大丈夫のようです。

 

Win8.1系

Win8.1も、この期間に目立った不具合/障害はありません。

ただし、期間をもう少し伸ばすと次の二つの問題が継続的に発生しています。

 

1)WinUp後に(内部接続を含む)USBなどの動作に障害がでる。

 

2)Win10への自動アップグレードに伴い、「失敗・失敗して起動しなくなる・ロールバックできない」などのケース。誤ってアップグレードした場合のほかに「真偽は不明ですが、勝手にアップされた」というようなものもありますので、アップグレードアシスタントが入ってしまっている人はアンインストールしておいた方が無難かもしれません。

 

Win10系

無線LAN・ネットワーク関連のトラブルとUSBや音声・画像出力のトラブルが相変わらず多いのですが、同様のことの繰り返しのため割愛しています。

番外
先日購入したPCが1903でした。システムが使用できないので、1809にダウングレードしたい

Window10(KB4512516)のインストールができない
1709の方です。Win10は基本的に18か月のVer.サポート期間を過ぎると「この更新プログラムはお使いのコンピュータには適用できません」と表示され、更新のインストールができません。

Windows Update KB2626806のインストール通知が繰り返し行われる
Bing バー は、Win10のサポート対象外です。

 

1809以前とVer.不明分

2019年8月更新以降、Windows10マウスのクリックが、その場所(アプリorフォルダーetc)によって正常に作動しない。(同様な質問あったらご容赦ください)

 

windows¥tempフォルダーがすぐに一杯になりディスク容量不足でドライブが赤色表示となる【Ver1903】
【WinUp個別】2018/4/11から4/15朝までの障害情報まとめ【2018/4/15】の冒頭のおまけに解決方法を書いていますが「temptempフォルダ内のcab_xxxが増殖を繰り返す事象」と考えられます。結構発生しているみたいです…。

 

Windows更新後の起動ができない

先月からなのですが、「1903」の更新後に「設定」が開かないパソコンがあります。

現在まで、8台同様の症状で内5台は新規購入、初期設定後に数回起動以内で発生

3台は「1903」更新後に発生しました。(2018/12購入)

「1809」での発生は確認されておりません。

8台とも、「windows10 home 64bit」が共通点です。

いろいろ調べて、コマンドプロンプトからの修復を6台は試しましたが改善されず、

(2台は時間の関係で現状維持)

1台は、上書きインストールで回復しました。

短期間に8台も同一症状が発生して、仕事に支障をきたしています。

複数の解決策があるようですが効果的な対策はないのでしょうか?

 

タブレット端末でwindows10を初期化したら、「他のユーザー」のログイン画面になってしまいました
相変わらず、ログイン関連の問題は発生していますね…。

 

1903
window10で1903にアップデート後、ウィルススキャンソフトが起動できなくなりました(カスペルスキー)

 

Windows 10 Pro 1903にアップしたら フォルダーの名前が変更出来ない【Ver1903】

 

Windows 10 1903にアップデート後、CPU使用率が異常に上昇する現象が多発する

 

Windows10 pro 1803~1903にアップしたら PCの動作が非常に緩慢になった

 

【0x800f081f】2019-08 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1903 の累積更新プログラム (KB4512508)更新できない【Ver1903】

 

windows10 1903 更新プログラムをいつインストールするかを選択する項目がなくなてしまい・・・【Ver1903】

 

【0x80004005】1903のアップ指令がありインストールしたが何度やっても失敗します。【Ver1903】

 

1903更新後、「設定」が開かない【Ver1903】

 

KB4512508 (OS Build 18362.295)のアップデートについて【Ver1903】

アップデートのあと再起動をプロンプトされますが、再起動しても、また同じように再起動をプロンプトされました。もしかと思い、ウイルスと脅威の防止のランサムウェアの防止の機能をオフにしたら、うまくインストールされました。ランサムウェアの防止の機能は悪意のあるアプリケーションによるデバイス上のファイル、フォルダー、メモリ領域の変更を防止しますね?ウインドウズのアップデートでこういうことありえるんですか?

 

Windowsアップデートした後ログインしたら個人用応答なしになって真っ暗
どうも、Crtl+Alt+Del ⇒ 再起動で直らないケースのようです。新しい管理者アカウントを作成して解決となったようですから、例によってユーザープロファイルの破損と考えられます。この問題、何とかならないんですかね…。

 

今回の記事は以上です。


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA