お知らせ

ご利用ください
【お知らせ】【WinUp個別】Bitlocker関連過去記事リンク【2018/10/13】

【注意喚起】プリンター共有に関する記事へのアクセスが非常に多くなっています【2018/12/27】

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

お知らせ2
2019/2/6、旧館をはてなダイアリーからはてなブログに移行しました。詳細は【お知らせ】自作PCの道楽(旧館)のはてなブログへの移行について【2019/2/6】をご覧ください。

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にもあります。

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WordPressの機能を利用したもので,
よくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

301人の購読者に加わりましょう

【Winup個別】2019年8月の第三定例日の配信KBなど【2019/8/28】

この記事を読むのに必要な時間は約 28 分です。

この記事について

2019年8月の第3定例日のKB配信と第二定例日に遅刻した分?のKB情報です。

Win10(1903)の分は遅れて配信されそうです。

 

Win10(1903)のBluetooth
2019/7/27公開のWindows10(1903)用更新プログラムKB4505903を適用するとBluetoothスピーカーに不具合が発生します。ほかのBluetooth機器は大丈夫なの?という感じなのですが、8月の第一定例更新後の記事でもなんとなく目立つと思ったら、MSが正式にアナウンスしたようです。

解決策は簡単で、cmd(管理者)から「 sfc /scannow 」を実行で直ります。

ただ、今後のロールにも同じものが含まれる可能性もありますので、しばらくの間1903にロールを適用した後は繰り返しになるかもしれませんね。

 

目次

すべてのKB一括

Win7系

Win8.1系

Win10系

 

対象 内容
キーワード Windows、KB、定例配信
OS/ソフト Windows、Update、7、8.1、10
対象読者 Windows Update関連情報を求める方

 

すべてのKB一括

ダウンロードリンク
2019/08月分の抽出

 

Webページが開いたのちに最終更新日時でソートしてください。「2019/08」以上の条件を追加するとサイトの仕様なのかKBがありませんになってしまう場合があるのが弱点です。

セキュリティーのみの更新を探す場合やドライバーの更新が来ていないか、1803以前の更新を確認するなどの場合に利用してくださいね。

 

Win7系

ダウンロードリンク
KB4512514(ロールプレ)

KB4512193(netプレ)

 

2019-08 x64 ベース システム用 Windows 7 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4512514)
2019年8月17日-KB4512514(マンスリーロールアップのプレビュー)
OS起動不能、ノートンは最新に(更新がなくなるまで手動でアップデート)、Internet Explorer 11のVBScriptの障害があります。

WSManサービス(WsmSvc)とWindows展開サービス(WDS)またはSystem Center Configuration Manager(SCCM)のPreboot Execution Environment(PXE)を利用して問題が発生しているというケースでなければ来月正式配信されるまでスルー推奨です。

改善と修正
このセキュリティ以外の更新プログラムには、KB4512506 (2019年8月13日リリース)の一部であった改善と修正が含まれ、次の月例ロールアップ更新のプレビューとしてこれらの新しい品質改善も含まれています。

WSManサービス(WsmSvc)をホストするsvchost.exeが 動作を停止し、同じホストプロセス内の他のサービスを停止する問題に対処します。この問題は、Windowsリモート管理(WinRM)の複数のインスタンスを実行するときに発生します。
Windows展開サービス(WDS)またはSystem Center Configuration Manager(SCCM)のPreboot Execution Environment(PXE)イメージを使用してデバイスを起動したときに、デバイスが起動しなくなる問題に対処します。エラーは、「ステータス:0xc0000001、情報:必要なデバイスが接続されていないか、アクセスできません。」です。

 

このアップデートの既知の問題

症状
7月9日の更新後にプロビジョニングされた、および/または推奨される更新(KB3133977)をスキップしたIA64デバイス(任意の構成)およびEFIブートを使用するx64デバイスは、次のエラーで起動に失敗する場合があります。

「ファイル:\ Windows \ system32 \ winload.efi

ステータス:0xc0000428

情報:Windowsはこのファイルのデジタル署名を検証できません。」

回避策
この問題を解決するには、エラーコード0xc0000428 のSHA-2サポートFAQ記事に記載されている手順に従ってください。

 

症状
シマンテックは、Windows UpdatesコードがSHA-2のみで署名された証明書がシマンテックまたはノートンのウイルス対策プログラムがインストールされたデバイスにインストールされた後に発生する可能性のある否定的な相互作用の可能性を特定しました。ソフトウェアは、Microsoftが署名したコードとして更新に含まれるファイルを正しく識別しない可能性があり、デバイスが更新の遅延または不完全の危険にさらされます。

回避策
この問題を軽減するために、シマンテックとノートンはウイルス対策ソフトウェアのアップデートをリリースしました。Symantec Endpoint Protectionで保護されたデバイスは、このアップデートと将来のアップデートを安全に適用できます。詳細については、シマンテックのサポート記事 を参照してください 。Norton SecurityおよびNorton 360製品は製品アップデートを自動的にインストールするか、ユーザーがLiveUpdateを手動で実行し、利用可能なアップデートがなくなるまで再起動します。

影響を受けるデバイスのセーフガード機能は、来週中に削除され、お客様がウイルス対策アップデートの解決を適用できるようにします。

 

症状
Internet Explorer 11のVBScriptは、KB4507437(マンスリーロールアップのプレビュー)またはKB4511872(Internet Explorerの累積更新プログラム)以降をインストールした後、デフォルトで無効になります。ただし、状況によっては、VBScriptが意図したとおりに無効にならない場合があります。

回避策
この問題を軽減するには、次の手順を実行します。

Internet Explorer 11で[ ツール ]アイコンを選択する か、キーボードのAltキーを押したまま、文字xを押してメニューを表示します。
[ インターネットオプション]を選択します。
[ セキュリティ ]タブを選択します。
[ セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください ] フィールドでインターネットアイコンを選択します。
[ デフォルトレベル ]ボタンを選択します。
[ OK ]ボタンを選択して設定を受け入れ、ダイアログを閉じます。
Internet Explorer 11を閉じます。次回の起動時に、VBScriptは無効になります。
解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供します。

 

2019-08 x64 対応の Windows 7 および Server 2008 R2 向け .NET Framework 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、 4.8 用の品質ロールアップのプレビュー (KB4512193)
Windows 7 SP1およびWindows Server 2008 R2 SP1用の.NET Framework 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8の品質ロールアップのプレビュー(KB4512193)

 

Win8.1系

ダウンロードリンク
KB4512478(ロールプレ)

KB4511524(netプレ)

 

2019-08 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4512478)
2019年8月17日-KB4512478(マンスリーロールアップのプレビュー)

改善と修正
このセキュリティ以外の更新プログラムには、KB4512488 (2019年8月13日リリース)の一部であった改善と修正が含まれ、次の月例ロールアップ更新のプレビューとしてこれらの新しい品質改善も含まれています。

LSASSのメモリ使用量がシステムの再起動が必要になるまで増加し続ける問題に対処します。
rdpdr.sysが応答を停止したり、動作を停止したりする可能性がある問題に対処します(0x18、0x50、0xa、0x27、0x133)。この問題は、リモートデスクトッププロトコル(RDP)クライアントがローカルシステム上のリダイレクトされたドライブを使用する場合に発生します。
Windows展開サービス(WDS)またはSystem Center Configuration Manager(SCCM)のPreboot Execution Environment(PXE)イメージを使用してデバイスを起動したときに、デバイスが起動しなくなる問題に対処します。エラーは、「ステータス:0xc0000001、情報:必要なデバイスが接続されていないか、アクセスできません。」です。

 

このアップデートの既知の問題
症状
名前変更など、クラスター共有ボリューム(CSV)上のファイルまたはフォルダーに対して実行する特定の操作は、エラー「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」で失敗する場合があります。これは、管理者権限を持たないプロセスからCSV所有者ノードで操作を実行するときに発生します。

回避策
次のいずれかを実行します。

管理者特権を持つプロセスから操作を実行します。
CSV所有権を持たないノードから操作を実行します。
マイクロソフトは解決に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

2019-08 x64 対応の Windows 8.1 および Server 2012 R2 向け .NET Framework 4.8 用の品質ロールアップのプレビュー (KB4511524)
Windows 8.1、RT 8.1、およびWindows Server 2012 R2用の.NET Framework 4.8の品質ロールアップのプレビュー(KB4511524)

 

Win10系


サービススタック更新プログラムについて

WinUpの検索時にロールアップ中の必要なものだけを導入する仕組みに使われるものです。最近特にWin10でWinUp時のトラブルのもとになっているようです。

今後の記事で、注意書きがなされないことも出てくると思いますが、このプログラムが最新でない場合ロールアップのダウンロードや導入時に次のような障害が発生する場合があります。

・WinUpの検索に非常に時間がかかる、いつまでも終わらない

・必要なプログラムが落ちてこない、逆に不要なものが落ちてくる

・KB適用に失敗する…など

基本的に手動更新(KB番号を元にスタンドアローンを自分で落としている場合)はサービススタック更新が落ちてきません。また、環境により自動更新でもうまく落ちてこない場合があるようです。

手動更新(KB番号を元にスタンドアローンを自分で落としている場合)の方と自動更新で導入に失敗するという方は、当月分のKB詳細ページ中の「その他の情報を確認し、必要条件などを満たしているかどうか、サービススタックの更新がないかどうか」を確認してくださいね。

KB詳細ページにはそれらの(ダウンロード)リンクやより詳しい情報のリンクなどが設置されています。

 

 

注:一部のPCで発生する、ロールアップ適用後の真っ黒画面は解消されていません。

 

ダウンロードリンク
毎月のロールアップ全Ver.

(ページでVer.を選択⇒下部のこの更新プログラムの入手方法⇒この更新プログラムのインストール⇒Microsoft Update カタログのリンクと進んでくださいね)

 

1809
KB4512192(net正式)

KB4512534(ロール正式)

 

2019-08 .NET Framework 3.5、4.7.2 および 4.8 の累積的な更新プログラム (x64 向け Windows 10 Version 1809 用) (KB4512192)
2019年8月20日— KB4512192 Windows 10、バージョン1809およびWindows Server 2019用の.NET Framework 3.5、4.7.2、4.8の累積的な更新

 

2019-08 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1809 の累積更新プログラム (KB4512534)
2019年8月17日-KB4512534(OSビルド17763.720)

発売日:2019年8月17日
バージョン:OSビルド17763.720

注 @WindowsUpdateをフォローして、リリース情報ダッシュボードに新しいコンテンツがいつ公開されるかを確認してください。

更新KB4497934から、機能更新をいつインストールするかを決定できる機能を導入しています。デバイスを最新の状態に保ちながら、機能の更新を取得するタイミングを制御します。対象のデバイスで利用可能な機能の更新は、Windows Updateページの別のモジュールに表示されます([設定] > [ 更新とセキュリティ] > [ Windows Update])。利用可能なアップデートをすぐに入手したい場合は、[ 今すぐダウンロードしてインストール]を選択します。この機能の詳細については、このブログをご覧ください。

Windows 10デバイスがサービスの終了時、またはサービス終了に数か月以内に達すると、Windows Updateは機能の更新を自動的に開始し始めます。これにより、これらのデバイスがサポートされ、デバイスのセキュリティとエコシステムの健全性に不可欠な月次更新が受信されます。

クリティカル、セキュリティ、ドライバー、サービスパックなど、さまざまな種類のWindows更新プログラムの詳細については、次の記事を参照してください。

ハイライト
デバイスを再起動した後、Windows Helloの顔認識が機能しなくなる問題を更新します。
Microsoft Edgeは、横向きと縦向きのページを含むPDFドキュメントを正しく一緒に印刷できます。
Microsoft Edgeは、一度だけ正しく開くように構成されたPDFを開くことができます。
Microsoft EdgeとInternet Explorerを使用して特定のWebサイトから著作権で保護されたデジタルメディア(音楽、テレビ番組、映画など)をダウンロードする際の問題を更新します。

 

改善と修正
このセキュリティ以外の更新には、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

Microsoft HoloLens 1デバイスへのアプリの展開に関するプッシュ通知の信頼性が向上しています。

再起動後にWindows Hello Face認証が機能しなくなる問題を解決します。

Microsoft EdgeおよびInternet Explorerを使用して特定のWebサイトからデジタル著作権管理(DRM)ファイルをダウンロードする際の問題を解決します。

特定の条件でユニバーサルCランタイムライブラリがタイムゾーングローバル変数の適切な値を返すことを妨げる問題に対処します。

展開イメージのサービスと管理(DISM)が断続的に応答を停止し、Microsoft System Center Configuration Manager(SCCM)を使用していくつかのプレインストールアプリのプロビジョニングを解除する問題に対処します。

英語(キプロス)(en-CY)ロケールのデフォルトのキーボードが適切に設定されていなかった問題に対処します。
Microsoft Edgeが横向きおよび縦向きのページを含むPDFドキュメントを正しく印刷できるようにする問題に対処します。
Microsoft Edgeで一度だけ開くように設定されているPDFの問題に対処します。

Win32サブシステムとデスクトップウィンドウマネージャー(DWM)のパフォーマンスの問題に対処します。
アプリがimm32.dllを使用するときに発生する特殊文字の入力と表示に関する問題に対処します。

ユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)アプリでのコンポジションハンドルリークに対処します。

機能が失われ、デバイスの動作が停止する可能性があるdwm.exeのメモリリークに対処します。

起動中にShiftキーを押したままにすると、自動サインイン(自動ログオン)をバイパスできない問題に対処します。

Windows Management Instrumentation(WMI)クラスのWin32_PhysicalMemoryが、32 GBのメモリチップにCapacity値がないことを報告する問題に対処します。

App-Vアプリケーションが開かない問題を解決し、ネットワーク障害エラーを表示します。この問題は、システムのバッテリーが低下したときや予期しない電源障害が発生したときなど、特定の状況で発生します。
除外パスが機能しない場合があるユーザーエクスペリエンス仮想化(UE-V)の問題に対処します。

Windows Defender Advanced Threat Protection(ATP)が一時的に他のプロセスによるファイルへのアクセスを妨げる原因となるまれな問題に対処します。

更新されたユーザープリンシパル名(UPN)を使用してサインインすると、ワークステーションが機能しなくなる問題に対処します(たとえば、UserN @ contoso.comをUser.Name@contoso.comに変更します)。

Windows Defender Application ControlがサードパーティのバイナリをユニバーサルWindowsプラットフォームアプリケーションからロードできない問題を解決します。CodeIntegrityイベントエラー3033は、「コード整合性により、プロセス(<プロセス名>)がストア署名レベルの要件を満たしていない<バイナリ名>をロードしようとしたことが判明しました。」

一部のTrusted Platform Module(TPM)デバイスが次世代の資格情報に使用されない問題を解決します。

コンテナで実行されているアプリケーションとポートの競合が原因で、コンテナホスト上のアプリケーションが断続的に接続を失う問題を解決します。

一部のユーザーがシャドウプリンシパルのメンバーとして追加されたときにTTL値を受信できないという問題に対処します。これは、エスケープ文字を含む識別名(DN)を持つユーザーに対して発生します。TTL値が期待どおりに追加されるようになりました。

input要素のdisabled属性の問題を解決します。これにより、スコープを許可エンドポイントに渡すことができなくなります。
Windowsがポートを使い果たす原因となるWindows通知ソケットのリークの問題に対処します。

グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)でサーバーエディションがマルチライセンス認証キー(MAK)でライセンス認証されない問題を解決します。エラーは「0x80070490」です。

ごみ箱が信頼を保持しているドメインで構成されている場合、ドメインの信頼を破壊する可能性がある問題に対処します。

x2APICが有効になっているシステムで、デバイスごとにサポートされる割り込みの数を512に増やします。

Windows展開サービス(WDS)またはSystem Center Configuration Manager(SCCM)のPreboot Execution Environment(PXE)イメージを使用してデバイスを起動したときに、デバイスが起動しなくなる問題に対処します。エラーは、「ステータス:0xc0000001、情報:必要なデバイスが接続されていないか、アクセスできません。」です。

次の応答が停止する可能性がある問題に対処します。

Visual Basic 6(VB6)を使用して作成されたアプリケーション。
Visual Basic for Applications(VBA)を使用するマクロ。
Visual Basic Sc​​ripting Edition(VBScript)を使用するスクリプトまたはアプリ。
また、「Invalid procedure call」エラーが表示される場合があります。

Windows Serverフェールオーバークラスター、Samba Linuxコンピューター、およびローカルユーザーとグループの移行をサポートするために、ストレージ移行サービスを改善します。

オンプレミスネットワークとAzureネットワーク間の移行のサポートを追加します。

以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージに含まれる新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

Windows Updateの改善

マイクロソフトは、信頼性を向上させるために、Windows Updateクライアントに直接更新プログラムをリリースしました。EnterpriseおよびProエディションを含むWindows Updateから自動的に更新を受信するように構成されたWindows 10を実行しているデバイスには、デバイス互換性およびビジネス向けWindows Update延期ポリシーに基づいた最新のWindows 10機能更新が提供されます。これは、長期サービスエディションには適用されません。

 

このアップデートの既知の問題
症状
名前変更など、クラスター共有ボリューム(CSV)上のファイルまたはフォルダーに対して実行する特定の操作は、エラー「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」で失敗する場合があります。これは、管理者権限を持たないプロセスからCSV所有者ノードで操作を実行するときに発生します。

回避策
次のいずれかを実行します。

管理者特権を持つプロセスから操作を実行します。
CSV所有権を持たないノードから操作を実行します。
マイクロソフトは解決に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

症状
KB4493509のインストール後、一部のアジア言語パックがインストールされたデバイスは、「0x800f0982-PSFX_E_MATCHING_COMPONENT_NOT_FOUND」というエラーを受け取る場合があります。

回避策
最近追加した言語パックをアンインストールして再インストールします。手順については、「Windows 10で入力および表示言語設定を管理する」を参照してください。
[ 更新プログラムの確認]を選択し 、2019年4月の累積更新プログラムをインストールします。手順については、Windows 10の更新を参照してください。
注言語パックを再インストールしても問題が軽減されない場合は、次のようにPCをリセットしてください。

[設定]アプリ> [ 復旧]に移動します。
[ このPCリカバリをリセット ]オプションの下にある[ 開始 ]を選択します。
[ ファイルを保持]を選択します。
マイクロソフトは解決に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

症状
更新プログラムのインストール後、最初のログオン時に少数のデバイスが黒い画面に起動する可能性があるという報告を調査しています。

回避策
この問題、プレス緩和するために はCtrl + Alt + Deleteをが、 その後、選択 電源 画面の右下隅を選択してボタンを 再起動します。デバイスは正常に再起動します。

解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供します。

 

症状
NetQueryDisplayInformation APIまたは同等のWinNTプロバイダーを呼び出すアプリケーションとスクリプトは、データの最初のページ(多くの場合50または100エントリ)の後に結果を返さない場合があります。追加のページをリクエストすると、「1359:内部エラーが発生しました」というエラーが表示される場合があります。この問題は、このアップデートおよび2019年6月18日以前のすべてのアップデートで発生します。

回避策
解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供します

 

1903
8/27朝の時点では配信がありません。

 

今回の記事は以上です。

 


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA