【WinUp個別】2019年12月の第一定例日KB配信【2019/12/11】

この記事を読むのに必要な時間は約 26 分です。

この記事について

2019年12月の第一定例日のKB配信情報です。

 

今月のハイライトと注意点

・Win7/8/2008/2012にサービススタックが配信されています。

 

・Win7でサービススタックの更新(KB4531786)が自動更新で落ちてこないPCがあるようです。その場合結果の確認では、更新はありませんということになってしまいます…。

このような場合は、KB4531786手動でダウンロードして先に適用すると正常に更新の確認ができるようになります。

 

・2012に2019-12 Servicing Stack Update for Windows Server 2012 for x64-based Systems (KB4532920)が配信されていますので、通常ですと8.1にも来ると思うのですが一覧で探しても出てきません。

後ほど配信があった場合や、関連の情報が出てきたら追加でお知らせします。

2019/12/11 16:00追記

Win8.1は2012Rと同世代ですから、落ちてこなくて(配信されていなくて)当然でした…。面目ない。

 

・Win10で日本語IMEを利用している場合にローカルアカウントを(日本語で)作成できない問題が1903と1909で修正されました。他のVer.はそのままです。なお、いったん英語で作成し、コントロールパネルのユーザーから日本語に変更する形で問題を回避できます。

 

目次

すべてのKB一括

悪意

Adobeフラッシュ

Win7系

Win8.1系

Win10系

 

対象 内容
キーワード Windows、KB、定例配信
OS/ソフト Windows、Update、7、8.1、10
対象読者 Windows Update関連情報を求める方

 

すべてのKB一括

ダウンロードリンク
2019/12月分の抽出

 

Webページが開いたのちに最終更新日時でソートしてください。「2019/12」以上の条件を追加するとサイトの仕様なのかKBがありませんになってしまう場合があるのが弱点です。

セキュリティーのみの更新を探す場合やドライバーの更新が来ていないか、1803以前の更新を確認するなどの場合に利用してくださいね。

悪意

KB890830

悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

 

Win7用の悪意は、インストールに失敗する可能性があるということで配信が一時停止されています。(11/18 06:00時現在)

 

Adobeフラッシュ(Win8.1/10)

特にWin7の方は忘れずに更新してくださいね。

Adobe Flash Player 32.0.0.303

Flash Playerダウンロードセンター

 

Win7系

サービススタックの更新(KB4531786)が自動更新で落ちてこないPCがあるようです。その場合は、更新はありませんということになってしまいます…。

その場合は、KB4531786手動でダウンロードして先に適用すると正常に更新の確認ができるようになります。

 

KB4531786(サービススタック)

KB4533095(net)

KB4530734(ロール)

 

2019-12×64 ベース システム用 Windows 7 サービス スタック更新プログラム (KB4531786)
Windows 7 SP1およびServer 2008 R2 SP1のスタック更新の保守:2019年12月10日

 

2019-12 Windows 7 および Server 2008 R2 (x64 版) 用 .NET Framework 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8 のセキュリティおよび品質ロールアップ (KB4533095)
Windows 7 SP1およびServer 2008 R2 SP1用の.NET Framework 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8のセキュリティおよび品質ロールアップ(KB4533095)

 

2019-12 x64 ベース システム用 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4530734)
2019年12月10日-KB4530734(マンスリーロールアップ)

リリース日:2019年12月10日
バージョン:毎月のロールアップ

重要この更新プログラムをインストールする前 に、「この更新プログラムの入手方法」セクションに記載されている必要な更新プログラムがインストールされていることを確認してください。

重要一部のオペレーティングシステムのオンプレミスバージョンの Extended Security Update(ESU)を購入したお客様は、2020年1月14日に延長サポートが終了した後も特定の手順に従ってセキュリティアップデートの受信を続ける必要があります。詳細については、 KB4522133を参照してください。

重要 2020年1月15日に、2020年1月14日にサポートが終了した後、Windows 7 Service Pack 1を使用し続けるリスクを説明するフルスクリーン通知が表示されます。通知は、対話するまで画面に残ります。それと。この通知は、Windows 7 Service Pack 1の次のエディションでのみ表示されます。

スターター。
ホームベーシック。
ホームプレミアム。
プロフェッショナル。Extended Security Update(ESU)を購入した場合、通知は表示されません。詳細については 、対象となるWindowsデバイスの拡張セキュリティ更新プログラムを取得する方法 および ライフサイクルFAQ-拡張セキュリティ更新プログラムを参照してください。
究極。
なお、 通知はキオスクモードでドメインに参加しているマシンまたはマシン上では表示されません。

 

改善と修正
このセキュリティ更新プログラムには、更新プログラムKB4525251(2019年11月19日リリース)の一部であった改善と修正が含まれており、次の問題に対処しています。

Windows Input and Composition、Windows Virtualization、Windows Kernel、Windows Peripherals、Microsoft Scripting Engine、およびWindows Serverのセキュリティ更新。

解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティアップデートガイド」を参照してください。

 

このアップデートの既知の問題
マイクロソフトは現在、この更新プログラムに関する問題を認識していません。

 

Win8.1系

ダウンロードリンク
KB4533097(net)

KB4530702(ロール)

 

今月、Win7/8/2008/2012にWinUpの更新(サービススタック)が配信されました。

2012に2019-12 Servicing Stack Update for Windows Server 2012 for x64-based Systems (KB4532920)が配信されていますので、通常ですと8.1にも来ると思うのですが一覧で探しても出てきません。

後ほど配信があった場合や、関連の情報が出てきたら追加でお知らせします。

2019/12/11 16:00追記

Win8.1は2012Rと同世代ですから、落ちてこなくて(配信されていなくて)当然でした…。面目ない。

 

2019-12 Windows 8.1 および Server 2012 R2 (x64 版) 用 .NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8 のセキュリティおよび品質ロールアップ (KB4533097)
Windows 8.1、RT 8.1、およびWindows Server 2012 R2用の.NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8のセキュリティおよび品質ロールアップ(KB4533097)

 

2019-12 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4530702)
2019年12月10日-KB4530702(マンスリーロールアップ)

リリース日:2019年12月10日
バージョン:毎月のロールアップ

改善と修正
このセキュリティ更新プログラムには、更新プログラムKB4525252(2019年11月19日リリース)の一部であった改善と修正が含まれており、以下の問題に対処しています。

Windows仮想化、Windowsカーネル、Windows周辺機器、Microsoft Scripting Engine、およびWindows Serverのセキュリティ更新。

解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティアップデートガイド」を参照してください。

 

このアップデートの既知の問題
症状
名前変更など、クラスター共有ボリューム(CSV)上のファイルまたはフォルダーに対して実行する特定の操作は、エラー「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」で失敗する場合があります。これは、管理者権限を持たないプロセスからCSV所有者ノードで操作を実行すると発生します。

回避策
次のいずれかを実行します。

管理者特権を持つプロセスから操作を実行します。
CSV所有権を持たないノードから操作を実行します。
マイクロソフトは解決に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

Win10系

1809
KB4533094(net)

KB4530715(ロール)

 

1903・1909
KB4533002(net)

KB4530684(ロール)

 

1809
2019-12 .NET Framework 3.5、4.7.2 および 4.8 の累積的な更新プログラム (x64 向け Windows 10 Version 1809 用) (KB4533094)
2019年12月10日-KB4533094 Windows 10バージョン1809およびWindows Server 2019用の.NET Framework 3.5、4.7.2および4.8の累積的な更新

 

2019-12 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1809 の累積更新プログラム (KB4530715)
2019年12月10日-KB4530715(OSビルド17763.914)

リリース日:2019年12月10日
バージョン:OSビルド17769314

注このリリースには、2019年12月10日にリリースされたMicrosoft HoloLens(OSビルド17763.914)の更新も含まれています 。Microsoftは、この最新のOSビルドに更新されていないMicrosoft HoloLensでのWindows Updateの信頼性を向上させるために、Windows Updateクライアントに直接更新をリリースします。

クリティカル、セキュリティ、ドライバー、サービスパックなど、さまざまな種類のWindows更新プログラムの詳細については、次の記事を参照してください。

 

ハイライト
Windowsが基本操作を実行するときのセキュリティを改善するための更新。
外部デバイス(ゲームコントローラーやWebカメラなど)を使用する際のセキュリティを改善するための更新。
Windows on ArmでMicrosoft Storeを開けない場合がある問題を更新します。

 

改善と修正
このセキュリティ更新プログラムには品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

デバイスの診断データ設定が有効で基本に設定されている場合の診断データ処理の問題に対処します。

Microsoft StoreがWindows on Armで開かない場合がある問題に対処します。

Windows仮想化、Windowsカーネル、Windows周辺機器、Microsoft Scripting Engine、およびWindows Serverのセキュリティ更新。

以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージに含まれる新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティアップデートガイド」を参照してください。

Windows Updateの改善

Microsoftは、信頼性を向上させるために、Windows Updateクライアントに直接更新プログラムをリリースしました。EnterpriseおよびProエディションを含むWindows Updateから自動的に更新を受信するように構成されたWindows 10を実行しているデバイスには、デバイス互換性およびビジネス向けWindows Update延期ポリシーに基づいた最新のWindows 10機能更新が提供されます。これは、長期サービスエディションには適用されません。

 

このアップデートの既知の問題
症状
名前変更など、クラスター共有ボリューム(CSV)上のファイルまたはフォルダーに対して実行する特定の操作は、エラー「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」で失敗する場合があります。これは、管理者権限を持たないプロセスからCSV所有者ノードで操作を実行すると発生します。

回避策
次のいずれかを実行します。

管理者特権を持つプロセスから操作を実行します。
CSV所有権を持たないノードから操作を実行します。
マイクロソフトは解決に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

症状
KB4493509のインストール後、一部のアジア言語パックがインストールされたデバイスは、「0x800f0982-PSFX_E_MATCHING_COMPONENT_NOT_FOUND」というエラーを受け取る場合があります。

回避策
最近追加した言語パックをアンインストールして再インストールします。手順については、「Windows 10で入力および表示言語設定を管理する」を参照してください。
[ 更新プログラムの確認]を選択し 、2019年4月の累積更新プログラムをインストールします。手順については、Windows 10の更新を参照してください。
注言語パックを再インストールしても問題が軽減されない場合は、次のようにPCをリセットしてください。

[設定]アプリ> [ 復旧]に移動します。
[ このPCリカバリをリセット ]オプションの下にある[ 開始 ]を選択します。
[ ファイルを保持]を選択します。
マイクロソフトは解決に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

症状
Out of Box Experience(OOBE)中に新しいWindowsデバイスをセットアップするとき、Input Method Editor(IME)を使用しているときにローカルユーザーを作成できない場合があります。この問題は、中国語、日本語、または韓国語でIMEを使用している場合に影響する可能性があります。

注この問題は、OOBE中のMicrosoftアカウントの使用には影響しません。

回避策
この問題を軽減するには、ユーザー作成時にキーボード言語を英語に設定するか、Microsoftアカウントを使用してOOBEを完了します。ユーザーの作成後に、キーボード言語をお好みの言語に戻すことができます。OOBEが完了してデスクトップが表示されたら、次の手順を使用して現在のユーザーの名前を変更できます。新しいローカルユーザーを作成する場合は、KB4026923を参照してください。

マイクロソフトは解決に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

1903・1909
2019-12 Cumulative Update for .NET Framework 3.5 and 4.8 for Windows 10 Version 1903 for x64 (KB4533002)
2019年12月10日-KB4533002 Windows 10バージョン1903およびWindows Server 1903 RTMおよびWindows 10バージョン1909およびWindows Serverバージョン1909用の.NET Framework 3.5および4.8の累積的な更新

 

2019-12 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1903 の累積更新プログラム (KB4530684)
2019年12月10日-KB4530684(OSビルド18362.535および18363.535)

リリース日:2019年12月10日
バージョン:1903-OSビルド18362.535および1909-OSビルド18363.535

Windows 10バージョン1909およびWindows 10バージョン1903リリースノートの新機能

Windows 10バージョン1903および1909は、共通のコアオペレーティングシステムと同一のシステムファイルセットを共有しています。その結果、Windows 10バージョン1909の新機能は、Windows 10バージョン1903の最近の毎月の品質更新(2019年10月8日リリース)に含まれていましたが、現在は休止状態です。これらの新機能は、Windows 10バージョン1909の機能をアクティブ化するだけの小さなインストールが簡単な「マスタースイッチ」である有効化パッケージを使用してオンになるまで、休止状態のままになります。

この変更を反映するために、Windows 10バージョン1903およびWindows 10バージョン1909のリリースノートでは、更新履歴ページが共有されます。各リリースページには、1903バージョンと1909バージョンの両方で対処された問題のリストが含まれます。1909バージョンには1903の修正が常に含まれていることに注意してください。ただし、1903には1909の修正が含まれていません。このページでは、1909と1903の両方のバージョンのビルド番号が提供されるため、問題が発生した場合にサポートが容易になります。

イネーブルメントパッケージの詳細と機能の更新を取得する方法については、Windows 10バージョン1909配信オプションのブログをご覧ください。

クリティカル、セキュリティ、ドライバー、サービスパックなど、さまざまな種類のWindows更新プログラムの詳細については、次の記事を参照してください。

注 @WindowsUpdateをフォローして、リリース情報ダッシュボードに新しいコンテンツが公開されたことを確認します。

 

ハイライト
Windowsが基本操作を実行するときのセキュリティを改善するための更新。

 

改善と修正

Windows 10バージョン1909
このセキュリティ更新プログラムには品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

このビルドには、Windows 10バージョン1903からのすべての改善点が含まれています。
このリリースでは、追加の問題は文書化されていません。

Windows 10バージョン1903
注このリリースには、2019年12月10日リリースのMicrosoft HoloLens(OSビルド18362.1042)の更新も含まれています 。Microsoftは、この最新のOSビルドに更新されていないMicrosoft HoloLensでのWindows Updateの信頼性を向上させるために、Windows Updateクライアントに直接更新をリリースします。

このセキュリティ更新プログラムには品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

一部のデバイスのcldflt.sysでエラー0x3Bを引き起こす可能性のある問題に対処します。
中国語、日本語、または韓国語の入力方式エディター(IME)を使用してローカルユーザーアカウントを作成できない可能性がある問題に対処します。この問題は、Out of Box Experience(OOBE)中に新しいWindowsデバイスをセットアップするときに発生します。
Windows仮想化、Windowsカーネル、Microsoft Scripting Engine、およびWindows Serverのセキュリティ更新。
以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージに含まれる新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティアップデートガイド」を参照してください。

Windows Updateの改善

Microsoftは、信頼性を向上させるために、Windows Updateクライアントに直接更新プログラムをリリースしました。EnterpriseおよびProエディションを含むWindows Updateから自動的に更新を受信するように構成されたWindows 10を実行しているデバイスには、デバイス互換性およびビジネス向けWindows Update延期ポリシーに基づいた最新のWindows 10機能更新が提供されます。これは、長期サービスエディションには適用されません。
以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージに含まれる新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティアップデートガイド」を参照してください。

 

このアップデートの既知の問題
マイクロソフトは現在、この更新プログラムに関する問題を認識していません。

 

今回の記事は以上です。


人気ブログランキング

One Response to “【WinUp個別】2019年12月の第一定例日KB配信【2019/12/11】”

  1. サービススタックの更新は、WS2012r2用も下りて来ていません
    WSUS上では
    WS2K8(Vista) WS2k8r2(7) WS2K12(8) WS2K12r2(8.1) で
    x86 x64で最大9種のサービススタックの更新が、発生します。
    ※KBは各NTバージョンで同一

    御指摘のKB4532920は、WS2K12(8) NT6.2系の物なので
    WS2K12r2 及 Win8.1の物では有りません。

    WSUS上にも、下りてきておりません

コメントを残す

CAPTCHA