お知らせ

ご利用ください
【お知らせ】【WinUp個別】Bitlocker関連過去記事リンク【2018/10/13】

【注意喚起】プリンター共有に関する記事へのアクセスが非常に多くなっています【2018/12/27】

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

お知らせ2
2019/2/6、旧館をはてなダイアリーからはてなブログに移行しました。詳細は【お知らせ】自作PCの道楽(旧館)のはてなブログへの移行について【2019/2/6】をご覧ください。

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にもあります。

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WordPressの機能を利用したもので,
よくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

302人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】2019年10月の第一定例日KB配信【2019/10/9】

この記事を読むのに必要な時間は約 32 分です。

この記事について

勤務の関係で遅くなりましたが、2019年10月の第一定例日のKB配信情報です。

 

今回の配信の注意点

・Win10(1803以前)にDynamic Updateというのが来ています。これは「OS インストールの初期セットアップ最中に、重要なドライバー、コンポーネント、およびセットアップの機能強化を取得するために使用」というものです。後入れでも効果を発揮するかどうかは不明ですが、1703から1809や1903に更新するなどのケースで「OS セットアップが完了した際には、元のメディア等に含まれていない修正プログラムやドライバが適用された状態」を担保するためのものです。

強化されることでVer.アップ時のトラブル発生を減らすことができますので必ず適用してくださいね。

なお、自動で落ちてこない場合は2019/10月分の抽出から手動でインストールしてくださいね。

 

・最近の傾向として、Win7/8.1/10すべてサービススタックが最新でないとトラブル発生の原因となります。また、手動更新の場合は先入れとなりますので注意が必要です。

 

目次

すべてのKB一括

悪意

Adobeフラッシュ

Win7系

Win8.1系

Win10系

 

対象 内容
キーワード Windows、KB、定例配信
OS/ソフト Windows、Update、7、8.1、10
対象読者 Windows Update関連情報を求める方

 

すべてのKB一括

ダウンロードリンク
2019/10月分の抽出

 

Webページが開いたのちに最終更新日時でソートしてください。「2019/08」以上の条件を追加するとサイトの仕様なのかKBがありませんになってしまう場合があるのが弱点です。

セキュリティーのみの更新を探す場合やドライバーの更新が来ていないか、1803以前の更新を確認するなどの場合に利用してくださいね。

悪意

ダウンロードリンク
KB890830

Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

 

Adobeフラッシュ(Win8.1/10)

今月は今のところありません。

 

Win7系

KB4519976(ロール)

KB4524102(.net)

その他のKB

 

注1:今月の配信で古いKBが3~7個程度落ちてくる場合があるようです。IE11の脆弱性対策などに関連するというようなことが書かれたサイトもありますので、配信された方は適用の方向でよいかと思います。

 

注2:今月の更新前にKB4516655がインストールされているか確認してください。

確認するのが面倒という方は、ダウンロードして適用してしまってもOKです。

ただし、サブ機などにしていて更新をさぼっていた方はKB4516655の適用前に「 KB4490628 ・ KB4474419 」を導入する必要があります。(手動更新ではなく、素直に自動更新を何度か繰り返すのが吉と思います)

 

2019-10 x64 ベース システム用 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4519976)
2019年10月8日-KB4519976(マンスリーロールアップ)

重要この更新プログラムをインストールする前 に、「この更新プログラムの入手方法」セクションに記載されている推奨更新プログラムをインストールしたことを確認してください。2019年8月13日以降のすべての更新では、問題を防ぐためにこれらの更新をインストールすることを強くお勧めします。

 

重要一部のオペレーティングシステムのオンプレミスバージョンの拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)を購入したお客様は、2020年1月14日に延長サポートが終了した後も、特定の手順に従ってセキュリティ更新プログラムの受信を継続する必要があります。詳細については、 KB4522133を参照してください。

 

改善と修正
このセキュリティ更新プログラムには、更新プログラムKB4516048(2019年9月24日リリース)の一部であった改善と修正が含まれており、次の問題に対処しています。

KB4507437(マンスリーロールアップのプレビュー)またはKB4511872(Internet Explorer累積更新)以降をインストールした後、デフォルトでInternet ExplorerでVBScriptを無効にできない問題に対処します。
印刷ジョブの処理にWindows JavaScriptエンジン(jscript.dll)を使用するアプリケーションおよびプリンタードライバーの問題に対処します。
Windows認証、Microsoft JETデータベースエンジン、Windowsカーネル、インターネットインフォメーションサービス、Microsoft Scripting Engine、およびWindows Serverのセキュリティ更新。
解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティアップデートガイド」を参照してください。

 

このアップデートの既知の問題
マイクロソフトは現在、この更新プログラムに関する問題を認識していません。

 

このアップデートの入手方法
このアップデートをインストールする前に

最新のロールアップをインストールする前に、下記の更新プログラムをインストールし、デバイスを再起動する必要があります。これらの更新プログラムをインストールすると、更新プロセスの信頼性が向上し、ロールアップのインストール中に発生する可能性のある問題が軽減されます。

2019年3月12日のサービススタック更新(SSU)(KB4490628)。Windows Updateを使用している場合、このSSUは自動的に提供されます。このSSUのスタンドアロンパッケージを取得するには、Microsoft Updateカタログで検索して ください。
2019年9月10日にリリースされた最新のSHA-2更新(KB4474419)。WindowsUpdateを使用している場合、最新のSHA-2更新が自動的に提供されます。SHA-2更新の詳細については、WindowsおよびWSUSの2019 SHA-2コード署名サポート要件を参照してください。
上記の更新プログラムをインストールした後、最新の SSU(KB4516655)をインストールすることを強くお勧めします。Windows Updateを使用している場合、最新のSSUが自動的に提供されます。最新のSSUのスタンドアロンパッケージを取得するには、Microsoft Updateカタログで検索します。

 

2019-10 Windows 7 および Server 2008 R2 (x64 版) 用 .NET Framework 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8 のセキュリティおよび品質ロールアップ (KB4524102)
.NET Framework 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.2、4.7.2、Windows 7 SP1 および Server 2008 R2 SP1 (KB4524102) のセキュリティと品質ロールアップ

 

その他のKB
KB2574819やKB3102429など2013年のものなどが落ちてくるPCがあるようです。何らかの理由で導入されていなかったという場合のほか、導入済みのPCでも落ちてくることがあるようですから、MSのアナウンスはありませんが修正が入ったものと考えられます。

落ちてきた場合は、素直に適用しておいてくださいね。

 

Win8.1系

ダウンロードリンク
KB4521864(サービススタック)*手動更新の場合は先入れ推奨

KB4520005 (ロール)

注:.netが遅れて配信される可能性があります。

 

2019-10×64 ベース システム用 Windows 8.1 サービス スタック更新プログラム (KB4521864)
Windows 8.1、RT 8.1、およびサーバー 2012 R2 のスタック更新プログラムのサービス: 2019 年 10 月 8 日

2019-10 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4520005)
2019年10月8日-KB4520005(マンスリーロールアップ)

改善と修正
このセキュリティ更新プログラムには、更新プログラムKB4516041(2019年9月24日リリース)の一部であった改善と修正が含まれており、次の問題に対処しています。

印刷ジョブの処理にWindows JavaScriptエンジン(jscript.dll)を使用するアプリケーションおよびプリンタードライバーの問題に対処します。
Windows暗号化、Windows認証、Windowsカーネル、Windowsストレージとファイルシステム、Microsoft JETデータベースエンジン、インターネットインフォメーションサービス、Microsoft Scripting Engine、およびWindows Serverのセキュリティ更新。
解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティアップデートガイド」を参照してください。

 

このアップデートの既知の問題
症状
名前変更など、クラスター共有ボリューム(CSV)上のファイルまたはフォルダーに対して実行する特定の操作は、エラー「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」で失敗する場合があります。これは、管理者権限を持たないプロセスからCSV所有者ノードで操作を実行するときに発生します。

回避策
次のいずれかを実行します。

管理者特権を持つプロセスから操作を実行します。
CSV所有権を持たないノードから操作を実行します。
マイクロソフトは解決に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

Win10系

 

重要
後ほど別建ての記事で解説しますが、いわゆる1909というか2019年10月の配信分から従来と異なる配信ポリシーが適用になります。機能の更新などはインストールはされるがすべてのPCで適用してすぐに表に出てくるのではなく、「MSがスイッチを入れるまで表に出てこない隠れ導入」という形になります。(知らないうちにこっそりインストールだけはされてしまうということです)

このことにより、一律に適用失せず不具合の発生を軽減できる可能性もあるのですが、MSが適用しても大丈夫ということで実行した場合機能更新による障害が発生しても、従来のようにひとつのKBをアンインストールすることで回避するということができなくなるのではないかと考えられます。(どのKB由来か判別できなくなるということです)

なお、もしかすると「Winの機能の有効化または無効化」に項目が追加される形になる可能性もありますので、今回の更新をテスト機に導入後にその確認などを行い合わせて記事化しますので今縛ら機お待ちください。

 

2019年10月8日-KB4519338(OSビルド17763.805)より引用

更新KB4497934から、機能更新をいつインストールするかを決定できる機能を導入しています。デバイスを最新の状態に保ちながら、機能の
更新を取得するタイミングを制御します。対象のデバイスで利用可能な機能の更新は、Windows Updateページの別のモジュールに表示されます([設定] > [ 更新とセキュリティ] > [ Windows Update])。利用可能なアップデートをすぐに入手したい場合は、[ 今すぐダウンロードしてインストール]を選択します。この機能の詳細については、このブログをご覧ください。

Windows 10デバイスがサービスの終了時、またはサービス終了に数か月以内に達すると、Windows Updateは機能の更新を自動的に開始し始めます。これにより、これらのデバイスがサポートされ、デバイスのセキュリティとエコシステムの健全性に不可欠な月次更新が受信されます。

 


サービススタック更新プログラムについて

WinUpの検索時にロールアップ中の必要なものだけを導入する仕組みに使われるものです。最近特にWin10でWinUp時のトラブルのもとになっているようです。

今後の記事で、注意書きがなされないことも出てくると思いますが、このプログラムが最新でない場合ロールアップのダウンロードや導入時に次のような障害が発生する場合があります。

・WinUpの検索に非常に時間がかかる、いつまでも終わらない

・必要なプログラムが落ちてこない、逆に不要なものが落ちてくる

・KB適用に失敗する…など

基本的に手動更新(KB番号を元にスタンドアローンを自分で落としている場合)はサービススタック更新が落ちてきません。また、環境により自動更新でもうまく落ちてこない場合があるようです。

手動更新(KB番号を元にスタンドアローンを自分で落としている場合)の方と自動更新で導入に失敗するという方は、当月分のKB詳細ページ中の「その他の情報を確認し、必要条件などを満たしているかどうか、サービススタックの更新がないかどうか」を確認してくださいね。

KB詳細ページにはそれらの(ダウンロード)リンクやより詳しい情報のリンクなどが設置されています。

 

201910/9時点の最新版
KB4521863

手動更新する場合は先入れしてください。なお、自動更新の場合はお任せでOKです。

ダウンロードリンク
毎月のロールアップ全Ver.
(ページでVer.を選択⇒下部のこの更新プログラムの入手方法⇒この更新プログラムのインストール⇒Microsoft Update カタログのリンクと進んでくださいね)

 

1809
KB4524099 (.net)

KB4519338 (ロール)

 

1903
KB4524100(net)

KB4517389(ロール)

1809
2019-10 .NET Framework 3.5、4.7.2 および 4.8 の累積的な更新プログラム (x64 向け Windows 10 Version 1809 用) (KB4524099)
2019 年 10 月 8 日-KB4524099 .NET Framework 3.5、4.7.2 および 4.8 の Windows 10 バージョン 1809 および Windows Server 2019 の累積的な更新プログラム

 

2019-10 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1809 の累積更新プログラム (KB4519338)
2019年10月8日-KB4519338(OSビルド17763.805)

@WindowsUpdateをフォローして、リリース情報ダッシュボードに新しいコンテンツがいつ公開されるかを確認してください。

 

更新KB4497934から、機能更新をいつインストールするかを決定できる機能を導入しています。デバイスを最新の状態に保ちながら、機能の更新を取得するタイミングを制御します。対象のデバイスで利用可能な機能の更新は、Windows Updateページの別のモジュールに表示されます([設定] > [ 更新とセキュリティ] > [ Windows Update])。利用可能なアップデートをすぐに入手したい場合は、[ 今すぐダウンロードしてインストール]を選択します。この機能の詳細については、このブログをご覧ください。

Windows 10デバイスがサービスの終了時、またはサービス終了に数か月以内に達すると、Windows Updateは機能の更新を自動的に開始し始めます。これにより、これらのデバイスがサポートされ、デバイスのセキュリティとエコシステムの健全性に不可欠な月次更新が受信されます。

 

このリリースには、2019年10月8日にリリースされたMicrosoft HoloLens(OSビルド17763.806)の更新も含まれています 。Microsoftは、この最新のOSビルドに更新されていないMicrosoft HoloLensでのWindows Updateの信頼性を向上させるために、Windows Updateクライアントに直接更新をリリースします。

 

Microsoft Edgeで終わるePubサポート

Microsoft Edgeは、今後数か月で.epubファイル拡張子を使用する電子書籍のサポートを終了します。詳細については、「ePubアプリをダウンロードして電子書籍を読み続ける」を参照してください。

クリティカル、セキュリティ、ドライバー、サービスパックなど、さまざまな種類のWindows更新プログラムの詳細については、次の記事を参照してください。

 

ハイライト
Internet ExplorerおよびMicrosoft Edgeを使用する際のセキュリティを改善するための更新。
ユーザー名とパスワードを確認するための更新。

 

改善と修正
このセキュリティ更新プログラムには品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

キー入力を正しくフィルタリングできない可能性のあるキーボードロックダウンサブシステムの問題に対処します。
拡張マスターシークレット(EMS)RFC 7627をサポートしないクライアントまたはサーバーコンピューターで接続遅延とCPU使用率が増加する可能性があるセキュリティ情報CVE-2019-1318の問題に対処します。この問題は、特にサーバー上で、EMSをサポートしていないデバイスから完全なトランスポート層セキュリティ(TLS)ハンドシェイクを実行しているときに発生します。EMSサポートは、2015年暦年以降、サポートされているすべてのバージョンのWindowsで利用可能であり、2019年10月8日以降の月次更新プログラムのインストールによって段階的に実施されています。
印刷ジョブの処理にWindows JavaScriptエンジン(jscript.dll)を使用するアプリケーションおよびプリンタードライバーの問題に対処します。
Windows Shell、Internet Explorer、Microsoft Scripting Engine、Microsoft Edge、Windows App Platform and Frameworks、Windows Cryptography、Windows Authentication、Windows Kernel、およびWindows Serverのセキュリティ更新プログラム。
以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージに含まれる新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティアップデートガイド」を参照してください。

 

Windows Updateの改善

マイクロソフトは、信頼性を向上させるために、Windows Updateクライアントに直接更新プログラムをリリースしました。EnterpriseおよびProエディションを含むWindows Updateから自動的に更新を受信するように構成されたWindows 10を実行しているデバイスには、デバイス互換性およびビジネス向けWindows Update延期ポリシーに基づいた最新のWindows 10機能更新が提供されます。これは、長期サービスエディションには適用されません。

 

このアップデートの既知の問題
症状
名前変更など、クラスター共有ボリューム(CSV)上のファイルまたはフォルダーに対して実行する特定の操作は、エラー「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」で失敗する場合があります。これは、管理者権限を持たないプロセスからCSV所有者ノードで操作を実行するときに発生します。

回避策
次のいずれかを実行します。

管理者特権を持つプロセスから操作を実行します。
CSV所有権を持たないノードから操作を実行します。
マイクロソフトは解決に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

症状
KB4493509のインストール後、一部のアジア言語パックがインストールされたデバイスは、「0x800f0982-PSFX_E_MATCHING_COMPONENT_NOT_FOUND」というエラーを受け取る場合があります。

回避策
最近追加した言語パックをアンインストールして再インストールします。手順については、「Windows 10で入力および表示言語設定を管理する」を参照してください。
[ 更新プログラムの確認]を選択し 、2019年4月の累積更新プログラムをインストールします。手順については、Windows 10の更新を参照してください。
注言語パックを再インストールしても問題が軽減されない場合は、次のようにPCをリセットしてください。

[設定]アプリ> [ 復旧]に移動します。
[ このPCリカバリをリセット ]オプションの下にある[ 開始 ]を選択します。
[ ファイルを保持]を選択します。
マイクロソフトは解決に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

 

症状
更新プログラムのインストール後、最初のログオン時に少数のデバイスが黒い画面に起動する可能性があるという報告を調査しています。

回避策
この問題、プレス緩和するために はCtrl + Alt + Deleteをが、 その後、選択 電源 画面の右下隅を選択してボタンを 再起動します。デバイスは正常に再起動します。

解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供します。

症状
この更新プログラムのインストール後、Windows Mixed Reality Portalユーザーは断続的に「15-5」エラーコードを受け取る場合があります。場合によっては、Windows Mixed Reality Portalがヘッドセットがスリープしていると報告し、「Wake up」を押してもアクションが発生しないように見える場合があります。

回避策
問題を軽減するには、次の手順を使用します。

Windows Mixed Reality Portalを実行している場合は閉じます。
[ スタート ]ボタンを選択し、「タスクマネージャー」と入力して、タスクマネージャーを開きます。
タスクマネージャーの[ プロセス ]タブで、Windowsエクスプローラーを右クリックし、[ 再起動 ] を選択します。
Windows Mixed Reality Portalを開きます。
解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供します。

 

1903
2019-10 .NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な更新プログラム (x64 向け Windows 10 Version 1903 用) (KB4524100)
2019 年 10 月 8 日-KB4524100 Windows 10 バージョン 1903 および Windows Server 1903 RTM 用の .NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な更新プログラム

 

2019-10 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1903 の累積更新プログラム (KB4517389)
2019年10月8日-KB4517389(OSビルド18362.418)

@WindowsUpdateをフォローして、リリース情報ダッシュボードに新しいコンテンツがいつ公開されるかを確認してください。

 

このリリースには、2019年10月8日にリリースされたMicrosoft HoloLens(OSビルド18362.1034)の更新も含まれています 。Microsoftは、この最新のOSビルドに更新されていないMicrosoft HoloLensのWindows Updateの信頼性を向上させるために、Windows Updateクライアントに直接更新をリリースします。

 

Microsoft Edgeで終わるePubサポート

Microsoft Edgeは、今後数か月で.epubファイル拡張子を使用する電子書籍のサポートを終了します。詳細については、「ePubアプリをダウンロードして電子書籍を読み続ける」を参照してください。

クリティカル、セキュリティ、ドライバー、サービスパックなど、さまざまな種類のWindows更新プログラムの詳細については、次の記事を参照してください。

 

ハイライト
Internet ExplorerおよびMicrosoft Edgeを使用する際のセキュリティを改善するための更新。
ユーザー名とパスワードを確認するための更新。
ファイルを保存および管理するための更新。

 

改善と修正
このセキュリティ更新プログラムには品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

拡張マスターシークレット(EMS)RFC 7627をサポートしないクライアントまたはサーバーコンピューターで接続遅延とCPU使用率が増加する可能性があるセキュリティ情報CVE-2019-1318の問題に対処します。この問題は、特にサーバー上で、EMSをサポートしていないデバイスから完全なトランスポート層セキュリティ(TLS)ハンドシェイクを実行しているときに発生します。EMSサポートは、2015年暦年以降、サポートされているすべてのバージョンのWindowsで利用可能であり、2019年10月8日以降の月次更新プログラムのインストールによって段階的に実施されています。
印刷ジョブの処理にWindows JavaScriptエンジン(jscript.dll)を使用するアプリケーションおよびプリンタードライバーの問題に対処します。
Windows Shell、Internet Explorer、Microsoft Edge、Windows App Platform and Frameworks、Windows Cryptography、Windows Authentication、Windows Storage and Filesystems、Windows Kernel、Microsoft Scripting Engine、およびWindows Serverのセキュリティ更新プログラム。
以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージに含まれる新しい修正のみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティアップデートガイド」を参照してください。

 

Windows Updateの改善

マイクロソフトは、信頼性を向上させるために、Windows Updateクライアントに直接更新プログラムをリリースしました。EnterpriseおよびProエディションを含むWindows Updateから自動的に更新を受信するように構成されたWindows 10を実行しているデバイスには、デバイス互換性およびビジネス向けWindows Update延期ポリシーに基づいた最新のWindows 10機能更新が提供されます。これは、長期サービスエディションには適用されません。

 

このアップデートの既知の問題
マイクロソフトは現在、この更新プログラムに関する問題を認識していません。

 

今回の記事は以上です。


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA