お知らせ

ご利用ください
【お知らせ】【WinUp個別】Bitlocker関連過去記事リンク【2018/10/13】

重要なお知らせ
【お知らせ】Xサーバーメンテナンスによる11/21のサーバー停止について【2018/10/23】
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

270人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】2018/6/27・・・第3定例日のKB配信【2018/6/27】

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分45秒です。


今日付けの配信は、Win10(1803)のKB4284848だけでした。

以下は、手元のPCに配信されなかったため掲載していなかったものを含めて、日本時間の6/21から6/27までに配信されたKBの情報です。(遅くなってごめんなさい・・・)

 

言い訳じみてしまうのですが、どうも手元のVM環境ではKBがすぐに落ちてこないという現象が頻繁に発生しています。VM環境だけということではなく、KBが落ちてこないという現象は発生しているようなのですが、原因/要因は不明です。

 

重要
「SSE2非対応CPU」はサポート打ち切りになりました。

Win7用のKB4284826(ロールアップ)、ないしはKB4284867(セキュのみ)に関して、6/18付で既知の不具合の記述が変更されました。

SSE2非対応CPUでのBSoD(起動不能)に関しては、MSとしてKBを修正することはやめてしまった(諦めた)ようです。SSE2非対応CPUでWin7をという場合はPCを仮想化する、またはPCをSSE2対応CPUに買い替えてWin7を使えということになりました。

 

 

Win10以外の各OS
NET Frameworkダウンロードページ

 

Win7
KB4291493ダウンロードページ
KB4284842ダウンロードページ

2018-06 Preview of Quality Rollup for .NET Framework 3.5.1, 4.5.2, 4.6, 4.6.1, 4.6.2, 4.7, 4.7.1 on Windows 7 and Server 2008 R2 for x64 (KB4291493) 6/20付
2018年 6 月プレビュー品質プログラムのロールアップの 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、および 4.7.1 の.NET Framework の Windows 7 SP1 およびサーバー 2008 R2 SP1 (KB 4291493)

 

2018-06 x64 ベース システム用 Windows 7 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4284842) 6/20付
2018年6月21日-KB4284842(月間ロールアップのプレビュー)

改善と修正
この非セキュリティ更新プログラムには、KB4284826(2018年6月12日にリリース)の一部であった改善点および修正点が含まれており、次回の月次ロールアップアップデートのプレビューとして、

ユニバーサルCRTを更新して、Windows 10 Universal CRTビルド10.0.14393.0とパリティを組み込みます。
SmartHeapがUCRTで動作しなかった問題を解決しました。
KB3000483をインストールした後にRequireMutualAuthentication = 1でUNCの強化アクセスを有効にしたときに発生する問題を解決します。802.1x WLANアクセスポイントを認証するWindows 7 SP1 DFSクライアントは、グループポリシーの適用、ユーザーログオン時のスクリプトの実行、または移動ユーザープロファイルの受信に失敗します。
Azure Active Directoryまたはドメインパスワードをオフラインで変更した後、顧客が保護されたキーにアクセスできないようにする問題を解決しました。この問題により、顧客が暗号化された文書の復号化やオンラインリソースへの接続時の認証を妨げる可能性があります。
Bitcoinシンボルのエンコード問題を解決します。

 

このアップデートの既知の問題
症状
不足しているファイル(oem .inf)に関連するWindowsおよびサードパーティ製ソフトウェアに問題があります。この問題のため、この更新プログラムを適用すると、ネットワークインターフェイスコントローラが機能しなくなります。

回避策
1.ネットワークデバイスを見つけるには、devmgmt.mscを起動します。他のデバイスの下に表示されることがあります。

2.NICを自動的に再検出してドライバをインストールするには、[ 操作 ]メニューから[ ハードウェアの変更をスキャン]を選択します。
a。または、デバイスを右クリックして[ 更新 ]を選択して、ネットワークデバイス用のドライバをインストールし ます。 次に、[ 更新されたドライバソフトウェアを自動的に検索する] または[ コンピュータを参照してドライバソフトウェアを検索する]を選択します 。

 

Win8.1
KB4291497ダウンロードページ
KB4284863ダウンロードページ

 

2018-06 Preview of Quality Rollup for .NET Framework 3.5, 4.5.2, 4.6, 4.6.1, 4.6.2, 4.7, 4.7.1 on Windows 8.1 and Server 2012 R2 for x64 (KB4291497)
2018年 6 月プレビュー品質プログラムのロールアップの 3.5 インチ、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、および 4.7.1 の.NET Framework の Windows 8.1、RT 8.1、および Server 2012 R2 (KB 4291497)

 

2018-06 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4284863)
2018年6月21日-KB4284863(月間ロールアップのプレビュー)

改善と修正
この非セキュリティ更新プログラムには、KB4284815(2018年6月12日リリース)の一部であった改善点および修正点が含まれており、次回の月次ロールアップ更新プログラムのプレビューとして、

ユニバーサルCRTを更新して、Windows 10 Universal CRTビルド10.0.14393.0とパリティを組み込みます。

Bitcoinシンボルのエンコード問題を解決します。

SmartHeapがUCRTで動作しない問題を解決しました。

eDriveがセカンダリドライブで、システムドライブがBitLockerで保護されているときに、eDriveのロックを解除できないことがある問題を解決しました。

DFS名前空間をXMLファイルとしてエクスポートするときに発生するdfsutil.exeの問題を解決します。この問題は、名前空間に、名前に “&”文字が含まれる共有フォルダを指すターゲットとのリンクが含まれている場合に発生します。その結果、生成されたXMLは “&”文字を正しくエスケープしません.dfsutil.exeは名前空間をエクスポートできません。

負荷の高い状況で特定の状況でクラスタ化されたSMBサーバーが応答しなくなる問題を解決します。

リモートデスクトップVDI展開の問題により、マウントされたUPDの接続が切断され、一時ファイルが作成されなくなります。

ユーザープロファイルサービスがトークンハンドルをリークする問題を解決します。MS16-111(KB3175024)をインストールしたコンピュータのトークンリークは、意図的にセッションを消費します。十分な量のトークンとセッションのリークは、システムの稼働時間を増加させてデバイスのパフォーマンスと信頼性を低下させる可能性があります。これは、多数のユーザーログオンを持つRDPおよびキオスクコンピュータで特に当てはまります。

 

このアップデートの既知の問題
マイクロソフトでは、現在この更新プログラムの問題を認識していません。

 

Win10
1709・・・KB4284822ダウンロードページ
1803・・・KB4284848ダウンロードページ

 

2018-06 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1709 の累積更新プログラム (KB4284822)
2018年6月21日-KB4284822(OSビルド16299.522)

改善と修正
このアップデートには品質改善が含まれています。このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。主な変更点は次のとおりです。

オペレーティングシステムの機能におけるアプリケーションパフォーマンスの低下の問題に対処します。この劣化ロックと(例えば、メモリの大きなブロック解放VirtualLock とHeapfreeに) インストールした後KB4056892を と修正を取って代わります。

App-Vのパフォーマンスの低下がWindows 10の多くの処理を遅くすることに対処します。

企業がWindows通知トラフィックを無効にするための新しいMDMポリシー「DisallowCloudNotification」を追加します。

Windows Media Playerで使用される音楽メタデータサービスプロバイダを変更します。

右から左の言語でテキストシンボルを配置する際の問題を解決します。

タッチキーボードを使用してウェブパスワードフィールドを編集する際の問題を解決します。

[スタート]メニューから最近追加したアプリケーションを非表示にする機能を提供するグループポリシーを追加します。

Segoe UI Emojiフォントを更新して、ピストル絵文字を表すウォーターガンを使用します。

休止状態から復帰する際の信頼性の問題に対処します。

SmartHeapがUCRTで動作しない問題を解決しました。

Windows Defender Application Guardエンドポイントが地域のポリシーに準拠していることを確認するための問題を解決します。

グループポリシーのユーザーアカウントの最小パスワードの長さを14文字から20文字に増やします。

Windows認証マネージャを使用しているときに散発的な認証の問題を引き起こす問題を解決します。

Azure Active Directoryアカウントドメインの変更により、顧客がログオンできない問題を解決しました。

不要な「資格情報が必要」と表示され、「アプリケーションがあなたの秘密鍵にアクセスできるようにしますか?」というメッセージが表示されます。この問題は、Universal Windows Platform(UWP)アプリケーションを実行しているときに発生します。

LSASSサービスが応答しなくなる問題を解決し、回復するためにシステムを再起動する必要があります。

コンテナイメージで実行されているクライアントアプリケーションが動的ポート範囲に準拠していない問題を解決します。

ルーティング不可能なイーサネットが接続されている場合、WWANを使用してインターネットへのアクセスを禁止する新しいレジストリキーを追加します。この新しいレジストリキーを使用するには、regeditを使用してHKEY_LOCAL_MACHINE \ Software \ Microsoft \ WcmsvcにIgnoreNonRoutableEthernet “(Dword)を追加し、1に設定します。

顧客がデフォルト接続マネージャを使用せずにWWANを使用してインターネットへのアクセスを制御できるようにする新しいレジストリキーを追加します。regeditを使用してHKEY_LOCAL_MACHINE \ Software \ Microsoft \ Windows \ WcmSvc \ Localにこの新しいレジストリキー、fMinimizeConnections “(Dword)を使用し、0に設定します。

VMConnectのメニュー遷移の問題により、VM設定とPowershellを使用してISO / DVDマウントおよび取り出しができなくなった問題を解決しました。
Hyper-Vレプリカ(HVR)を有効にしてHyper-Vホストを再起動すると、レプリケーションが停止する可能性がある問題を解決しました。サスペンド状態からレプリケーションを再開するには、手動で再起動する必要があります。Hyper-Vホスト/ VMMSの再起動後、レプリケーション状態は正常になるはずです。

緩和オプショングループポリシーのクライアント側拡張がGPO処理中に失敗する可能性がある問題に対処します。考えられるエラーは、「WindowsはMitigationOptions設定を適用できませんでした。この問題は、グループポリシー、Windows Defenderセキュリティセンター、またはPowerShell Set-ProcessMitigationコマンドレットを使用して緩和オプションが定義されている場合に発生します。この問題が発生すると、次のエラーメッセージが表示されます。

リモートデスクトップ接続が、複数のエントリを持つプロキシのバイパスリストを読み取っていないときに、接続エラーの原因となる問題を解決します。

Windows Defenderセキュリティセンターとファイアウォールピラーアプリケーションが開かれたときに機能しなくなる問題を解決します。これは、サードパーティ製のウイルス対策ソフトウェアがインストールされている場合に発生する競合状態によって発生します。

S4Uログオンで構成されたタスクスケジューラタスクがエラー “ERROR_NO_SUCH_LOGON_SESSION / STATUS_NO_TRUST_SAM_ACCOUNT”で失敗する問題を解決しました。

以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージの新しいフィックスのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。

 

このアップデートの既知の問題
症状
英語以外のプラットフォームでは、ローカライズされた言語ではなく、英語で次の文字列が表示されることがあります。「ファイルからスケジュールされたジョブを読むのがこの言語モードではサポートされていません」このエラーは、ガードが有効になっている

回避策
マイクロソフトは決議に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

症状
Device Guardを有効にすると、一部の英語以外のプラットフォームでローカライズされた言語ではなく、英語で次の文字列が表示されることがあります。

“‘&’または ‘。’は使用できません。演算子を使用して言語境界を超えてモジュールスコープコマンドを呼び出すことができます。

“PSDesiredStateConfiguration”モジュールからの ‘Script’リソースは、Device Guardが有効な場合はサポートされていませんので、PowerShell GalleryのPSDscResourcesモジュールで公開されている ‘Script’リソースを使用してください。
回避策
マイクロソフトは決議に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

 

2018-06 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4284848)
2018年6月26日-KB4284848(OSビルド17134.137)

改善と修正
このアップデートには品質改善が含まれています。このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。主な変更点は次のとおりです。

ビデオ設定HDRストリーミング調整スライダが機能しなくなる問題を解決しました。これは、特定のOEMによって構成されたパネル輝度設定との競合が原因です。

特定のライブテレビストリーミングコンテンツプロバイダとのストリーミングの互換性の問題に対処します。

Media Centerで以前に生成されたメディアコンテンツが、Windows 10 April 1818アップデートをインストールした後に再生されない問題を解決します。

SmartHeapがUCRTで動作しなかった問題を解決しました。

App-Vのパフォーマンスの回帰に対処し、Windows 10の多くの処理を遅くします。

Settingstoragepathが正しく設定されていないと、Appmonitorがログオフ時に機能しなくなる問題を解決しました。

ログオフ時にAppmonitorが動作を停止させ、ユーザー設定が保存されない問題を解決しました。

コンテナイメージで実行されているクライアントアプリケーションが動的ポート範囲に準拠していない問題を解決します。

DNSクエリ解決ポリシーを「等しくない」(NE)条件で使用すると、DNSサーバーが機能しなくなる可能性がある問題を解決しました。

DHCPフェールオーバーを設定した後、T1およびT2カスタム値の問題を解決します。

一部の端末でGoogle Chrome(67.0.3396.79+)の最新バージョンが動作しなくなる問題を解決しました。

ポップアップウィンドウとドロップダウンメニューが表示されず、右クリックが正しく機能しないリモートデスクトップクライアントの問題を解決します。これらの問題は、リモートアプリケーションを使用する場合に発生します。

リモートデスクトップ接続が、複数のエントリを持つプロキシのバイパスリストを読み取っていないときに、接続エラーの原因となる問題を解決します。

不正な(RFCに準拠していない)URLからのフォントのダウンロードを初期化するときに、Microsoft Edgeが動作を停止する原因となる問題を解決しました。

SMBv1プロトコルを使用して共有フォルダからファイルにアクセスしたり、プログラムを実行すると、一部のユーザーがエラーを受け取る可能性のある問題を解決します。エラーは、 “無効な引数が指定されました”です。

S4Uログオンで構成されたタスクスケジューラタスクがエラー “ERROR_NO_SUCH_LOGON_SESSION / STATUS_NO_TRUST_SAM_ACCOUNT”で失敗する問題を解決しました。

Surface Book 2などのハイブリッドグラフィックアダプタを搭載した一部のラップトップで、Windows Mixed Realityのパフォーマンスに関する問題に対処します。

以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージの新しいフィックスのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

 

このアップデートの既知の問題
マイクロソフトでは、現在この更新プログラムの問題を認識していません。

 


人気ブログランキング

コメントを残す