お知らせ

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
2017/年12月29日より当分の間、旧サイトから新館に記事を移動した際に「記事更新お知らせメール」が発信されてしまうと思います。350記事程度あり、移転完了までの間「お知らせメールを受信設定されている方」にはご迷惑をおかけしますがご寛容ください。

お知らせ2
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

239人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】2018/3/14 19:00時点の障害情報など【2018/3/14】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分41秒です。


Win7で、PAEに関する問題とようこそループが発生しているようです。

 

Win10では、KB4088776が導入されているにも関わらず失敗と表示され何度も適用しようとする不具合がかなり多いように見えます。

 

また、今のところ可能性があるかも…という程度なのですが、Win10で「ブート領域が破損する」という問題が今後顕在化してくるかもしれません。

 

Win7とWin10は問題が多いような感じがしますので週末ぐらいまでは様子見推奨です。

 

Win7
・Windows7 32bitにおいてPAEモードを有効にしていても突然再起動するのを繰り返す事例が発生しているようです。(KB4088875由来?)

なお、64ビットOSでは、PAEによって64bit化していますのでデフォルトでPAE有効です。

 

・ようこそループが発生中という書き込みが多いです…。この際、diximも発生要因の一つのようです。

 

Win8.1
特に問題は出てきていません。

 

Win10
・KB4088776の既知の問題です。(22:00追記 facebookで情報をいただきました。ダウンロード失敗というパターンもあるようです)

症状
Windows Updateの履歴によれば、エラー0x80070643のため、KB4054517のインストールに失敗しました。

回避策
更新プログラムが正常にインストールされたにもかかわらず、Windows Updateは更新プログラムのインストールに失敗したと誤って報告します。[アップデートの確認]を選択して、利用可能な追加のアップデートがないことを確認します。

また、タスクバーの検索ボックスに「About your PC」と入力して、デバイスが予想されるOSビルドを使用していることを確認することもできます。

マイクロソフトは決議に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

 

事例
2018/3/14- KB4088776 0x80240034にインストールできませんでした

今日、通常自動更新後に更新履歴に下記メッセージが表示されていました。

”2018/3/14- KB4088776 0x80240034にインストールできませんでした”

再度更新プログラムのチェックを行いましたが”お使いのデバイスは最新の状態です”と表示されます。

スタンドアロンをダウンロードし実行したところ”KB4088776はすでにインストールされています”と表示され
こちらからもインストールできません。

この状況をどのように判断したらよいのでしょうか?わけが分かりません。

ご回答よろしくお願いいたします。

 

Windows10 アップデート エラー

3/14のWindows10 アップデート KB4088776 がインストール失敗しました。  0x80070643のエラー

修復方法を教えてください。

 

・起動時に問題が発生する???
現状、(MSコミュニティーの質問がWinUp後に発生しているのかどうか不明なためもあり)全くの推定になります。

実は、手元のX58+i7 920(Bloomfield)でWinUp後に起動ができなくなり、自動的にスタートアップ修復が開始⇒修復できない⇒手動でブート領域を修復しました。質問のケースもWinUp後に発生しているものだったりすると、「今回のWinUpでブート領域が破損する?」というケースがあるのかもしれません。

電源を入れた後スタートアップ診断になるが失敗する、F12 キーから起動メニューを開き Windows Boot Manager を選択すると起動できる

PCを起動する際に、これまでなかった不具合が生じたので、ご教授頂きたく質問いたしました。

OS: windows10(7から無償アップデート)

PC: 富士通 LIFEBOOK UH55/H

電源を入れた後、スタートアップ診断を行う画面になり、何度行っても診断結果は失敗で、再起動でも解決しませんでした。

起動時の富士通のロゴが出た際に、F12キーを押してBOOT MENUを開いたところ、[HDD]と[Windows boot manager]の2つがあり、[Windows boot manager]を選択したところ起動できました。

お伺いしたいことは
・Windows boot manager から起動とHDDから起動とは何が違うのでしょうか?

・これは、HDDの故障なのでしょうか? Windows boot managerから起動して、作業することは問題ですか?

・起動時に毎回boot menuを開くことが煩わしので、改善する方法はありますか?

PCに詳しくなく、どう対処すればよいかわからず困っております。

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング

コメントを残す