お知らせ

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
2017/年12月29日より当分の間、旧サイトから新館に記事を移動した際に「記事更新お知らせメール」が発信されてしまうと思います。350記事程度あり、移転完了までの間「お知らせメールを受信設定されている方」にはご迷惑をおかけしますがご寛容ください。

お知らせ2
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

google+

フェイスブックページ
注:8/1よりJetpackを利用した、連携ができなくなりました。そのため、facebookでは記事更新のお知らせができなくなっています。

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

245人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】2018年4月第一定例日のKBが配信されました。【2018/4/11】

この記事を読むのに必要な時間は約 19 分36秒です。


2018年4月の定例更新が来ました。(今回の記事ではWin10の1703以前用の4/10配信KBも同時に記載しています)

 

Win7のKB4093118は、PAEモードが無効な32bit版とログオフ時のBSoDの不具合の修正が含まれていますが「SSE2の無いCPU(概ねペンティアム3・アスロンXP以前)に適用した場合のBSoD発生」はそのままですから注意してくださいね。

 

また、Win10(1703)以前のバージョンに再度KB4023814が配信しなおされました。KB4023814を適用すると1709への強制アップデートが開始されるようになりますので注意してくださいね。

 

なお、Win7の方はAdobe Flash Playerの更新は自分で実行することになりますので注意してくださいね。

 

Win7
KB4093118
KB890830

 

KB4093118ダウンロードページ
2018-04 x64 ベース システム用 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4093118)
2018年4月10日-KB4093118(毎月のロールアップ)
注意:このKBをSSE2の無いCPU(概ねペンティアム3・アスロンXP以前)」に適用した場合BSoDが発生します。

改善と修正
このセキュリティ更新プログラムには、KB4088881(2018年3月23日にリリース)の一部であった以下の問題に対処する改善および修正が含まれています。

Windows UpdateおよびWSUSは関係なく、 “HKLM \ SOFTWARE \マイクロソフト\ Windowsの\ CurrentVersionの\ QualityCompat \ cadca5fe-87d3-4b96-b7fb-a231484277cc” レジストリ設定の有無や値の適用のWindowsクライアントおよびサーバーオペレーティングシステムにこのアップデートを提供します。この変更は、ユーザーデータを保護するために行われました。

カーネルの信頼性を向上させ、アプリケーションがマルチプロセッサシステム上で予期しないメモリ内容を持つ可能性のある問題に対処します。

Internet ExplorerでActiveXによって生成されたコンテンツの印刷に関する問題を解決します。
高負荷のSVGをレンダリングするときに、Internet Explorerの特定のページでアクセス違反に対処します。
場合によっては、Internet Explorerがカスタムコントロールを識別できないという問題を解決します。
物理アドレス拡張(PAE)モードが無効な32ビット(x86)コンピュータに前月の更新が適用されたときに発生した停止エラーを解決します。
Internet Explorer、Microsoftスクリプトエンジン、Microsoftグラフィックスコンポーネント、Windows Server、Windowsデータセンターネットワーク、Windows仮想化およびカーネル、Windowsアプリケーションプラットフォームおよびフレームワークへのセキュリティ更新プログラム
解決されたセキュリティ上の脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください 。

このアップデートの既知の問題
症状
この更新プログラムをインストールすると、SMBサーバーがメモリをリークすることがあります。

回避策
マイクロソフトは決議に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

症状
停止エラーは、SIMD(Streaming Single Instructions Multiple Data)2(SSE2)をサポートしていないコンピュータで発生します。

回避策
マイクロソフトは決議に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

 

KB890830ダウンロードページ
悪意のあるソフトウェアの削除ツール – 2018 年 4 月 (KB890830)
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

 

Win8.1
KB4093110
KB4093114
KB890830

 

KB4093110ダウンロードページ
2018-04 x64 ベース システム用 Windows 8.1 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4093110)
Adobe Flash Playerのセキュリティ更新プログラム:2018年4月10日

 

KB4093114ダウンロードページ
2018-04 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4093114)
2018年4月10日-KB4093114(毎月のロールアップ)

改善と修正
このセキュリティ更新プログラムには、KB4088882(2018年3月22日にリリース)の一部であった以下の問題に対処する改善および修正が含まれています。

Windows UpdateおよびWSUSは関係なく、 “HKLM \ SOFTWARE \マイクロソフト\ Windowsの\ CurrentVersionの\ QualityCompat \ cadca5fe-87d3-4b96-b7fb-a231484277cc” レジストリ設定の有無や値の適用のWindowsクライアントおよびサーバーオペレーティングシステムにこのアップデートを提供します。この変更は、ユーザーデータを保護するために行われました。
Internet ExplorerでActiveXによって生成されたコンテンツの印刷に関する問題を解決します。
高負荷のSVGをレンダリングしているときに、Internet Explorerの特定のページでアクセス違反を解決します。
場合によっては、Internet Explorerがカスタムコントロールを識別できないという問題を解決します。
Internet Explorer、Microsoftスクリプトエンジン、Microsoftグラフィックスコンポーネント、Windows Server、Windowsカーネル、Windowsデータセンターネットワーク、Windows Hyper-V、Windows仮想化およびカーネル、Windowsアプリケーションプラットフォームおよびフレームワークのセキュリティ更新プログラム
解決されたセキュリティ上の脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。

このアップデートの既知の問題
マイクロソフトでは、現在この更新プログラムの問題を認識していません。

 

KB890830ダウンロードページ
悪意のあるソフトウェアの削除ツール – 2018 年 4 月 (KB890830)
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

 

Win10(1709)
KB4093112
KB4093110
KB890830

 

KB4093112ダウンロードページ
2018-04 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1709 の差分更新プログラム (KB4093112)
2018年4月10日 – KB4093112(OSビルド16299.371)

改善と修正
このアップデートには品質改善が含まれています。このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。主な変更点は次のとおりです。

ユーザコンテキストからカーネルコンテキストに切り替えるときにCVE-2017-5715、Spectre Variant 2 を緩和するための一部のAMDプロセッサ(CPU)内の間接分岐予測バリア(IBPB)の使用を制御するためのサポートを提供します(間接支店制御およびAMD詳細についてはセキュリティアップデートを参照してください)。ユーザーコンテキストからカーネルコンテキストに切り替える際に Spectre Variant 2 を緩和するために、一部のAMDプロセッサ(CPU)内 でIBPBの使用を有効にするためのWindowsクライアント(IT Pro)ガイダンスのKB4073119の説明に従ってください。

Microsoft Application Virtualizationプラットフォーム上で実行されている場合、Internet Explorerでアクセス違反の原因となる問題を解決します。

Internet ExplorerとMicrosoft Edgeのリダイレクトに関連するエンタープライズモードの問題を解決します。

高負荷のSVGをレンダリングするときに、Internet Explorerの特定のページでアクセス違反が発生する問題を解決します。

更新されたタイムゾーン情報に関する追加の問題に対処します。

多くのユーザーをホストするRDSサーバーでApp-Vサービスの動作を停止させる原因となる問題を解決します。

App-V(Kerberos認証が利用できないXenApp 7.15以降、Windows Server 2016など)を使用してアプリケーションを共有プラットフォームに移動すると、ユーザーアカウントがロックされる問題を解決します。

Internet ExplorerでActiveXによって生成されたコンテンツの印刷に関する問題を解決します。

Internet Explorerでdocument.execCommand( “copy”)が常にFalseを返す問題を解決しました。

場合によっては、Internet Explorerがカスタムコントロールを識別できないという問題を解決します。

Internet Explorer、Microsoft Edge、Windows kppプラットフォームおよびフレームワーク、Microsoftスクリプトエンジン、Windowsグラフィックス、Windows Server、Windowsカーネル、Windowsデータセンターネットワーク、Windowsワイヤレスネットワーク、Windows仮想化およびカーネル、Windows Hyper-Vに対するセキュリティ更新プログラム
以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージの新しいフィックスのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティ上の脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。

このアップデートの既知の問題
症状
Windows Updateの履歴によれば、エラー0x80070643のため、KB4054517のインストールに失敗しました。

回避策
更新プログラムが正常にインストールされたにもかかわらず、Windows Updateは更新プログラムのインストールに失敗したと誤って報告します。インストールを確認するには、Check for Updatesを選択して、利用可能な追加のアップデートがないことを確認します。

また、タスクバーの検索ボックスに「About your PC」 と入力して、デバイスが予想されるOSビルドを使用していることを確認することもできます。

マイクロソフトは決議に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

 

KB4093110ダウンロードページ
2018-04 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1709 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4093110)
Adobe Flash Playerのセキュリティ更新プログラム:2018年4月10日

 

KB890830ダウンロードページ
悪意のあるソフトウェアの削除ツール – 2018 年 4 月 (KB890830)
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

 

Win10(1703)
4/10に来ていた分
KB4023814
KB4023057

 

KB4023814ダウンロードページはMSアップデートカタログにはありません。(この更新プログラムは Microsoft Update カタログからは提供されません。)
このKBが適用されると古いバージョンが1709に強制アップデートされる動作が実行されるようになります。

いくつかのバージョン 10 の Windows の最新バージョンをインストールするのには通知を表示します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。

元の英語版の記事を表示する: 4023814

概要
Windows 10 バージョン 1507、バージョン 1511、1607 のバージョン、またはバージョン 1703 を現在実行している、デバイスが、最新のセキュリティ更新プログラムがインストールされていることを示す通知を受け取ることを期待できます。Windows を更新し、しようと、デバイスを更新します。

更新の通知が表示されたら、今すぐ更新をデバイスを更新する] をクリックします。

この更新プログラムは、最新の更新プログラムをインストールしていない一部のデバイスの Windows の更新のクライアントに直接提供されています。

ブログ主注:「一部のデバイスの Windows の更新のクライアントに直接提供」・・・このような記述がなされているKBはMSが最重要と考えるKBであり、自動更新を停止するなどしているPCにも設定にかかわらず強制的に配信/適用される場合があります。

これは、MSの規定としてアナウンスされているものです。

1507 10 のバージョンとバージョン 1511の windows は、現在「エンドのサービス」でつまり、これらのオペレーティング システムを実行しているデバイスに毎月のセキュリティと品質の更新プログラムを最新のセキュリティ脅威からの保護を含むが表示されなくなります。セキュリティと品質の更新プログラムの受信を続行するには、最新の Windows バージョンの Windows 10 バージョン 1709 にシステムを更新することをお勧めします。 。

1607 および 1703 のバージョンは、さらに」「端点サービスの 10 の Windows のバージョンただし、最新のセキュリティ上の脅威から保護するために Windows の 10 の最新バージョンに更新する必要があります。

これらのバージョンの Windows の 10 の「サービスの終了」の状態に関する詳細についてはのよく寄せられる質問を参照してください。

重要:
マイクロソフトは、この通知期間が構成されているユーザー定義フィーチャーの更新遅延のある一部の Windows 10 バージョン 1703 デバイスに正常に配信されたことに注意してください。マイクロソフトでは、これを軽減、2018 年 3 月 8 日に発行します。

この問題の影響を受けたユーザー 10 バージョン 1709 の Windows にアップグレードしたユーザーは、アップグレードから 10 日以内以前のバージョンに戻すことができます。開くには、 の設定>更新プログラムとセキュリティ>回復、および [開始の下で10 の windows の以前のバージョンに戻る。

 

KB4023057ダウンロードページはMSアップデートカタログにはありません。
更新プログラムの信頼性のための Windows 10 バージョン 1507、1511、および 1607 の更新プログラム: 2017 年 12 月 8 日

概要
この更新プログラムには、Windows 10 バージョン 1507、1511、および 1607 の更新コンポーネントに影響する安定性の改善が含まれています。

この更新プログラムには、Windows 10 の更新プロセスに影響する問題に対処するファイルとリソースが含まれています。 これらの改善によって、品質更新プログラムがシームレスにインストールされ、Windows 10 の信頼性とセキュリティが改善されます。

この更新プログラムの入手方法
Windows 10 バージョン 1507、1511、および 1607 の一部のビルドにのみ、この更新プログラムを適用する必要があります。 これらのビルドを実行するデバイスには、Windows Update で更新プログラムが自動的にダウンロードされ、インストールされます。

この更新プログラムは、最新の更新プログラムがインストールされていない一部のデバイスの Windows Update クライアントにも直接提供されています。 この更新プログラムは Microsoft Update カタログからは提供されません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用すると、以前にリリースされた更新プログラム 4022868 が置き換えられます。

 

4/11に定例配信された分
KB4093432
KB4093107
KB890830
KB4093110

 

KB4093432ダウンロードページ
2018-04 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 更新プログラム (KB4093432)
Windows 10、バージョン1703のスタックアップデートのサービス:2018年4月10日

 

KB4093107ダウンロードページ
2018-04 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 の差分更新プログラム (KB4093107)
2018年4月10日-KB4093107(OSビルド15063.1029)

注意 リリースには、2018年4月10日にリリースされたWindows 10 Mobile(OS Build 15063.1029)のアップデートも含まれています。

改善と修正
このアップデートには品質改善が含まれています。このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。主な変更点は次のとおりです。

高負荷のSVGをレンダリングするときに、Internet Explorerの特定のページでアクセス違反が発生する問題を解決します。
Internet ExplorerでActiveXによって生成されたコンテンツの印刷に関する問題を解決します。
更新されたタイムゾーン情報に関する追加の問題に対処します。
多くのユーザーをホストするRDSサーバーでApp-Vサービスの動作を停止させる原因となる問題を解決します。
App-V(Kerberos認証が利用できないXenApp 7.15以降、Windows Server 2016など)を使用してアプリケーションを共有プラットフォームに移動すると、ユーザーアカウントがロックされる問題を解決します。
場合によっては、Internet Explorerがカスタムコントロールを識別できないという問題を解決します。
Internet Explorer、Microsoft Edge、Windowsアプリケーションプラットフォームおよびフレームワーク、Microsoftスクリプトエンジン、Windowsグラフィックス、Windows Server、Windowsカーネル、Windowsデータセンターネットワーク、Windowsワイヤレスネットワーク、Windows Hyper-V、Windows仮想化およびカーネルのセキュリティ更新プログラム
以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージの新しいフィックスのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティ上の脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。

Windows Updateの強化

Microsoftは信頼性を向上させるため、Windows Updateクライアントに直接更新プログラムをリリースしました。EnterpriseおよびProエディションを含む、Windows Updateから自動的にアップデートを受信するように構成されたWindows 10を実行するすべてのデバイスには、デバイスの互換性に基づいた最新のWindows 10機能アップデートと、ビジネス延期ポリシーに関するWindows Updateが提供されます。これは、長期のサービス版には適用されません。

このアップデートの既知の問題
マイクロソフトでは、現在この更新プログラムの問題を認識していません。

 

KB890830ダウンロードページ
悪意のあるソフトウェアの削除ツール – 2018 年 4 月 (KB890830)
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

 

KB4093110ダウンロードページ
2018-04 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4093110)
Adobe Flash Playerのセキュリティ更新プログラム:2018年4月10日

 

おまけ
Office2010
KB4018362
KB4018311
KB4018359

 

KB4018362ダウンロードページ
Microsoft Excel 2010 (KB4018362) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム
Excel 2010のセキュリティ更新プログラム:2018年4月10日

概要
このセキュリティ更新プログラムは、ユーザーが特別な細工をしたOfficeファイルを開くと、リモートでコードが実行される可能性のあるMicrosoft Officeの脆弱性を解決します。これらの脆弱性の詳細については、次のTechNetの記事を参照してください。

Microsoftの一般的な脆弱性と公開されている影響CVE-2018-0920
Microsoftの一般的な脆弱性と公開されている影響CVE-2018-1011
Microsoftの一般的な脆弱性と公開されている影響CVE-2018-1027
Microsoftの一般的な脆弱性と公開されている影響CVE-2018-1029
注:このセキュリティ更新プログラムを適用するには、Office 2010用のService Pack 2のリリースバージョンがコンピュータにインストールされている必要があります。

Microsoftダウンロードセンターの更新プログラムは、Office 2010のMicrosoftインストーラー(.msi)ベースのエディションに適用されます.Office 2010のClick-to-Runエディション(Microsoft Office 365 Homeなど)には適用されません。(Officeバージョンの決定)

 

KB4018311ダウンロードページ
Microsoft Office 2010 (KB4018311) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム
Office 2010のセキュリティ更新プログラム:2018年4月10日

概要
このセキュリティ更新プログラムは、ユーザーが特別な細工をしたOfficeファイルを開くと、リモートでコードが実行される可能性のあるMicrosoft Officeの脆弱性を解決します。これらの脆弱性の詳細については、Microsoft Common Vulnerabilities and Exposures CVE-2018-1028を参照してください。

注:このセキュリティ更新プログラムを適用するには、Office 2010用のService Pack 2のリリースバージョンがコンピュータにインストールされている必要があります。

Microsoftダウンロードセンターの更新プログラムは、Office 2010のMicrosoftインストーラー(.msi)ベースのエディションに適用されます.Office 2010のClick-to-Runエディション(Microsoft Office 365 Homeなど)には適用されません。(Officeバージョンの決定)

 

KB4018359ダウンロードページ
Microsoft Word 2010 (KB4018359) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラムWord 2010のセキュリティ更新プログラム(2010年4月10日)について

概要
このセキュリティ更新プログラムは、ユーザーが特別な細工をしたOfficeファイルを開くと、リモートでコードが実行される可能性のあるMicrosoft Officeの脆弱性を解決します。これらの脆弱性の詳細については、Microsoft Common Vulnerabilities and Exposures CVE-2018-0950を参照してください。

注:このセキュリティ更新プログラムを適用するには、Office 2010用のService Pack 2のリリースバージョンがコンピュータにインストールされている必要があります。

Microsoftダウンロードセンターの更新プログラムは、Office 2010のMicrosoftインストーラー(.msi)ベースのエディションに適用されます.Office 2010のClick-to-Runエディション(Microsoft Office 365 Homeなど)には適用されません。(Officeバージョンの決定)

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング

コメントを残す