お知らせ

緊急なお知らせ
【お知らせ-緊急】Google Chrome でブログ内の画像が表示されない不具合について【2018/12/19】

ご利用ください
【お知らせ】【WinUp個別】Bitlocker関連過去記事リンク【2018/10/13】

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

記事更新お知らせメールを始めました

お知らせ
記事中の画像表示の不具合はJetpack由来と判明し、停止中のため記事更新情報の配信が停止しています。しばらくお待ちください。

メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新をメール受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

【WinUp個別】2018年11月の第一定例日KB配信【2018/11/15】

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

この記事について

配信が遅れましたが、2018年11月の第一定例日KB配信の定例配信KBの情報記事です。あなたのお役に立てば幸いです。

なお、この配信の障害情報は特別なことがない限り「11/15(金)~11/16(土)」に配信します。

注意!!!
Win10(1809)用のKB4467708自動配信されないケースがあるようです。

すでに(手動などで)1809にしている方はスタンドアロン版をダウンロードして適用してくださいね。

 

目次

Win7系

Win8.1系

Win10系

 

対象 内容
キーワード Windows、KB、定例配信
OS/ソフト Windows、Update、7、8.1、10
対象読者 Windows Update関連情報を求める方

 

Win7系

ダウンロードリンク  
KB890830

KB4467107

KB4467240

 

悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – 2018 年 11 月 (KB890830)
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

 

2018-11 x64 ベース システム用 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4467107)
2018年11月13日-KB4467107(毎月のロールアップ)
例によってネットワークデバイスの問題が発生します。心配な方、過去に障害が発生した方は「 KB4467106 (セキュリティーのみの更新) 」を適用し、KB4467107を非表示にしてください。

 

2018-11 x64 用 Windows 7 および Server 2008 R2 の .NET Framework 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 用セキュリティおよび品質ロールアップ (KB4467240)
2018年 11 月セキュリティと 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、および 4.7.2 と Server 2008 R2 SP1 (KB 4467240) の Windows 7 SP1 用の.NET Framework の品質プログラムのロールアップ

 

Win8.1系

ダウンロードリンク  
KB890830

KB4467694

KB4467697

KB4467242

 

悪意のあるソフトウェアの削除ツール – 2018 年 11 月 (KB890830)
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

 

2018-11 x64 ベース システム用 Windows 8.1 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4467694)
Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム: 2018 年 11 月 13日

 

2018-11 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4467697)
2018年11月13日-KB4467697(毎月のロールアップ)

改善と修正
このセキュリティ更新プログラムには、KB4462921(2018年10月18日にリリース)の一部であった以下の問題に対処する改善および修正が含まれています。

ファミリ15hおよび16h AMDプロセッサを搭載した一部のシステムで、CPU使用率が高くなり、パフォーマンスが低下する問題を解決しました。この問題は、Microsoftから2018年7月のWindowsアップデートとSpectre Variant 2(CVE-2017-5715 – Branch Target Injection)に対応するAMDマイクロコードアップデートをインストールした後に発生します。

Windowsアプリケーションプラットフォームおよびフレームワーク、Windowsグラフィックス、Internet Explorer、Windowsワイヤレスネットワーク、Windowsカーネル、およびWindows Serverのセキュリティ更新プログラム
解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。

このアップデートの既知の問題
マイクロソフトでは、現在この更新プログラムの問題を認識していません。

 

2018-11 x64 用 Windows 8.1 および Server 2012 R2 の .NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 用セキュリティおよび品質ロールアップ (KB4467242)
2018年 11 月セキュリティや.NET Framework の 3.5 インチ、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、および Windows 8.1、RT 8.1、および Server 2012 R2 (KB 4467242) 4.7.2 の品質プログラムのロールアップ

 

Win10系

ダウンロードリンク
全Ver.共通
KB890830

KB4467694

 

1809
KB4467708

 

1803
KB4467702

 

全Ver.共通
悪意のあるソフトウェアの削除ツール – 2018 年 11 月 (KB890830)
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

 

2018-11 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1803 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4467694)
Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム: 2018 年 11 月 13日

 

1809
2018-11 x64 ベース システム用 Windows Server 2019 の累積更新プログラム (KB4467708)
2018年11月13日 – KB4467708(OSビルド17763.134)
規定のプログラムが設定できなくなる問題は修正されていません。

リリース日:2018年11月13日
バージョン:OSビルド17763.134
注意

このリリースには、2018年11月13日にリリースされたMicrosoft HoloLens(OS Build 17763.134)のアップデートも含まれています。

改善と修正
このアップデートには品質改善が含まれています。このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。主な変更点は次のとおりです。

AMDベースのコンピュータ用の投機的ストアバイパス(CVE-2018-3639)と呼ばれる投機的実行サイドチャネル脆弱性の追加サブクラスに対する保護を提供します。これらの保護は、デフォルトでは有効になっていません。

Windowsクライアント(ITプロ)のガイダンスについては、KB4073119の指示に従ってください。Windows Serverのガイダンスについて は、KB4072698の指示に従ってください。これらのガイダンス文書を使用して、投機的ストアバイパス(CVE-2018-3639)の軽減を有効にしてください。さらに、Spectre Variant 2(CVE-2017-5715)およびMeltdown(CVE-2017-5754)に対して既にリリースされている緩和策を使用してください。

ユーザーが2回目にサインインすると、別のユーザーとしてMicrosoftアカウント(MSA)にサインインできないようにする問題を解決しました。

この機能が必要なInternet of Things(IoT)Universal Windows Platform(UWP)アプリケーションへのファイルシステムアクセスを拒否する問題を解決しました。

自動テストを実行しているとき、または物理キーボードをインストールしているときにオンスクリーンキーボードが表示される問題を解決します。

Microsoft Edge、Windowsスクリプト、Internet Explorer、Windowsアプリケーションプラットフォームおよびフレームワーク、Windowsグラフィックス、Windows Media、Windowsカーネル、Windowsサーバー、およびWindowsワイヤレスネットワークのセキュリティ更新プログラム
以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージに含まれている新しいフィックスのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。

このアップデートの既知の問題
症状
このアップデートをインストールすると、Open with …コマンドまたは設定 > アプリケーション > 既定のアプリケーションを使用して、特定のアプリケーションとファイルの種類の組み合わせに対してWin32プログラムの既定値を設定できないユーザーがいます。

場合によっては、Microsoft Notepadまたは他のWin32プログラムをデフォルトとして設定することはできません。

回避策
場合によっては、アプリケーションのデフォルトを再度設定しようとすると成功します。

マイクロソフトは解決策に取り組んでおり、2018年11月下旬にソリューションが提供される見込みです。

 

1803
2018-11 x64 ベース システム用 Windows Server 2016 (1803) の累積更新プログラム (KB4467702)
2018年11月13日-KB4467702(OSビルド17134.407)

注意このリリースには、2018年11月13日にリリースされたMicrosoft HoloLens(OS Build 17134.407)のアップデートも含まれています。

改善と修正
このアップデートには品質改善が含まれています。このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。主な変更点は次のとおりです。

AMDベースのコンピュータ用の投機的ストアバイパス(CVE-2018-3639)と呼ばれる投機的実行サイドチャネル脆弱性の追加サブクラスに対する保護を提供します。これらの保護は、デフォルトでは有効になっていません。Windowsクライアント(ITプロ)のガイダンスについては、KB4073119の指示に従ってください。Windows Serverのガイダンスについて は、KB4072698の指示に従ってください。これらのガイダンス文書を使用して、投機的ストアバイパス(CVE-2018-3639)の軽減を有効にしてください。さらに、Spectre Variant 2(CVE-2017-5715)およびMeltdown(CVE-2017-5754)に対して既にリリースされている緩和策を使用してください。

開発者向けツール(F12)がMicrosoft Edgeから開始されない可能性のある問題に対処します。
Microsoft Edge、Internet Explorer、Windowsスクリプト、Windowsアプリケーションプラットフォームおよびフレームワーク、Windowsグラフィックス、Windowsグラフィックス、Windows Media、Windows Wireless Networking、Windows Kernel、およびWindows Serverのセキュリティ更新プログラム
以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージに含まれている新しいフィックスのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。

このアップデートの既知の問題

症状
8月の品質ロールアッププレビューまたは2018年9月11日の.NET Frameworkの更新プログラムをインストールすると、SqlConnectionのインスタンス化によって例外がスローされます。この問題の詳細については、Microsoft Knowledge Baseの次の記事を参照してください。

4470809 .NET Framework 4.6およびそれ以降のSqlConnectionインスタンス化の例外.2018年8月〜9月の.NET Frameworkの更新。

回避策
マイクロソフトは決議に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

 

症状
このアップデートをインストールすると、Open with …コマンドまたは設定 > アプリケーション > 既定のアプリケーションを使用して、特定のアプリケーションとファイルの種類の組み合わせに対してWin32プログラムの既定値を設定できないユーザーがいます。

場合によっては、Microsoft Notepadまたは他のWin32プログラムをデフォルトとして設定することはできません。

回避策
場合によっては、アプリケーションのデフォルトを再度設定しようとすると成功します。

マイクロソフトは解決策に取り組んでおり、2018年11月下旬にソリューション

 

1809アップ前には必ずドライバーのバックアップを取得しよう
【メーカーPCもOK】ドライバを一括で抽出する【Win10クリーンインストール】を参考に必ずドライバーのバックアップを取得しておくことを強くお勧めします。

【日記】Win10は優秀すぎてファイル消失が発生する???【2018/8/1】で書いていますが、Win10のVer.アップ時にチップセットドライバなどがMS汎用ドライバに置き換わってしまう場合があります。Win10はある意味優秀すぎるのでそのまま動作してしまうのですが「省電力との絡みでシャットダウン時にVer.ダウンに失敗すると内蔵ストレージでも一部のデータ/(ファイル)や全データが吹っ飛ぶ」ということがまれに発生します。

防止策として、Ver.アップ後は念のためバックアップしておいたドライバセットを使用してリストアすることをお勧めします。(汎用ドライバに変わってしまったものが専用ドライバに戻ります)

 

 

 


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA