【WinUp個別】2017/9/13の定例更新日は要注意???【予想情報】

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分48秒です。

2017/9/3追記
ごめんなさい、記事を書いたのと同じ9/1にMSより「RS3の配信は10/17」ということで正式発表がありました…。記事本文は訂正しませんが、9/13に配信というのは間違った推定でした。

記事内のRS3アップ時の注意事項は間違えていませんし、もしかすると9/13の更新でIEのセキュリィティー更新で支障があるソフトが出てくるかもしれないという予想が完全に間違えているということではないと思いますので十分な注意を払ってくださいね。


まったくのあてずっぽうといってよい情報になりますが、もしかするとRS3の配信は第一定例日なのかもしれません。

もう一つの考えられるケースとして、IEやEdgeに関して大幅な変更があるというケースも考えられます。

根拠としては薄目ですし、全く間違えているかもしれないのですが、実はマカフィーリブセーフと共に使用している「True Key」というパスワード管理ソフトで2017/9/12より、IE上では顔認証機能が使用できなくなるというメールが来ました。

こちらでは日付が、9/12となっているのですが英文のままのメールですので日本時間9/13の第一定例日に該当します。




動作に関する不都合がないよう、代表的なセキュリティーソフトベンダーなどに情報提供がなされてテストが行われているであろうことはほぼ間違いないと考えられますので、少なくともIEやEdgeに大きめの変更がある可能性やRS3が配信される可能性は高いように思います。

9/13の第一定例日に向けて、下記のような対応を考慮しておくのが無難と考えられます。

1)バックアップなど現在の環境の保全をしておく。

2)IEに機能を追加している方やブラウザ上で動作するソフトを使用している方はトラブルが発生する可能性を念頭に置いて第一定例日のアップデート前にいったんアンインストールや動作停止をするケースも考える。

3)複数台環境の場合は先にテスト後に残りのPCに適用する。

4)メーカー独自の顔認証や指紋認証、その他のログインツールなども問題発生源となる可能性があります。

5)セキュリティーソフトは、停止ないしアンインストールした状態でアップするほうが無難と考えられます。

 

何もなければそれに越したことはないのですが「注意を払っておいて損をすることはない」というところでしょうか…。

 


人気ブログランキング

Windows 10 のブルースクリーンとドライバ由来の再起動ループを予防!

A800009
Windows10レスキューキットEX


A800010
プチフリバスター Duo drive (Ver.5)

厄介なBSoD、BAD_POOL_HEADER(0x19)、DPC_WATHDOG_VIOLATION
(0x133)の回避機能を実装。

および、高速スタートアップで問題となる外付けディスクのファイル消失問題を完全解決。外付けディスクを危険から保護します。

初心者向けにWindows10の障害対策機能を装備。Windows10を使っていて感じるイライラをすっきり解消します 。

【Windows 10 】ブルースクリーンエラー0x133, 0x19【10秒ルール問題の解決法は???】
ソフト開発者さんのインタビュー記事です。

コメントを残す