お知らせ

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

重要
当サイトの広告で「最新のWindowsが1,980円」というようなものが表示されることがあります。自動ローテーションの広告でサイト運営者がブロックしても再度表示されるようです。メールでお問い合わせをいただきましたが、当サイトで推奨しているものではありませんのでご注意ください。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

111人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】2015/10のWinUP後のレノボPCのBSOD【KB3088195】

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分21秒です。

◎最終更新日 2015/10/23

2015/10分の月別情報に記載していますが、検索で探される方のためにWinup個別カテゴリーでも掲載します。

結論要約
一部のレノボPCでBSODが発生しているようです。

「キーワード:BSoD,Lenovo,Lenovo B40 (B40-30),Lenovo B50 (B50-30),KB3088195」

対象機材/OS/ソフト
Windows 8 / 8.1

対象読者
レノボ• Lenovo B40 (B40-30)・• Lenovo B50 (B50-30)をWindows 8 / 8.1で使用中の方。

 

・本文
一部のレノボPCでBSODが発生しているようです。レノボさんのHPに対策等が掲載されていますので参照してくださいね。

また、すべての方が発生する訳ではないということから、ソフトウエア/ドライバの競合が引き金となる可能性も高いため、現在発生していない方も「Lenovo USB Blocker バージョン 1.0.0.37」がインストールされている場合は、いったんアンインストール後に再度インストールし直しておくことをお勧めします。

Windows Update (KB3088195) をインストールすると、一部のLenovo製品でブルースクリーンエラーが発生することがある

症状
一部の Lenovo 製品 (Lenovo B40 (B40-30)、B50 (B50-30) など) において、2015年10月13日頃に配信されたWindows Update インストール後の起動中にブルースクリーンエラー (Blue Screen of Death、以下「BSOD」と表記) が発生することがあります。この現象は Windows 8 および 8.1 で確認されています。

対象機種
以下のシステムで発生する可能性がありますが、これらのシステムのみに限定されるものではありません。
• Lenovo B40 (B40-30)
• Lenovo B50 (B50-30)
注意点: Lenovo B40 (B40-30)、B50(B50-30) のサブシリーズの確認方法についてはこちらをご確認ください。

オペレーティングシステム
• Windows 8
• Windows 8.1

根本原因の分析
この問題は、Windows Update KB3088195 と Lenovo USB Blocker ソフトウェア バージョン 1.0.0.37 の互換性に起因します。
「Lenovo USB Blocker バージョン 1.0.0.37」がインストールされているコンピューターで、2015年10月に配信された Windows Update KB3088195 をインストールするとアンインストールし、KB3088195 を再インストールしてください。
BSOD が発生しないようにするには
Lenovo USB Blocker を 最新バージョン 1.0.0.62 にアップデートしてください。その後はKB3088195 をインストールしてもBSOD が発生しなくなります。

 

人気ブログランキングへ

コメントを残す