お知らせ

ご利用ください
【お知らせ】【WinUp個別】Bitlocker関連過去記事リンク【2018/10/13】

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

262人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】12/13 20時時点の気になった情報【2017/12/13】

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分5秒です。


今のところそう多くの情報がないのはいつものことですが、一応気になったものを上げておきます。

 

Win10でセキュリティーソフトがインストールできなくなる(もしかすると新規購入したPCにプリインストールされていると変更もできない?)というものと、「復元ポイントがなくなる・システムの保護が無効にされてしまう」というのは結構重大です。

 

Win7
特にありませんでした。

 

Win8.1
アカウントとパスワードを入力してもログインできません。
はっきりしませんが、タイミング的にWinUp後に発生したもののようです。毎回少数発生しますので注意してください。解決策としては、可能であればシステムの復元で正常であった時点に戻すこととなります。

 

Win10
重要
ウイルスバスターほかセキュリティソフトがインストールできない事例が発生しています。

ウイルス対策ソフト をインストール する前に Defender の更新、クイック スキャン を実行する必要が有る模様

ウイルス対策ソフト をインストール する前に Defender の更新、クイック スキャン を実行しなければ正常動作しない模様
ESET では 起動後に一瞬 コマンドプロンプト が表示されていた事例有り
ESET の場合だと VER UP時に一度旧 VER を アンインストール > 再起動 > 新VER をインストール の手順に成るがその途中で一度 Defender で作業を行う必要が有る
メーカー プリンストール PC には大概試用版が インストール されているので其れを変更する場合も要注意
参考情報
ウイルス対策ソフトウェアをアンインストールする方法

なおすぐに新しいウイルス対策ソフトウェアをインストールしない場合は、Windows Defenderを起動し、必ず有効にすること(ウイルス対策ソフトウェアによってWindows Defenderが停止された状態になっていることがあるため)。その際、Windows Updateを実行して、定義ファイルを更新するのを忘れないようにしよう。
Windows Updateを実行して、Windows Defenderの定義ファイルを更新してから、[Windows Defender セキュリティセンター]を開き、「ウイルスと脅威の防止」で[クイック スキャン]を実行する。

 

Win10(1709)
重要・重大
私の手元の環境では、今回のWinUp後に「システムの保護が無効」に変更されていました。また、復元ポイントが消える事例も発生しているようです。

様子見をしている方を含めて、WinUP適用前にサードパーティー製のツールで(イメージ)バックアップを取得しておくよう強くお勧めします


人気ブログランキング

コメントを残す