【WinUp個別】記事紹介-1709 にて一定条件下でWinUp 経由で更新プログラムが配信されない【2017/12/7】

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。


私は全く承知していなかったのですが、Win10(1709)において「一定条件下でWindows Update 経由で更新プログラムが配信されない問題」があるとのことです。

発生条件
グループポリシーもしくは 設定アプリで Windows Update のサービス提供モデルを「半期チャネル」(ブログ主注:旧CBB)に設定し、延期日数をゼロ以外に指定すると発生

 

MSサイドでも把握していてWin10のインサイダープリビュー版では解決しているとのことですし、通常版でも解決される見込みなのですが、すぐに解消する方法を含めてとても分かりやすい記事をぼくんちのTV別館さんが掲載してくれたので紹介します。

 

現在発生しているかたは、記事中で画像つきの詳細な手順を掲載してくれていますので役立ててくださいね。

 

紹介する記事のリンク

Windows 10 バージョン1709 にて一定条件下でWindows Update 経由で更新プログラムが配信されない問題

一部抜粋

この問題は、グループポリシーもしくは 設定アプリで Windows Update のサービス提供モデルを「半期チャネル」に設定し、延期日数をゼロ以外に指定すると発生します。

このページのざっくりした内容

「グループポリシー」もしくは「設定アプリ」で Windows Update のサービス提供モデルを「半期チャネル (※従来のCBB)」に設定し、延期日数をゼロ以外に指定すると毎月更新されるはずの セキュリティ更新を含む累積更新プログラムなどが配信されない状況になります。

 


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA