お知らせ

重要なお知らせ
TLS 1.2 対応に伴い一部環境から当サイトへのSSL接続(https)でのアクセスができなくなります。

お知らせ1
2017/年12月29日より当分の間、旧サイトから新館に記事を移動した際に「記事更新お知らせメール」が発信されてしまうと思います。350記事程度あり、移転完了までの間「お知らせメールを受信設定されている方」にはご迷惑をおかけしますがご寛容ください。

お知らせ2
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

239人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】第3報・・・2018/6/13第一定例配信後の不具合情報【2018/6/20】

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分43秒です。


6/17の第二報以降の不具合情報の追加です。

 

Win10で、パスワード・アカウント・ビットロッカーのトラブルが増えているように感じます。PCが使用できなくなる致命的な不具合ですから、【WinUp個別】Winにログインできなくなるケースの対策【2018/6/18】【WinUp個別】ビットロッカーとパスワード【最も厄介な障害】を参考に十二分に注意を払い対策をしておいてください。

 

また、Win10でOneDriveの同期がいつまでも終わらずにCPU使用率が高いままになるケースの質問があり、割合によくあるケースですので、MSコミュニティーでの回答と合わせて「私の経験上の解決手法」を掲載しておきます。(Win7/8.1でも同様のケースが発生し、回復手段も同じになります)

 

ちなみにWin10は100件以上の質問が追加されています…。

 

 

Win10と7/8.1共通
OneDriveのCPU利用率がずっと高いままになっている
今回の配信による障害ということではありませんが、グーグルやアマゾンのドライブなどを含めてかなり発生する問題です。

・同期ソフトの入れ直し。
・設定等の見直し。

この二つが修復手段となりますが、次の二つはぜひ試してほしい事項になります。

・ファイルアクセス権の競合を防止するため、常時監視のバックアップソフトなど各種スタートアップを停止してみる。改善するようならスタートアップを半分開始して、ダメになるようなら開始した半分の中に、正常な状態ならば開始していない半分の中に原因があるので、再度半分というようにして原因を特定してゆきます。

・同期しているファイルの中に名前が長すぎたり名前解決ができないファイルがあるケースも多いです。バックアップなども同じことでエラーが出るため、このケースではバックアップやWin標準のファイル履歴でもエラーが発生しているケースも多く、同期ソフトでエラー原因が発見できない場合でもこちら側からがん印ファイルを特定できる場合があります。

エラーファイルが特定できる場合は、当該ファイルの同期を外すか名前を変更します。特定できない場合は、スタートアップの場合と同様にファイルの同期を半分にすることを繰り返して原因ファイルを特定します。

 

Win7
Windows 7 アップデート後、インターネットに接続できなくなった。
非常に模範的な回答が付いています。(この回答者は、優秀な回答者のおひとりです)

抜粋

Q:6/13のWindows7 アップデートを行ったら、インターネットに接続できなくなりました。通常、モニターのアイコンが、LANケーブルのアイコンに×(バツ)が付いている状態になっています。メッセージを見ると、”ドライバの不具合”の意味が出ていました。メーカーのサポートに聞いて、ドライバの再インストールを試みましたが、ダメでした。

システム復元で、アップデート前に戻し、自動アップデートを停止したら、通常通りインターネットにつながるようになりました。

 

A:wanisan 返信日 2018年6月19日
「6月の月例ロールアップ更新【KB4284826】」の不具合だと思います。

下のサイトに対処法として、デバイスマネージャーで「ネットワークアダプター」の該当デバイスを右クリックして、「ハードウェア変更のスキャン」を選択するか、「ドライバーソフトウェアの更新」を行うと書かれています。

また、デバイスは「ネットワークアダプター」以外に「そのほかのデバイス」として表示されるとありますので、場合によっては「不明なデバイス」となっているかもしれません。

下側のサイトは英語サイトですが、日本語サイトとは既知の問題の内容が異なっています。

日本語サイトはやがて書き換えられると思いますが、何れにしてもネットワークの問題は解消されていないようです。

2018 年6 月13 日— KB4284826 (マンスリーロールアップ)

June 12, 2018—KB4284826 (Monthly Rollup)

もっとも、ドライバーの再インストールを行ってもダメだったということであれば、【KB4284826】を非表示にするしかないと思います。

非表示にすれば自動更新に戻しても【KB4284826】は更新されなくなります。

必要ない更新プログラムを非表示にする方法

なお、「月例ロールアップ更新」が出来ない場合は、代替措置として「セキュリティのみの更新【KB4284867】」を適用してみたらどうでしょうか。

下側のサイトは英語サイトですが、日本語サイトとは既知の問題の内容が異なっています。

日本語サイトはやがて書き換えられると思いますが、既知の問題はないようです。

更新ファイルは「Microsoft Update カタログ」からダウンロードできます。

Windows 7 32bit版の場合は、「・・x86 ベースシステム用Windows 7 向け・・」、64bit版の場合は、「・・x64 ベースシステム用Windows 7 向け・・」を選んでください。

2018 年6 月13 日— KB4284867 (セキュリティのみの更新プログラム)

June 12, 2018—KB4284867 (Security-only update)

Microsoft Update カタログ:KB4284867

なお、「セキュリティのみの更新」を行った場合は、「IE 11の累積的なセキュリティ更新【KB4230450】」も適用してください。

32bit版は「Windows 7 向け・・」、64bit版は「x64 ベースシステムWindows 7 用・・」

になります。

Microsoft Update カタログ:KB4230450

 

KB4284826由来です。このケースでは、不具合発生後にドライバの再インストールができ無かったのですが、(ラッキーなことに)システムの復元で回復したようです。

残念なことに「システムの復元をしても回復しない、ドライバの再インストールもできない」というケースも発生します。

そのようなケースでは、【メーカーPCもOK】ドライバを一括で抽出する【Win10クリーンインストール】で紹介している「Double Driver」を利用したドライバのバックアップと復元」が非常に有効です。

ドライバをインストーラーでインストールするのではなく、ドライバストアをそのまま上書きする形になるため、インストーラーエラーが発生する環境でもドライバの書き戻しができるためです。

ブログでも繰り返し注意喚起していますが、ソフトの導入や操作、バックアップも簡単で短時間に終わりますのでまだ導入/使用していない方はこの機会に導入してみてくださいね。

なお、それでもまだ駄目なケースもあり、そうなるとOSクリーンインストールしか回復手段はありません。

 

More
システムの復元とDouble Driverでの書き戻しの双方とも駄目なケースもあり、そうなるとOSクリーンインストールしか回復手段はありません・・・が、その後に問題KBは適用できないのかということがあります。

実は、この障害は発生の原因などは特定されていませんし、同じ構成のPCに適用しても発生しないこともあります。さらにMSの対応も今のところ提供されていません。

KBは適用したいという方で、システムの復元に失敗しても大丈夫なように(イメージ)バックアップを準備できている方は何度か適用しなおしてみるのもよいでしょう。

なお、その際は特にセキュリティーソフトとメーカPCなどでは独自の無線LANユーティリティー(バッファローなどの無線子機のユーティリティーを入れている方はそれもです)に留意していったんアンインストールしておくことと、余計なスタートアップ項目やバックグラウンドの動作を排除しておいてから(クリーンブート)KBを導入したほうが良いでしょう。(原因が特定できていないのでできる限り原因になりそうなものを排除しておくということです)

 

Win8.1
特にありませんでした。

 

Win10
Win10・起動不能など
Win10/ネットワーク
Win10・その他

Win10・起動不能など

アカウント、パスワード関連のトラブルが多くなっています。何か原因があるのでしょうか…。【WinUp個別】Winにログインできなくなるケースの対策【2018/6/18】【WinUp個別】ビットロッカーとパスワード【最も厄介な障害】を確認しておいてくださいね。

ビットロッカーを使用していない場合は、ビットロッカーのサービスの無効化、専用チップが搭載されている場合はBIOSからの無効化をしておいた方が無難です。

また、Win10/8.1でMSアカウントのみという方は、必ず管理者権限のローカルアカウントを作成したうえパスワードリセットメディアを作成しておいてくださいね。

 

windows10の更新を行った後最初の画面からログインできなくなりました

 

bitlocker 突然に復号化不能 回復キーも効かず
もっとも厄介な部類のケース、やっぱり発生しますね…。

 

windows10更新プログラム1803インストール後、パスワードは間違っていないのにサインインできない【Ver1803】

windows10更新プログラム1803がインストールされますが、パスワードを入力、パスワードは間違ってないのですがサインインできません。その為何も出来ません何か方法が有りますか。ちなみに、リカバリーで復元をして3回トライしましたがだめでした。よろしくお願いします。

 

administratorのアカウントが無効になったまま戻らな

 

ローカルアカウントに切り替え出来ない

Q:Microsoftアカウントからローカルアカウントへの切り替えが出来ません。関連づけが切れているのだと思うのですが対処方法を教えて頂けないでしょか?
※通常であればMicrosoftアカウントからローカルアカウントに切り替える場合『ウィンドウズアカウントをローカルに切り替える』が表示されるのですが 表示されません。(添付画像を参照)

A:Windows 10 Pro で Microsft アカウントからローカルアカウントへの変更するボタンが表示されない。【Ver1803】

手元の PC では表示されたことがないのですが「すべての Microsoft アプリへのログインを自動的に停止」をクリックだそうです。

 

microsoft アカウントのサインインを要求されるようになった。

windows update後 (win10 2018/6/15) にアカウントのサインインを要求されるようになった。microsoftアカウントに登録してあるメールアドレスは既に消滅しており、サインイン後にメールアドレスを変更しようとしても必ず登録時のメールアドレスに本人確認情報を送るようになっており、メールを受け取ることができない状態になっている。

削除したメールアドレスを復活しようとしたが不可能となっており、先に進むことができない。

 

ビットロッカー回復キーがわかりません
これも多分WinUp由来の気がします…。

 

Windows10 起動後に画面が真っ黒でマウスだけの状態が5分ほど続く【Ver1803】

起動し、ようこその後に画面が真っ黒でマウスだけの状態が5分程続く事が6/14から始まりました。

 

Win10/ネットワーク

Win10から他のPCが見えません

社内で小規模なLANを構築しています.WIN10機材からは一部のWIN7機材が見えるだけで,他のPCが突然見えなくなりました.今朝まで,XPも含めた全ての機材が見えていました.ちなみに,XPから他のPCにアクセスすることも出来なくなりました

 

Windows10同士のPCのみ共有できなくなった。

 

Windows 10が自動的にアップデートしてから、CANON MG5765のプリンターが使用できない

 

Win10・その他

Windows10において、一部のショートカットキーが動作しない事象について
このケースでは再起動で一応改善したようです。こんなことも発生しているのか…というぐらいの情報です。

 

キーを早くたたくと文字がバグになります。
1803 適用後の既知の問題です。
Windows 10 April 2018 Update (バージョン 1803) を適用後、Outlook での文字入力に問題が発生する

 

Windows 10、バージョン 1803 の機能更新プログラムが以下の理由で更新できません。
たぶん機材がサポート範囲から外れてしまったということでしょうか…。今後はこのようなケースが増えていくのではないかと考えられます。

 


人気ブログランキング

コメントを残す