お知らせ

お知らせ1
2017/年12月29日より当分の間、旧サイトから新館に記事を移動した際に「記事更新お知らせメール」が発信されてしまうと思います。350記事程度あり、移転完了までの間「お知らせメールを受信設定されている方」にはご迷惑をおかけしますがご寛容ください。

お知らせ2
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

173人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】第一定例日のKB配信が来ました【2018/2/14】

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分55秒です。


第一定例日の配信が来ました。

手元ではいずれも重要で、Win7に2個、Win8.1に2個、Win10に2個来ています。Office2010には3個来ています。

なお、私の手元のVMプレイヤー上のWin7(マカフィーリブセーフを使用)では悪意…が一度失敗し、入れ直しで導入となる現象が発生しました。こちらは調べてみますね。

回もセキュリティ面には留意しつつ様子見ということになるのでしょう。毎回このような状態っていつまで続くのですかね…。

 

Win7
KB4074598
KB890830

2018-02 x64 ベース システム用 Windows Embedded Standard 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4074598)
2018年2月13日-KB4074598(毎月のロールアップ)
セキュリティーソフトに関する既知の問題が書かれていますのでCPU脆弱性問題に関する修正が含まれていると考えられます。適用には注意が必要かもしれません。

改善と修正
このセキュリティ更新プログラムには、KB4057400(2018年1月19日リリース)の一部であった以下の問題に対処する改善および修正が含まれています。

Internet Explorerの一部のアプリケーションで入力フィールドを編集する際に問題があります。

場合によってはInternet Explorerの動作を停止させるスクリプト関連の問題に対処します。

Internet Explorerで新しいページを起動する際に問題があります。

Internet Explorer、Windowsグラフィックス、Windowsカーネル、共通ログファイルシステムドライバ、Microsoft Windows検索コンポーネント、およびWindowsストレージおよびファイルシステムに対するセキュリティ更新プログラム。
解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。

このアップデートの既知の問題
症状
一部のバージョンのウイルス対策ソフトウェアに影響する問題があるため、この修正は、ウイルス対策ISVが「許可」を更新したコンピュータにのみ適用されています。

回避策
ウイルス対策ソフトウェアの製造元に問い合わせて、ソフトウェアが互換性があり、コンピュータで次のREGYYを設定していることを確認してください。

Key = “HKEY_LOCAL_MACHINE” Subkey = “SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ QualityCompat”

値の名前= “cadca5fe-87d3-4b96-b7fb-a231484277cc”

タイプ= “REG_DWORD”

データ= “0x00000000”

 

悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – 2018 年 2 月 (KB890830)
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

 

Win8.1
KB4074594
KB890830

2018-02 x64 ベース システム用 Windows 8.1 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4074594)
2018年2月13日-KB4074594(毎月のロールアップ)
セキュリティーソフトに関する既知の問題が書かれていますのでCPU脆弱性問題に関する修正が含まれていると考えられます。適用には注意が必要かもしれません。

改善と修正
このセキュリティ更新プログラムには、KB4057401(2018年1月17日にリリース)の一部であった以下の問題に対処する改善および修正が含まれています。

場合によってはInternet Explorerの動作を停止させるスクリプト関連の問題に対処します。

Internet Explorerの一部のアプリケーションで入力フィールドを編集する際に問題があります。

Internet Explorerで新しいページを起動する際に問題があります。

SMBサーバーにKB4056895またはKB4056898をインストールした後、サーバー上でホストされているディレクトリ接続ポイントまたはボリュームマウントポイントのファイルにアクセスすると、アドレスが問題になることがあります。エラーは “ERROR_INVALID_REPARSE_DATA”です。たとえば、次のような現象が発生することがあります。

GPMCまたはAGPM 4.0を使用してグループポリシーを編集すると、「再解析ポイントバッファに存在するデータが無効です(例外:HRESULT:0x80071128)」というエラーが表示され、失敗することがあります。

SMB3暗号化を有効にした状態でSharePointがSQL Serverのファイルストリーム共有に書き込みを行うと、書き込みが失敗するか、非常に遅くなることがあります。

Internet Explorer、Windowsカーネル、共通ログファイルシステムドライバ、Windowsストレージとファイルシステム、Microsoft Windows検索コンポーネント、およびWindows SMBサーバーに対するセキュリティ更新プログラム

このアップデートの既知の問題
症状
一部のバージョンのウイルス対策ソフトウェアに影響する問題があるため、この修正は、ウイルス対策ISVが「許可」を更新したコンピュータにのみ適用されます。

回避策
ウイルス対策ソフトウェアの製造元に問い合わせて、ソフトウェアが互換性があり、コンピュータで次のREGYYを設定していることを確認してください。

Key = ” HKEY_LOCAL_MACHINE ” Subkey = ” SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ QualityCompat ”

値の名前= ” cadca5fe-87d3-4b96-b7fb-a231484277cc ”

タイプ= ” REG_DWORD ”

データ= ” 0x00000000 “

 

悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – 2018 年 2 月 (KB890830)
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

 

Win10(1709)
KB4074588
KB890830

2018-02 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1709 の累積更新プログラム (KB4074588)
2018年2月13日 – KB4074588(OSビルド16299.248)
セキュリティーソフトに関する既知の問題が書かれていますのでCPU脆弱性問題に関する修正が含まれていると考えられます。適用には注意が必要かもしれません。

改善と修正
このアップデートには品質改善が含まれています。このアップデートでは、新しいオペレーティングシステムの機能は導入されていません。主な変更点は次のとおりです。

ブラウジングと検索の履歴が両親に送信されても​​、子デバイスがARMデバイスのInPrivateモードにアクセスできる場所で問題が発生します。これは、Microsoftファミリーサービスを使用して管理され、保護者がアクティビティレポートを有効にした子に属するMicrosoftアカウントでのみ発生します。これは、Microsoft EdgeとInternet Explorerに適用されます。
Internet Explorerのドッキングとドッキング解除に問題があります。

Internet Explorerでアドレスを発行すると、削除キーを押すとアプリケーションの入力ボックスに新しい行が挿入されます。

特定の状況下で選択された要素が更新されないInternet Explorerでの問題を解決しました。

Microsoft Edgeでサードパーティのアカウント資格情報を使用しているときに、一部のユーザーが一部のWebサイトにログインする際に問題が発生する可能性がある問題を解決しました。

タイムゾーン情報を更新します。
更新中に発生するブラウザの互換性ビューの設定に関する問題を解決しました。
特定のハードウェア構成で、DirectX Gamesのフレームレートが意図せずディスプレイの垂直同期の要因に制限されていた問題を解決しました。
Alt + Shiftを使用してキーボード言語を切り替えると遅延が発生する問題を解決しました。
サラウンドサウンドのオーディオエンドポイントが再起動後にステレオに戻ったところで問題が発生します。
再接続シナリオで特定のBluetoothキーボードがキーをドロップする状況を改善し、軽減します。
バッテリレベルのステータスを誤って報告しているデバイスのマウス遅延を修正します。
Windows Defenderアプリケーションコントロール(デバイスガード)が有効になっているときに、サービス、ローカルポリシー管理、プリンタ管理などのMMCアプリケーションスナップインが実行されない問題が解決されます。エラーは、 “オブジェクトはこのプロパティまたはメソッドをサポートしていません”です。
テスト署名が有効になっているときに、WindowsセットアップのPre-production Onesettingsエンドポイントを使用できないようにします。
Windows Server、バージョン1709のインストールが、アクティブ化されたHyper-Vホスト上の自動化された仮想マシンアクティベーション(AVMA)機能を使用して自動的にアクティブ化されない問題を解決しました。
スケジュールされたタスクが適切なトリガを持っていなかったUEVの受信トレイテンプレートの自動登録で問題が解決されました。

グループポリシーオブジェクト(GPO)を使用してポリシーが設定されたときに、App-VクライアントがSyncOnBatteriesEnabledのポリシーを読み取らなかった問題が解決されます。

グループポリシーエディタで[App-Vクライアントを有効にする]ポリシーの[ サポートされるオン]フィールドが空白の場合は、アドレスが問題になります。

一部のApp-Vパッケージが接続グループに属している場合、レジストリ内のユーザーのハイブデータが正しく維持されない問題が解決されます。

単一のパッケージに複数の構成ファイルがある場合、管理者がApp-Vパッケージの適切な構成を選択するなどのアクションを実行するための追加のログを提供します。

カーネルコンテナを使用してレジストリ仮想化と互換性のないApp-Vパッケージでの問題が解決されました。この問題に対処するため、既定で以前の(コンテナではない)メソッドを使用するようにレジストリ仮想化を変更しました。レジストリ仮想化に新しい(カーネルコンテナ)メソッドを使用したいと思う顧客は、次のレジストリ値を1に設定して、それに切り替えることができます。

パス:HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ AppV \ Client \ Compatibility
設定:ContainerRegistryEnabled
データ型:DWORD
Microsoft Scripting Engine、Microsoft Edge、Internet Explorer、Microsoft Windows Searchコンポーネント、Windowsカーネル、Windows認証、デバイスガード、Common Log File Systemドライバ、Windowsストレージおよびファイルシステムに対するセキュリティ更新プログラム
以前のアップデートをインストールした場合、このパッケージに含まれている新しいフィックスのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

解決されたセキュリティ脆弱性の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。

このアップデートの既知の問題
症状
Windows Updateの履歴によれば、エラー0x80070643のため、KB4054517のインストールに失敗しました。

回避策
更新プログラムが正常にインストールされたにもかかわらず、Windows Updateは更新プログラムのインストールに失敗したと誤って報告します。[ アップデートの確認]を選択して、 利用可能な追加のアップデートがないことを確認します。

また、タスクバーの検索ボックスに「About your PC」 と入力して、デバイスが予想されるOSビルドを使用していることを確認することもできます。

マイクロソフトは決議に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

症状
一部のバージョンのウイルス対策ソフトウェアに影響する問題があるため、この修正は、ウイルス対策ISVが「許可」を更新したコンピュータにのみ適用されます。

回避策
ウイルス対策ソフトウェアの製造元に問い合わせて、ソフトウェアが互換性があり、コンピュータで次のREGYYを設定していることを確認してください。

Key = “HKEY_LOCAL_MACHINE” Subkey = “SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ QualityCompat”

値の名前= “cadca5fe-87d3-4b96-b7fb-a231484277cc”

タイプ= “REG_DWORD”

データ= “0x00000000”

 

悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – 2018 年 2 月 (KB890830)
Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツールで流行している特定の悪質なソフトウェアを削除する

 

おまけ
OfFice2010
KB3114874
KB4011707
KB4011711

Microsoft Office 2010 (KB3114874) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム
Office 2010 用のセキュリティ更新プログラムの説明: 2018 年 2 月 13日

Microsoft Office 2010 (KB4011707) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム
Office 2010 用のセキュリティ更新プログラムの説明: 2018 年 2 月 13日

Microsoft Outlook 2010 (KB4011711) 32 ビット版 のセキュリティ更新プログラム
Outlook 2010 用のセキュリティ更新プログラムの説明: 2018 年 2 月 13日

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング

コメントを残す