お知らせ

お知らせ
自己検閲によりパスワード保護している記事があります。「当ブログ(自作PCの道楽新館)をご利用くださる方へのお願いとお断り」の注意事項を了承いただける方のみ「 パスワード 5525 」を入力してご覧下さい。

更新情報を各SNSに告知していますのでご利用ください。

フェイスブックページ
google+

サイトのカテゴリー・コメントなどの最新情報詳細はページ最下部にまとめています

サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

2017年10月より、メールアドレスを登録していただくと、WinUpや障害情報などの更新をメールでお知らせする機能を追加しました。WorePressの機能を利用したものよくあるメルマガ配信と異なり記事の更新情報以外は配信されませんので安心してご利用ください

登録はメールアドレスを入力して、記事更新メールを受け取るボタンを押下するだけです。

手順詳細⇒ サイトに「記事更新メールお知らせ機能」を追加しました

130人の購読者に加わりましょう

【WinUp個別】真っ黒画面とCSM、UEFI、セキュアブートに関する記事の紹介【2017/10/30】

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分42秒です。

真っ黒画面とCSM、UEFI、セキュアブートに関する素晴らしい記事をぼくんちのTV別館のけんさんが書いています。セキュアブート有効が、Win OSの修復やデータ回復操作の妨げになるケースなども記述されています。

 

また、紹介している記事中には、「(事例も多いためなのか)自作PCの道楽(旧サイト)の人気記事」である、【助けて】Windows 8 / 8.1 のPCで再起動ループになって自動修復やリフレッシュの画面が出ない!!!の記事中で書いた、「セキュアブート有効状態ではデータのサルベージやOSの復旧が非常に困難になる(不可能なためセキュアブートを無効にし、さらにUEFIからMBRブートにしました)」が、なぜそうなるのかという理由が腑に落ちるかなという記述もあります。

 

トラブル時に非常に役に立つこと、予防に役立つことが盛りだくさんですし、私のブログの記事では体系的に説明されていなかったり抜け落ちている部分もきちんと書かれていますから、紹介先の記事を是非ご一読ください。

 

紹介する記事へのリンク(ぼくんちのTV別館)

セキュアブートの勘違いしやすい設定30個 まとめ

私のグダグダ記事とは異なり、とても読みやすくまとまっています。

記事より一部引用

17. セキュアブート無効が必要なケース

UEFIブート (CSM無効) で起動する場合で「セキュアブート 無効」の設定が必要なケースは以下です。

システムドライブを取り外す時
UEFI対応だけどデジタル署名のないOS、デバイス、ブートメディアを使う時
サードパーティ製ツールなどを使って Windows システムをクローンする時
その他、ブート領域を変更する操作全般
Windows で デジタル署名のない周辺機器を利用する場合
ビデオカードを交換する時 ※念のための個人的なもの
正直なところ、「ブート領域を汚染するウィルス」に感染する危険性を除けば、「セキュアブート」は無効の方がPCを安定して使えます

 

CSMの影響で正常に使用できていたWin10PCが正常に動作しなくなるのはどのような場合かということや、CSM設定のないM/Bでcmdから設定するコマンドまでわかりやすく掲載されています。

使用中のパーツ交換や設定の変更でも障害が発生する場合があるケースやOSインストール時などの注意点も気が付きにくい部分が紹介されています。

全OSが対象ですが、特にWin10(とWin8.1)を使用している方は是非一度目を通しておいてくださいね。

引用:CSM設定のないM/Bでcmdから設定するコマンド

6. アップグレード後の「画面真っ黒問題」はCSMの設定が原因?

「画面真っ黒」問題のうち、マウスカーソルすら表示されないケースは、その多くがCSMの設定ミスが原因です。特にNVIDIAのビデオカードを利用している場合、マザーの世代によってはCSM設定が非常にシビアです。

補足 (読み飛ばしてOK)
この問題でマザーボードが古すぎる場合は、コマンドプロンプト(管理者)で「bcdedit /set pciexpress forcedisable」が有効です。
※ VIA PT880系、P4M900系、LGA 775世代、Asrock 4CoreDual-SATA2 など。Pentium 4 (Prescott) ~ Core2Duoの時代。
参考リンク (2014.10)
PCI Express Root Port won’t start – Microsoft Community

上記参考リンクの機械翻訳(一部抜粋)

Q:
PCI Expressルートポートが起動しません。 このスレッドは将来の返事からロックされています
こんにちは、みんな、
私はちょうどWindows技術プレビュー64ビットをインストールした、それはスムーズに行った。
私はPCI Express Root Portにこの問題がありますが、それは始動しません(コード12)。
これにより、pcがvgasafeモードで動作し、グラフィックスドライバをインストールできなくなります。
奇妙なことは、Windows 8,1(デュアルブート)と7でうまく動作します。
私も32ビットバージョンを試しましたが、同じ問題があるようです。
これらはデバイスマネージャからのメッセージです:
このデバイスは、使用できる十分な空きリソースを見つけることができません。(コード12)
このデバイスを………

A:
私は問題を解決した
私はBIOSの設定を変更しました
pciへのプライマリグラフィックスアダプタ
スタートメニューを開き、検索ボックス
にcmdと
入力します。cmd.exeを右クリックし、[管理者として実行]を選択します。コマンドウィンドウで、bcdedit / set pciexpress forcedisableと入力し
ます。コンピュータを再起動します

 


人気ブログランキング
人気ブログランキング

コメントを残す