【WinUp個別】無料のWinUp制御ソフトWindows Update MiniTool【2017/12/19】

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。


ニッチなPCゲーマーの環境構築さんが、素敵なソフトを紹介してくれていました!!!

 

いつも紹介しているWindows10レスキューキットEXにも同様の機能があるのですが、このWindows Update MiniToolは無料で使用ができます。

 

このツールの非常に便利なところは、「MS公式の手順と異なり一度KBをインストールすることなく問題KBの非表示操作ができる」ことです。利用価値はとても高いと思います!!!

 

ニッチなPCゲーマーの環境構築さんの記事
【Win10】 Windows10向けサードパーティ製高機能WindowsUpdateクライアント『Windows Update MiniTool』の使い方

一部抜粋

Windows10ユーザを支援するために作られたサードパーティ製WindowsUpdateクライアント『Windows Update MiniTool』の使い方を軽くご紹介。まず↓からファイルをダウンロード&解凍します。
本体
https://drive.google.com/file/d/0BwJH2CazcjsINFZFc1pVdk9mNHM/view
日本語化
https://drive.google.com/file/d/0BwJH2CazcjsIeVdSV0JJTWFJNnc/view
日本語化の『wumt_lang.ini』を本体ファイルと同じフォルダに入れるだけで日本語化されます。64bit版は『wumt_x64.exe』を、32bit版は『wumt_x86.exe』を起動してください。

 

公式ページ
Windows Update MiniTool

本体ダウンロード

日本語化ファイルダウンロード

 

本体をダウンロードして展開したフォルダ

 

ダウンロードして展開した日本語化ファイル

 

日本語化するには、ダウンロードして展開した日本語化ファイルを本体をダウンロードして展開したフォルダにコピペします。

 

これで日本語化はOKです。

 

設定方法
緑枠の部分で、更新の確認・ダウンロード・KBの非表示操作などができます。

赤枠の部分で、WinUpの無効化・ダウンロードのみにするなどの操作ができます。

 

基本的にはダウンロードのみにしておき、3日間程度様子見後に問題のあるKBを(いったん)非表示にしてインストールされないようにしたうえで「必要/入れてもよいKBだけを導入する」というような使用法になると思います。

 

冒頭で書いているように「MS公式の手順と異なり一度KBをインストールすることなく問題KBの非表示操作ができる」ため非常に便利です。

 


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA