【WinUp個別】今月も遅刻…Win7にKB4480955配信 【2019/1/19】

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。


今月も予想通りというか、2日遅れでWin7用のマンスリー品質ロールアップのプレビュー(KB4480955)が配信されました。

プレビュー版であり、セキュリティー更新はなく、2月度に正式配信されますから「無理して人柱er」になる必要は皆無です。また、今回の修正内容が必要な人はあまり多くないと思います。

なお、例によってネットワークの不具合入りとなっているうえ、Win7用も「データベースに32文字を超える列名があると、Microsoft Access 97ファイル形式」があると不具合が発生するようになります。

Win7
ダウンロードリンク

KB4480955

 

2019-01 x64 ベース システム用 Windows 7 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4480955)
2019年1月17日 – KB4480955(月次ロールアップのプレビュー)

改善点と修正点
このセキュリティ以外の更新プログラムには、KB4480970(2019年1月8日にリリースされたもの)の一部である改良および修正が含まれています。また、次回の毎月のロールアップ更新のプレビューとして、次の品質向上が含まれています。

一部のアプリケーションでヘルプ(F1)ウィンドウが正しく表示されないという問題が解決されています。
非常に大きな入力が与えられたときに、FMODのAMD64固有の実装が誤った結果を返すことがあるというユニバーサルCRTの問題を解決しました。FMODは、Universal Cランタイムを使用するJavaScriptおよびPython実装でモジュロ演算子を実装するためによく使用されます。

このアップデートの既知の問題
症状
この更新プログラムを適用した後に、ネットワークインターフェイスコントローラが一部のクライアントソフトウェア構成で動作しなくなることがあります。これは、見つからないファイルoem .infに関連した問題が原因で発生します。正確な問題のある構成は現在不明です。

回避策
ネットワークデバイスを見つけるには、devmgmt.mscを起動します。他のデバイスの下に表示されることがあります。
NICを自動的に再検出してドライバをインストールするには、[ 操作 ]メニューから[ ハードウェア変更のスキャン]を選択します。
または、デバイスを右クリックして[ 更新 ]を選択して、ネットワークデバイス用のドライバをインストールします。 次に、[ 自動的に検索して更新されたドライバソフトウェアを検索する]または[ マイコンピュータを参照してドライバソフトウェアを検索する]を選択します。

 

症状
データベースに32文字を超える列名があると、Microsoft Access 97ファイル形式のMicrosoft Jetデータベースを使用するアプリケーションを開くことができない場合があります。データベースは「Unrecognized Database Format」というエラーでオープンできません。

回避策
以下のいずれかのオプションを使用してください。

オプション1:すべての列名が32文字以下になるようにデータベースを変更してください。

オプション2:データベースを.accdbファイル形式に変換します。.accdbファイル形式を使用するには、変換後に接続文字列を変更する必要があります。

変換する最も簡単な方法は、Microsoft Access 2010以前を使用することです。

Microsoft Accessを使用して、古いファイル形式のデータベースを開きます。
変換したいかどうかを尋ねられます。「はい」をクリックして、データベースを.accdb拡張子で保存します。
オプション3:データベースを新しい.mdbファイル形式に変換します。これはConnection文字列を変更する必要はありません。

Microsoft Accessを使用して、古いファイル形式のデータベースを開きます。
変換したいかどうかを尋ねられます。[ はい]をクリックして、データベースに.accdbファイル拡張子を付けて保存します。
.accdbを開きます。
ファイルメニューをクリックし名前を付けて保存]を選択し2002年から2003年のデータベースをアクセスします。
マイクロソフトは解決策を検討しており、2月上旬に解決策が提供される予定です。

 


人気ブログランキング

コメントを残す

CAPTCHA